恋愛

B型同士の相性とカップルは上手くいく?

Pocket

相手がB型の場合(B-B)

●基本的相性

B型どうし、初対面の二人を観察するのはなかなか面白い。

ひとりが愛想のないムッツリ型のB型だと、まるで、出会い頭の猫である。

互いに相手に興味はある。

だから、決して目は離さないのだが、愛想をいって話しかけることもしない。

全神経を耳と目に集中して、ジロジロと無遠慮な睨み合いを続けることもある。

これが、開放的で気さくなタイプのB型どうしだと、いきなり「ヤア、ヤア」と旧知の間柄のように振る舞ったりするから不思議である。

ブアイソなB型にせよ、やたら気さくなB型にしても、ちょっと話をしてみると互いに同類のイヤな面に目がいったりする。

「こいつはどうも、扱いにくいアマノジャクのようだ」と自分のことは棚に上げて相手を「へんなやつ」扱いするのだから困ったものだ。

 

B型xB型のカップルは、スタートのときにそうした難がある。

B型の客観的な分析眼が、同類であるB型をなかなか「好ましい人」とは結論づけないところが、なんとも愉快だ。

ニラミあいの時期をすぎて仲良くなったB型どうしは、知らず知らずのうちに相手のペースに慣れて、いつの間にか「親友」のような間柄になっていることがある。

 

ただ、お互いに照れ性どうしで、「愛の告白」なるものを言い出すことがなかなかできない。

B型どうしの夫婦は「気がついたら一緒に住んでいたんですよ」とか、「プロポーズの言葉?そんなものあったかしら」とアッケラカンとしたものだ。

「結婚という形でケジメをつけよう」といった意識とは縁遠い。

結婚も単なる一通過点なのだ。

従って、「友達どうし」だった二人は「友達夫婦」となるだけである。

結婚して十数年を経て、中学生と小学生の二人の子供を得てもなお、友達のような関係を維持しているご夫婦を知っている。

 

無論、二人ともB型である。

週末となるとお二人で映画、食事、ショッピングなどを楽しむそうで、いつお会いしても話題の豊富な若々しいカップルだ。

パーティーの席でお見かけしたときは、ご主人がどこかの美人と踊ったり、奥さんが知らない男性と親しげにお酒を酌み交わしていても、お互い気にする風もない。

 

そんなご夫婦の耳にも、たまに、周囲から悪口が聞こえてくることがあるという。

「子供を放ったらかして遊んでばかり」といったものらしい。

しかし、二人は他人の中傷など意に介さない様子だ。

 

「うちは、子供も。小さな大人”と考えています。

週末、パパとママは二人で遊びにいくから、お前たちは自分たちで遊びなさい。

そういい聞かせてあるんです」

 

中には「そんな夫婦には親の資格なし!」と憤慨する方もいるとは思うが、このB型夫婦の場合はこれでうまくいっているのである。

 

●努力ポイント

夫婦の血液型別組み合わせデータなどを取ると、同じ血液型どうしのカップルはやはり少なくなっている。

O型×O型、A型XA型、B型XB型が、これまでの調査で少ない順である。

最初はよい印象を得てつきあいはじめるが、段々相手のアラが見えてきて関係が長続きしにくいのがA型XA型なら、その反対でなかなか惹かれ合うことは少ないが、いったん仲が良くなると自然に良い方向へと二人の関係が回転を始めて、非常に長続きするのがB型XB型のカップルだ。

 

どうやら、B型どうしのカップルは最初が肝心、打ちとけ合うまでが勝負のようである。

なにしろ、B型は気分的な上下が激しく、行動に型破りなところがある。

しかもマイペース人間ときているから、相手のペースに合わせようとしない。

 

そんな二人が打ちとけ合うのはなかなか大変である。

興味、関心の方向が同じで話が弾むようになれば大丈夫だ。

パソコン通信が趣味という新しもの好きのB型が、通信ネットワークを通じて知り合ったB型女性と、よるとさわるとパソコンの話ばかりしているうちに、いつの間にかめでたく婚約の運びとなった、という例もあった。

 

コンピュータが取り持つ縁とは、さすがに時代も変わったものである。

同じコンピュータでも、もうひとつ、コンピューターゲームとB型カップルの話がある。

グループ数人で飲んでいたB型の彼は、その中の意中の彼女をうまく誘い出すことに成功した。

 

二人ともかなりお酒が入り盛り上がっていたせいもあって気分は絶好調、いつしか足はホテル街に向かっていたという。

いざ、ホテルは目の前、高鳴る心臓、というところまで来たとき、彼の目にゲームーセンターの看板が飛び込んできた。

「緊張をほぐすのにちょうどいいや」彼は彼女を誘ってその店に入った。

 

さすが、最大のゲームーセンター。

最新鋭のマシンがズラリ並んでいる。

「きゃあっ、これ、これやろう」「よしっ、勝負だ」。

 

彼女がノリまくれば彼も熱くなって応酬、百円玉がなくなれば両替機に走ってもう一戦、という具合になった。

B型どうし、夢中になるのも無理はない。

やがて気がつけば、夜は白々と明けてしまっているではないか。

 

ホテルへ続く路地には、ギコギコと音をさせて新聞配達の自転車が走ってゆく。

結局、何もなかった…。

彼はすっかりうちしおれて帰途についたそうである。

 

やはや、ムードのある一夜をB型カップルに求めるのはなかなかむずかしい。

B型どうしのカップルとしては、坂井真紀・いしだ壱成、かとうかずこ・そのまんま東、太地真央・松平健がいる。

 

関連記事

→B型女性とO型男性の恋愛相性と付き合い方

→A型とB型の恋愛相性。カップルは合わないのか?

関連記事

  1. 恋愛

    彼氏の嫉妬で喧嘩する人に3つの条件とは?

    危険な嫉妬妄想の根底にある三つの条件もし、第三者が二人の関係を妨害…

  2. 恋愛

    A型が好む女性とは?

    A型の恋は第ニラウンドから仕事柄、ホテルのティーラウンジを…

  3. 恋愛

    アダルトチルドレンの結婚に対する不安6つ

    アダルトチルドレンとは、機能不全家庭で育った子供のことを意味し、このよ…

  4. 恋愛

    強がりな男性心理。気が弱いと認めない!

    気が弱いことを認めたくない心理お金が不足していることも男た…

  5. 恋愛

    彼女持ちの男性の脈ありと思わせぶりの違いは?

    ずばりといえない男性の本音をわかってあげられるか男性は意外にシャイ…

  6. 恋愛

    価値観の違いで別れるカップルの真相とは?

    「価値観がちがう」から別れてしまうケースの真相恋愛のはじまったころ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP