ディズニーシー

混雑したディズニーシーでオススメのアトラクションと並ぶテク!

Pocket

日々混雑しているディズニーシー。

カップルで行くことや友達と行くことは多々あることでしょう。

しかし、混雑しているディズニーシーは人ごみで疲れる女性が後を絶たない。

 

そんな混雑時に役立つテクニックや疲れたときのオススメのアトラクションをご紹介します。

疲れたらベンチ座るのが普通だが、それでは時間がもったいないと思う人はいると思います。

混んでいることがわかった上でディズニーシーに来ているのだからできるだけアトラクションを楽しみたいことでしょう。

このテクニックを使って少しでも疲れをとってくださいね!

疲れた時のオススメアトラクション

待ち時間の長いアトラクションに連続して挑戦したり、長い距離を一気に歩くプランは避けたいところ。

女性ならなおさらだと思う。

どれだけ体力がある人でもさすがに疲れることでしょう。

 

ましてや女性や子供、お年寄りには過酷なプランになってしまう。

ここで活躍するのが、座ってゆっくり楽しめるエンターテインメントやアトラクションです。

疲れるものと休めるものを組み合わせれば負担がグッと少なくなるはずです。

 

★10分座ってゆっくり楽しめるアトラクションとエンターテインメント

・ヴェネツィアン・ゴンドラ(約12分の休憩ができる)

・マジックランプシアター(約10分の休憩ができる)

・ドナルドのボートビルダー(約30分の休憩ができる)

・アンコール!(約35分の休憩ができる)

・ミスティックリズム(約25分の休憩ができる)

・マーメイドラグーンシアター(約14分の休憩ができる)

 

これらを長蛇の列に並ぶアトラクションの間に挟むとよりよくディズニーシーを楽しめることでしょう。

彼女の顔色を伺って、急遽体を休めるアトラクションにのるのもいいでしょう。

気遣いのできる彼と彼女もあなたに惹かれていくこと間違いなしです!

並ぶ列に要注意

朝、開園前は長蛇の列が普通です。

人の波で、チケットブースに並ぶ列と入場ゲートに並ぶ列がよくわからなくなってしまう。

必ず近くにいるキャストにどの列か確認しておこう!

 

・奥の列が少しだけ有利!

絶対というわけではありませんが、駐車場や駅に近い列の方が人が多いのです。

駐車場や駅から来た人が並びやすいからかもしれません。

 

ファストパス狙いで開園ダッシュをかける人は奥のゲートに並ぼう!

パークの全体図が載っているマップを見ればわかると思いますが、わずかながら駅から離れたゲートの方が距離が近いのです。

そこからダッシュしてファストパスを獲得する確立はかなり違うのです。

 

・仲間と分かれて並ぶ!

パスポートと引き換える必要がある人は、チケットブース→入場ゲートの順で並ぶ必要があります。

もし、2人以上で来た人は、引き換え組と入場ゲート組に分かれて並ぶ作戦も有効です。

 

ただし、入場ゲートに1人しか並ばないので、後から4~5人もずけずけと割り込んだらヒンシュクものと思われてしまう。

後の人とトラブルになる可能性があります。

このワザは反則ギリギリなので、最低でもチケットブースに並ぶ引き換え組の1人以外は、全員が入場ゲートに並ぶのがエチケットといえるでしょう。

 

関連記事

→ディズニーシーの休憩できるベンチや人が少ないところ

→ディズニーシーはいつ行ったららいい?混雑日と空いてる日

関連記事

  1. ディズニーシー

    ディズニーシー春夏秋冬に便利な持ち物

    パークを楽しむにはそれなりの用意が必要です。安易に考えるととん…

  2. ディズニーシー

    ディズニーシーでカップルにオススメのコースはある?

    カップルで人気のデートスポットのディズニーシー。ディズニー好き…

  3. ディズニーシー

    ディズニーシー雨でも楽しめる乗り物&アトラクション攻略

    乗り物に乗るのならディズニーシー!多くの男性は口をそろえて言い…

  4. ディズニーシー

    ディズニーシーの穴場レストラン

    物語のあるレストラン見ているだけで楽しくなる店内のディスプレイ。…

  5. ディズニーシー

    ディズニーシーの雰囲気を楽しみたい派の人にオススメはこれ!

    ディズニーシーの雰囲気を楽しみたい派ならアトラクションより…

  6. ディズニーシー

    ディズニーシーのガイドツアーの予約方法とその種類

    ガイドツアーは専任のガイドが、パーク内を一緒に歩いて案内してくれるとい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP