恋愛

o型男性が好きな人にとる態度と行動とは?

Pocket

O型の基本的気質とは?

目的達成までは一途独占欲の強さとともに、O型の基本的気質には、目的追求への集中力の強さがある。

人生の目的といった長期戦を必要とするものから、「今日のお昼は絶対○○屋のカツ丼を食べるぞ」

といった、ごく目先のものまで、目的を定めたら最後、まっすぐ突っ走るのがO型だ。

スポンサードリンク

恋愛・結婚といえば、長い人生でも最大級のドラマのひとつ。

O型がここ一番の集中力を発揮してみせても不思議はない。

愛情表現は、実にストレート。

照れず、飾らず、見定めた相手をなりふりかまわず落とそうと、愛の言葉をなげかけることになる。

 

 

O型エピソード

 

初対面の女性にあまりにも直接的な表現でセマってこられたAさんは「なんとかゴマかしてその場を逃げちゃったんです」という。

「美人だったんであとで考えると惜しいことしましたよ」と苦笑していたが。

あとで、彼女のことを調べてみたらやはりO型だったようだ。

 

女性でも、積極派のO型なら十分ありうる話だ。

押しの強いO型男性も、恋愛の場面であまりあけすけに愛情表現をするのはタブーだろう。

慎み深い女性から、「O型って不粋だわ」と非難されるに違いない。。

スポンサードリンク

デートの最中に「歩き疲れたから、ちょっと一休みしませんか」の意味で、「お茶にしない?」

とボーイフレンドに声をかけたら、目の前の自動販売機から買った缶コーラをポンと手渡された女の子もいた。

まったく、O型のやることは時にムードに欠け、大雑把でしかたない。

 

ところが、その女の子がいうには、「ガサツなやつだとは思うけど、O型のやることってなんとなく憎めないんですよね」だそうだ。

ストレートに過ぎるところも人間的魅力にみせてしまうところが、O型の得なところだ。

 

 

O型男性がムラ気を見せるとき

 

恋人と知り合って間もないころは、二日とあけずデートに誘ったり、聞いているほうが気恥ずかしくなるような愛の言葉をささやいていたO型が、突如として冷たい態度を見せるようになることがある。

女性にしてみれば、「他に女ができたのかしら?」と疑ってみたくなるところだろうが、O型男性に関しては、ちょっと早計に過ぎる。

集中力の向かう方向が、恋人の女性から他に移ったのは間違いない。

 

だが、移った先の対象は別の女性とは限らない。

仕事が面白くなったのかもしれないし、趣味に熱中し始めたのかもしれない。

O型は集中力が大きいかわり、一度にひとつのことしか熱中できない性質なのだ。

 

ながら族のB型なら、仕事も趣味も恋までも同時進行でうまくやってのけるだろうが、O型にそれを求めるのは無理だ。

今現在、最も興味を持っているもの以外は、きわめて扱いがぞんざいになってしまうのもしかたないのだ。

 

バイタリティと包容力がキーワード、面倒見もいい親分肌のO型男性として以下の人があげられる。

豊川悦司、高橋克典、岸谷五朗、福山雅治、桜井和寿、木村拓哉、小沢健二、小室哲哉、前園真理、城彰二などがいる。

 

 

オレはモテる!O型 ボーイは自信満々

 

「恋をすると鏡と体重計にむかう回数が増える」とは、誰が言ったのか知らないが、いくらかは当たっているかもしれない。

体重計はともかく、鏡にむかうつもりで、自分自身をどんなふうに見ているのか、血液型別にたずねてみたアンケートから探っていくことにしよう。

「はっきりいって、あなたはモテるほうですか?」

 

ズパリ、直撃の質問をキャンパス・ボ ーイにたずねてみた。

Yesと答えた人は、O型 48・1%、A型45.5%、B型46.3%、AB型36.8%だった。

O、B、A、AB型の順番で「オレはモテる」といっているわけだ。

モテる血液型、モテない血液型があるわけではない。

 

ひとえに主観の問題である。

組型が際立って低いのは、A型のように謙遜したというよりは「オレはモテる、などといって得することはない」と踏んだためか、たまたま自虐的なAB型が集まったためか。

いずれにしても、AB型が「オレはモテない」と悶々としているとは思えない。

 

やはりというべきか、期待どおりO型がトップである。

挫折を知らないO型らしい反応ではないか。

過去に何度失恋してようが、きれいな思い出だけを胸にしまっておける得な性分なのだ。

 

いつも明るい未来にのみ顔をむけているB型が、次いで第二位。自己批判よりは自己肯定に生きるO型 、B型の、おめでたくもたくましい姿が浮かび上がる。

 

関連記事

→O型男性の特徴と性格。口説き方は「女らしく」

→O型男性のあるある恋愛観と傾向とは?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP