恋愛

A型男性はB型・O型女性と合わない部分がある!

Pocket

ないものねだりのA型

松田聖子が神田正輝と結婚する以前に、一度、郷ひろみとの婚約を破棄したことについても、少し触れてみたい。

郷ひろみも、松田聖子とはよく気持ちのわかりあえるはずのA型である。

松田聖子にとって郷ひろみは、芸能界に入る前から憧れていた男性であった。

女の子がアイドルに憧れるのと同じ感覚だったろう。

彼女が憧れの女の子”でなくなったとき、つまり大スターとなったとき、憧れの男性も手中に入れていた。

まさに願ったり、かなったりだと、だれもが思った。

 

そのときである、あの衝撃的な破談記者会見があったのは。

相手の気持ちを何より思い遣るA型どうしだけに、かえってお互いの細かさがぶつかり合い、若い聖子のほうが先に我慢しきれなくなったのだろうか?

それも考え得る。

 

だが、この話はもうひとつ別のA型性が大きく作用したためとも考えられる。

それはA型の現状脱出願望である。

常に、今の自分に満足しきれず、自分にないものを求め続けるのだ。

 

普通の女の子だった時分、彼女は理想の将来の自分をイメージとして描く。

それがすべて完成された絵として見えてしまったとき、再び彼女は強い。

現状脱出願望に捉われたのではないか。

かつて、強い現状脱出願望があったからこそ、彼女は大スターになれた。

それが、今度は別の形で現われることになったわけだ。

ゴシップ好きの人から、「それじゃ、松田聖子は神田正輝とも長く続かなさそうですね」などと言われたりしたが、どうやら、その通りになってしまったようである。

 

沙也加ちゃんのママとなった以後は、再び、ないものねだりの対象を「仕事」へと向けたかのような活動が目立っていた。

芸能界に復帰し、本格的に歌手として活動を開始したとおもえば、自由が丘に「Flawless Se・lko」というブティックまでオープンさせ、さらには活動の舞台をニューヨークへと拡げていった。

妻から母へ、母から歌手へ、世間の批判や、離婚の悲しみとは別に、常に「自分を変えたい」と願い、それを実行している彼女は幸せである。

 

なかなか実現できずに、欲求不満を抱き続けるA型が、世の中にはいっぱいいるからだ。

 

 

A型男性の気質

 

完全主義のA型。

職場で見かける”嫌われ者”のタイプに、よくこんな人がいる。

細かいことまで「何か落ち度はないか」と、いちいち気にかける心配性の係長さんタイプと、「コスト削減」とでも社の方針が決まったら最後、ホチキス針一本の無駄にさえ目くじらたてるような、四角四面の総務部の″女史”タイプである。

 

ご想像どおり、どちらもA型に多いタイプだ。

日本のビジネス社会は減点主義で人物評価をすることが多いので、この手の几帳面なA型は企業から有用な人物と見られることもしばしばだが、職場の同僚や部下からはすこぶる評判が悪い。

もっとも、悪口をいうのはたいていキチンとしたくてもできないO型やB型だが……。

 

恋愛の場面でも、この手のA型は嫌われ者になったり、笑い話のタネにされたりする。

A型は完全主義者だ。

それも、やや形式的な意味での完璧を目指すきらいがある。

 

ファッション誌やグルメ本をつい熱心に読んでしまうのも、読んだら最後、その通り実行してしまうのも、流行に乗り遅れまいとする傾向と、完璧を目指すがゆえのこと。

相手がその努力を評価してくれる場合はいいが、みんなと同じというのが嫌いなB型、独自の主張を喜ぶO型には通用しない。

 

関連記事

→A型男性の性格の特徴と女性に求めること

→A型男性とO型女性の恋愛相性。カップルは必須!

関連記事

  1. 恋愛

    匂いで分かる異性への興味の表れ!

    相手の「鼻」が気になりはじめたら・・・顔の中央という最も目立つ場所…

  2. 恋愛

    o型男性が好きな人にとる態度と行動とは?

    O型の基本的気質とは?目的達成までは一途独占欲の強さととも…

  3. 恋愛

    なぜかモテないイケメン君の理由が意外すぎ!

    なぜかモテないイケメン君の3つの理由!イケメンと言われる。…

  4. 恋愛

    女性がぎゅっと抱きしめられたいと思う瞬間は?

    女が男に「両腕」で抱きしめられたいと思う瞬間い…

  5. 恋愛

    恋愛において自立した女性の特徴とは?

    「男に頼る」思考をやめてみる金融機関に勤める32歳のR子さんは、社…

  6. 恋愛

    AB型男性の性格の特徴とあるある

    AB型はよくわからない相変わらずAB型にはこんなイメージが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP