悩み

夫婦円満生活のコツとポイントの5つ

Pocket

夫婦円満の家庭をテレビなどで見ると、どこか幸せな気持ちにもなりますが、羨ましいという気持ちの方が大きいのではないでしょうか。

周りから羨ましがられるような夫婦仲でいれればいいですが、現実は厳しくてそのようなわけにはいきません。

実際は会話のない夫婦や、一緒の空間にいるのが嫌という人など、円満になれない理由は様々です。

どうせ一度きりの人生なら夫婦円満で、一緒にいてよかったと思えるような人生を歩めるのが理想でしょう。

さて、そんな夫婦円満のコツとポイントの5つですが、具体的にどのような部分が大事になるのでしょうか。

夫婦が喧嘩する原因の多くは「考え方」にある

男女の恋愛関係から発展して夫婦の人間関係となるわけですが、どうも愛し合っているのだから相手にはっきりとものを言ったりしない、というのが日本の夫婦関係における文化のようです。

これはまったく逆で、二人が愛し合っていて信頼しあっているのなら、誤解を恐れずにはっきりと相手にものを言うべきでしょう。

それに極めて多いのが、愛しているのだから自分は何かをしてもらえるものと決めつけている人です。

男女を問わず、相手が何かをしてくれるまで待っているという受け身の人が多いのです。

昔の封建的な家庭なら男性が主導権を握って、女性はそれに従うだけというパターンでしたが、今の状況はまったく違います。

どちらかというと、日常生活においてのポリシーや趣味がはっきりしている女性のほうが主導権を取ることが多いのです。

例えば結婚式の内容から新婚旅行、新居のインテリアや電気製品の選び方などまで、普通の男性には分からないことばかり。

ところが、ブライダル系の雑誌で研究している女性はカウンセラー顔負けの知識を持っています。

こういった場合は女性が主導権を握って物事がうまく進めば、それはそれでOKで男性は仕事に集中すればいいのですが、そのあたりの考え方の違いから生活においての意見の違いが生まれる傾向があります。

こういった場合は、女性の顔を立ててあげることが男性は大事になります。

夫婦が衝突した時にはギブ&テイクが大事になる

夫婦はいつか意見が衝突してしまうことになるわけですが、それを避けるためにはまず、相手の意見を聞き入れることを覚えたいものです。

よくギブ&テイクといいますが、これは「与えてそれから分け前を取る」ということです。

与えるということは相手を思いやることで、最初から自分のエゴを主張してしまってはうまくいきません。

まず相手に機会を与えて、それからおもむろに自分の権利や意見を主張するという方法がいいでしょう。

どんなに夫婦間で揉めても、とにかく一度は心から愛した相手で周囲の人にも認知してもらい、社会的にも夫婦として船出したのですから、自分だけ救命ボートで逃げてくるような方法はやはり感心しません。

 

お金と夫婦円満の関係性を知る

お金と夫婦円満というのは直結しており、実際に以下のようなデータが存在します。

パパから“お小遣い”と“生活費”をもらう場合

ママが『家計』を握っている家庭と比べるとパパの平均年収が150万円程度高くなるという驚きのデータがあるのだとか!

また、パパが家計を管理する家庭ほど夫婦円満度が高いという調査結果も出ている。

参照:『家計費』どう分ける!?お金と夫婦円満度の相関関係

意外や意外、夫が家計を握っている家庭の方が年収が高いそうです。

また夫婦円満という結果も出ているそうですが、ここで一つ注目してほしい点があります。

それは、夫が実権を握ている=夫が稼いでいるからという可能性が考えられます。

年収にしても平均で150万円高いということで、やはりお金は幸せの大きな割合を占めていることが分かりますね。

夫婦円満のコツは、どうやら共働きでもいいのでたくさんの貯金をすることが大事になってきそうです。

なぜなら貯金の額=心の余裕に繋がってくるからです。

 

スキンシップは大事にできているのか?

早速ですがあなたに質問です。

あなたはスキンシップを大事にしようと心得ているでしょうか。

例えば、夫婦円満と言われる家庭は以下のようなスキンシップを取っていることが多いと言われています。

1.たまには一緒にお風呂に入る

2.寝室は同じ

3.食事は家族全員一緒に

4.マッサージやちょっかいなどの、ボディタッチ

5.二人っきりでのデート

どうでしょうか?

あなたは上記の5つのうち1つでも当てはまっているでしょうか?

実際に夫婦円満の家庭を想像してみてください。

たまには一緒にお風呂に入ったり、いっしょのベッドで寝たり、二人っきりでデートに出かけたり…

そのようなイメージができるのではないでしょうか?

新婚夫婦のようになれといわれても無理ですが、毎日のスキンシップを少しでも多く取れるように工夫してみましょう。

恥ずかしがらずに「一緒にお風呂に入ろう」といえば、相手だって嬉しい気持ちになったりするものです。

 

当たり前の環境に感謝する

最後の5つ目となりますが、やはり今ある環境に感謝することです。

例えば、夫が稼いできてくれることや嫁が料理を作ってくれることは当たり前ではありません。

当たり前と思っている夫婦ほど、口喧嘩が多くて相手のことを見下している場合が多いです。

本当に基本中の基本ですが、今ある環境に感謝してみましょう。

なんなら「ありがとう」と感謝の気持ちを口にしてみるのもいいでしょう。

プライドなんか捨ててしまって、素直になれば相手も喜んでくれるはずです。

「ありがとう」は”どんな時でも円満につながる魔法の言葉”ということを覚えておきましょう。

また、「人生を楽しむ為に必要なコツの5つ」もセットで読んでみましょう。

夫婦円満で人生を楽しむ。

これほど幸せなことなど、この世の中には存在しないのではないでしょうか。

関連記事

  1. 悩み

    自分が嫌いでしょうがない人へ。

    どれだけ自分を知っていますか?人はなぜ自分自身にむかって嘘…

  2. 悩み

    嫌な奴の心理的特徴と対処法9選

    嫌な奴というのは、嫌だと感じる人にとっては天敵であり、仕返しをしてやる…

  3. 悩み

    性欲がない男性ほど当てはまる7つの悪い習慣

    体はまだまだ元気なのに下半身が...という性欲がないことに悩みを抱える…

  4. 悩み

    友達や人から利用されるのは優しいから?

    「正直な人」ほど騙されやすいその人に利用されているということは、何…

  5. 悩み

    自己嫌悪に陥る心理的原因と克服方法5選

    自己嫌悪に陥ってしまう人には、必ず原因が存在し、自己嫌悪に陥る心理的原…

  6. 悩み

    過去に戻りたい心理と病気との関係性4選

    過去に戻りたいという思いを抱くことは、誰にだって一度くらいは経験したこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP