恋愛

女心をつかむコツと揺さぶる方法

Pocket

おなじ反応をしよう

女性に深く同感しているところを見ましょう。

あることに対する彼女の反応をよく観察し、おなじ感情、ショック、嫌悪感、ユーモア、同情、を態度であらわしてください。

例えば、あるバーで近くにいた酔っ払いが、自転車から落っこちたとします。

彼女の反応をよく見てください。

彼女は笑いますか?

冷たく無視しますか?

駆け寄って行って助け起こしますか?

ここであなたは、彼女とおなじことをしてください。

 

相手とおなじ価値観、信念、人生観、感覚を持っていることをアピールするのです。

自分たちはおなじ目を通して、世界を観ているのだと強調するのです。

女性は男性に、基本的に自分と同じ考えかたをしてほしいと願っているからです。

今から話すことは、実際にあった恋愛話です。

友人の女性は、婚約者の男性と恋に落ちた瞬間をよく覚えている女性です。

それは、三回目のデートのことでした。

 

日曜日、ふたりは郊外でのデートを終え、車で大急ぎで帰路につきました。

その夜、男性にはまだ仕事で人と会う大事な約束があったのです。

女性は動物愛好家で、動物保護施設に勤め、動物保護運動にも取りくんでいます。

 

最近まで交際していた男性もいましたが、彼がふともらした言葉、「ペットなんて、寂しがり屋奴が買うものだろ?」

というひと言がガマンできずに別れたばかりでした。

 

さて、男性の話に戻りますが、男性が車の運転中に、女性は道路わきに仔犬が横たわっているのに気がつきました。

車にひかれたのでしょう。

かわいそうに、頭から出血しています。

 

でも、男性が道中を急いでいることを承知していた女性は、心を鬼にして目をつぶり、口を閉ざしていました。

すると、車の速度が落ちたのが分かったのです。

目をあけると、男性が悲しみに打ちひしがれた顔で、仔犬の方を見ていました。

 

その瞬間です、女性が恋に落ちたのは。

そして男性が車をとめ、仔犬を獣医に連れて行こうと言ったとき、女性の恋の炎はますます燃え上がったのです。

女性にとって、男性が他のことをどう考えているかは、あまり問題ではありませんでした。

 

しかし、動物に関しては、絶対に自分と同じ考え方の人でなければ嫌でした。

それだけはどうしても譲ることができなかったのです。

男性のみなさん、女性が言うことによく耳を傾け、そして全面的に賛成してください。

 

そもそも男性というのは、目先のことばかり考えがちです。

「デートしてもらえるだろうか?」

「今晩、 うまいことベッドインできるかな?」

 

ところが女性の遺伝子には、恋の先の先まで観る目が埋められています。

「この人と長くつきあっていけるかしら?」

「一緒に暮らしていけるだろうか?」

 

彼女と同じ考え方を持っていることを示すために、相手の反応をよく観察し、おなじ反応をするよう心がけてください。

共感するということは、相手を気持ちよくさせます。

話していて楽しい、気分がいい相手とは、また会いたいと思うでしょ?

それと全く同じなのです。

 

 

最後に

 

女心をつかむコツと揺さぶる方法が分かったあなたは、恋愛上手へと一歩近づきました。

しかし、恋愛は奥深くて、まだまだ知識不足です。

そこで、知識不足を補うにはどうすればいいのでしょうか?

 

答えは簡単です。

もう少しだけ、テクニックを勉強しましょう!

あと少しでいいのです。

 

あと少しで、あなたは他の男性と差をつけれるはずです。

そこで、次にオススメする恋愛テクニックをご紹介しておきます。

もう少しだけ、他の男性と差をつけたいのであれば、参考にどうぞ。

→好きな人と距離を縮める方法

関連記事

  1. 恋愛

    男友達が好きかもと思った時の恋愛攻略法!

    「私はあなたの望みどおり」と思わせる昔の恋人の…

  2. 恋愛

    バツイチ女性の恋愛心理

    一度離婚を経験済みのバツイチ女性というのは人生経験も豊富で、しっかりし…

  3. 恋愛

    食事デートの座る位置で分かるこんなこと!!

    昼は斜め向かい、夜は隣に座ると恋が急進展!気に入っている男性と、1…

  4. 恋愛

    年上男性に好かれる女性の51の特徴

    思わず好きになるのはどんな人?男性が恋愛したくなる女性とは…

  5. 恋愛

    O型の気質をうざいと思う人が意外と多い?

    4つの血液型の中でも、悪いイメージの少ないO型。ですが、実はO…

  6. 恋愛

    共依存な恋愛や夫婦に見られる特徴6選

    共依存の関係に陥ることは非常に恐ろしく、共依存者との交際や結婚生活を続…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP