恋愛

初めて女性をデートに誘う方法

Pocket

相手をオーディションに合格させた気持ちにさせましょう

男性の皆さん!

女性を急にデートに誘ってはいけません。

外見にだけ興昧があると思われてしまいます。

女性は自分の内面が評価されたと知って、初めて嬉しく思うものなのです。

きて、待ちに待った初めてのデートです。

しかし、恋のゲームはいよいよ危険な局面に入ってきました。

初デートの最中は、相手から、なにひとつ見逃すまいとじろじろと見られているようなものです。

 

恋のオリンピックの金メダル。

つまり、相手のハートを射止めるのも逃すのも、ひとえにあなたの言動や行動にかかっています。

いえ、恋はオリンピックより厳しいものかもしれません。

 

だってオリンピックには四年後がありますが、初デートでしくじったら、もう次回のデートはありえないのですから。

オリンピックのフィギュア・スケートの選手は、何年ものあいだ、五輪に向かって厳しい練習を重ねてきます。

しかし、いったんオリンピックという大舞台で演技をはじめると、その動きはじつに伸びやかで自然に見えます。

 

恋のゲームもおなじです。

どれほど完璧な準備をしてきたとしても、相手の前ではくつろいでのびのびしていることが大切なのです。

では、出会ったあと、どのくらいたってから「今度、食事でもいかがです?」とデートに誘えばいいのでしょう?

まず、相手に自分の内面の魅力で、あなたを獲得したと確信させることが先決です。

外見だけで好かれたのではなく、じっくりと会話を重ねたすえ、自分の中身が認められたのだと分かってから、デートに誘われると、人間は大きな喜びを感じるものなのです。

舞台俳優のオーディションでは、舞台が大きくなればなるほど、一次、二次、そして三次と、 審査が厳しくなります。

 

そして審査が厳しくなるほど、俳優が役を獲得したときの喜びは大きくなります。

「自分の実力で獲得した」からこそ、オーディションに合格した喜びが大きいのです。

これは恋の場合もおなじです。

 

すぐに誘われたのでは、「自分の魅力で相手を獲得した」という実感がわきません。

あせる気持ちはわかりますが、ことを急いではいけません。

デートにたどりつくまでに、ゆっくり時間をかけましょう。

 

とくに女性の場合は、男性の性格、知性、ユーモア感覚、教養、すべてを総合的に考えたうえ で、デートの誘いに応じるか否かの判断をくだします。

ですから、おおいにおしゃべりを楽しみ、できるだけ会話をつづけてください。

自分自身を見せてください。

 

「ええ、ご一緒するわ」という返事を女性からもらうためには、多くの判断材料を事前にあたえておくことが大切なのです。

まずは、自分はどういう人間なのかを、相手に知らせておく事が大事なのです。

 

 

初デートで本当に大事なことって知ってる?

 

初デートをするうえで、本当に大事なことって、どんなことだか知っていますか?

ファッション?言葉遣い?食事の場所?などなど。

大切な事はたくさんありますよね。

 

ですが、初デートで大切なこととは、あなたのイメージです。

初デートをしてみて、あなたの印象というのは、大きく変わるでしょう。

それは、相手の印象が変わるのと同じです。

 

ここで大きく役立つ武器とは、ギャップです。

初デートでギャップを見せることで、女性の反応が変わるというのは、女性を落とす鉄板のテクニック。

ギャップ作戦を使ってみるのもいいでしょう。

 

また、デートを上手に活用して、モテる男になりたいのであれば、次のページを参考にしてみるといいでしょう。

→付き合う前の初デートで会話よりも大事なこと!

関連記事

  1. 恋愛

    彼女がわがままな理由はこれ!面倒や別れたいは早いかも?

    彼女のわがままは、我慢して話だけでもじっくり聞け最近、ときどきテレ…

  2. 恋愛

    o型男性が好きな人にとる態度と行動とは?

    O型の基本的気質とは?目的達成までは一途独占欲の強さととも…

  3. 恋愛

    男性が思うセクシーな女性の特徴はこれ!

    『感じさせる』セクシーな女最近の若い女性を見ていて、わたしがもっと…

  4. 恋愛

    AB型男性の性格の特徴とあるある

    AB型はよくわからない相変わらずAB型にはこんなイメージが…

  5. 恋愛

    アダルトチルドレンの結婚に対する不安6つ

    アダルトチルドレンとは、機能不全家庭で育った子供のことを意味し、このよ…

  6. 恋愛

    可愛い女子の条件と顔!男性に聞いたみた

    世の中には可愛い!そう言われて、ちやほやされる女性はたくさんい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP