悩み

好かれる人の性格や話し方

Pocket

世の中は好かれる人と好かれない人に分かれますが、どうせ同じ人生なのであれば、好かれる人で一生を終えたいと思う人が圧倒的に多いのではないでしょうか?

今回は、そんな中でも、好かれる人に関して。

「好かれる人の性格や話し方」をご紹介しようと思います。

好かれる人の性格や話し方をの特徴を、細かく分析するとこうなる

・交際好きで、よく人の世話をする

・あけっぴろげで陽気である

・取り越し苦労をしてふさぎやすい

・過去にとらわれず、現実に即した考え方をする

・自分のことを平気で人にゆだねられる

このタイプの特徴的な体型といえば、体系的には太りぎみで、おしゃべりで人なつこく、明るい人です。

社交的で、すぐに誰とでも親しげになる。

おかしいときは腹の底から笑い、悲しいことがあればがっくりしている。

はたから見ていて、感情の波がわかりやすい。

とてもつい合いやすいやすいタイプとも言えます。

 

機嫌がいいときには、ニコニコして「うんうん」「そうですね」と相づちを打っていれば、あっというまに昔からの友人のように親しくなれる。

ときどき、例えば 「どこかいいレストランをご存じですか?」などと質問したりすれば、喜んで教えてくれる。

こういったタイプの人は、人に親切にするのも好きです。

困った人をほうっておけないタイプなのです。

ちょっと困るのは、細かい思いやりや自己反省に欠けるところです。

あまり人の都合や、裏の事情にまでは気を配っていない傾向があり、そのために、かえって迷惑になることも多々あります。

いらぬおせっかいまでしてしまうのですが、本人は親切をしたつもりなので満足しきっている。

ありがた迷惑といったところですが、本人に悪気はないのです。

 

また、悲しいことがあったとき、好かれない性格の人というのは、自分ひとりの心の中で処理しようとしてしまいがちです。

しかし、好かれる性格の人は、周囲の人たちに慰めてもらいたいと思う人が多いようです。

これは、もともとの自分がそうだから、何かあった人には親切に慰めたり励ましたりすることに抵抗がないのでしょう。

デメリットとしては、結果として、慰めすぎ、励ましすぎになって、相手が迷惑するというパターンもあるということです。

慰めようとしているところに、「そっと一人にしておいてほしい」などと言おうものなら、逆に本人が落ち込んでしまうという。

人間関係が何よりも大切と考えており、人からの拒絶には弱い。

明るいようでいて、ささいなことで傷つきやすいという特徴があるのです。

→人から好かれる人の特徴。ありがちだけど実は出来ていない!!

 

好かれる人の性格とは、「楽しい」と「笑顔」が深く関係する

あなたの身近にいる好かれる人を思い出してみてください。

「一緒にいて楽しい空間を作れる人」であったり、「よく笑う人」ではないでしょうか?

人は楽しい場所に集まるという法則があり、逆に楽しくなくて笑顔がない空間を嫌がります。

これは、恋愛で例えると一番わかりやすいと思います。

恋愛にしても、それほどイケメンでは無いのにもかかわらず、トークが面白い人はモテますね。

テレビで活躍する芸人さんがモテるのも納得です。

 

また、「笑顔」が多い人と一緒にいると、どこか楽しい気持ちにさせてくれる、といった経験をしたことはありませんか?

笑顔の回数が多い人と一緒にいると、自然と楽しい空間が作られてゆくのです。

ですから、「楽しい」と「笑顔」の二つの条件が満たされている人は、間違いなく好かれる人の性格の条件といえるのです。

→友達のいいところを言える人が好かれる理由

関連記事

  1. 悩み

    過保護な親の特徴と対処法

    一人っ子ほど、過保護に育てられ、ワガママに育つ。そう言われてい…

  2. 悩み

    引きこもり大学生の最も簡単な対処法

    大学生活と言われると、一見サークルや出会いなど、楽しいイメージを持つ方…

  3. 悩み

    断酒の効果やメリットが凄い!一ヶ月で体に起こる9つの変化

    お酒をやめたいと頭を悩ませている人は多く、断酒を決断しても長続きしなか…

  4. 悩み

    長生きの秘訣~寿命を延ばす6つの生活習慣

    健康志向が高い日本人は、長生きや健康に関しては関心が非常に高く、長生き…

  5. 悩み

    内向的性格は損しているのか?

    内向的性格が嫌で、頭を悩ませている人は少なくありません。そんな…

  6. 悩み

    自分が情けないと思うことが悪いことではない理由5つ

    自分が情けないと思い、自分自身を責めてしまう人や、自分の価値を過小評価…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP