恋愛

AB型と付き合う。実はイメージと全く違う!?

Pocket

いつまでも打ち解けないAB型には

お洒落なポーズをつけている男の子、お高くとまっているように見える女の子、どちらもAB型にはよく見られるタイプかもしれない。

それを、「なんだ、カッコつけて」と嫌う人もいれば、「近寄りがたい雰囲気がいい」と憧れて恋をする人もいる。

そんな、カッコつけのAB型とつきあいを始めた人の一番の悩みは、「いつまでたっても打ち解けてくれないのは、これ以上つきあいを深入りさせたくないからではないか」という点のようだ。

スポンサードリンク

「私のことを知ってもらいたい」という心で、故郷の街の話や小学校時代の思い出話をしても、相手は自分のことをなかなか話そうとしない。

そこで、相手が話にのってきそうな軽い話題に終始することになる。

ファッションの話、最近見た映画の話、話題の音楽の話……。

 

会えば会話が弾んで楽しい時間が過ごせるのだが、なにか物足りない。

「こんな話なら誰とでもできる。私があなたと話したいのは、あなた自身のこと、私自身のこと」そんな思いを口にすると、AB型ならば「人のことをあれこれ詮索する人間は好きじゃないんだ」などと突っぱねてしまう。

「あなたの本当の姿が見えない」と、距離感をいよいよ強く感じて悩む大も出てくる。

 

自分のことを打ち明けたがらない恋人がいて、それがもしAB型であるとするなら、無理に相手のプライベートな部分に踏み込もうとするのはタブーである。

AB型には、自分から「自分のことを話しておきたい」と思うのを待つのが得策だ。

ちょうど北風と太陽の童話のようなものかもしれない。

スポンサードリンク

北風と太陽が、道を行く旅人のマントを脱がせる競争をする。

北風はありったけの力を出して風を起こし、旅人のマントを吹き飛ばそうとするが、旅人はいよいよマントの胸元を固く締めて吹き飛ばされまいと頑張る。

ところが、太陽がホカホカ暖かい日差しを送ると、旅人はすぐにマントを脱いで汗を拭くのだ。

 

AB型が身にまとっている。

マントを脱がせたいと思うなら、太陽のように暖かい日差しを送らなければならない。

AB型にとって暖かい日差しとは、人の思い遣り、気遣い、そして、安心してすごせる楽しい時間といったものだろう。

 

だから、「会えば楽しい時間が過ごせるのに、なにか物足りない」という状態は、あと一息のところなのである。

イライラせずに、相手が自分を語りたくなるのを待つことである。

ただ、その自らを語るときの表現もストレートなものは期待できないかもしれない。

 

うっかりすると聞き逃しそうな普段の会話のなかに、それとなく相手の人となりが滲んでいるような、そんな話し方になるだろう。

微妙なニュアンスを聞きもらさぬよう、気をつけていただきたい。

 

関連記事

→相手の怒ってる理由がわからないのはどうすれば?

→細い女性が好きな男性心理は本望にあり?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP