恋愛

AB型が求める事を知り、マイナスを防ぐ方法!

Pocket

AB型の望みは淡々とした安住の日々

飽くなき上昇志向のo型、現状打破に燃えるA型、変化、波乱の人生を求めるB型…」

それに比べると、AB型は平穏無事で安定した日々の中にこそ、幸せを感じるほうだ。

従って、二人の間が安定期を迎えたと自覚するAB型は、淡々とした日常の中に小さな喜びを発見して満足感を得る。

スポンサードリンク

『サラダ記念日』の中で詠んだ、午後四時に八百屋の前で献立を考えているような幸せといった世界が、AB型にはよくわかるのではないだろうか。

ただ、そこのところでちょっとした勘違いが起こるケースもある。

一人暮らしの長かったある男性は、ようやく一人の女性と巡り合って、しばらくつきあいを続けるうちにいろいろと世話をしてくれるようになった。

 

週末、部屋に来てくれては掃除、洗濯、料理などに腕をふるってくれるのである。

最初の頃は「そんなことまでさせてしまって悪いなあ」と、しきりに恐縮していた彼だった。

あまり、家庭的に見えなかった彼女の女らしさを発見した驚きもあった。

 

そんな生活が半年も続くと、身の回りの世話を焼いてもらうのがあたり前のような感覚になってきた。

「これ洗っておいて」と頼めば彼女はだまっていうことを聞いてくれる。

そんなある日、彼女は突然ストライキを始めた。

スポンサードリンク

「どうしたんだ?」と聞けば、「理由がわからないあなたのそのニブさが嫌いだ」とふくれっ面をする。

「いったい、どうしたらいいんですか?」と彼は訴えるのである。

彼女がAB型だったら、怒るのも当然である。

 

結婚して主婦の座に納まった女性ならともかく、まだ結婚もしていない彼女が彼の身の回りのこまごまとした世話をしてくれるのは彼女の好意からである。

その好意を彼が、当然と思ってしまった瞬間から「感謝の気持ち」は失われる。

尽くす喜びも、尽くした相手からの。感謝”というリアクションがあって初めて報われる。

 

彼は、もう少しはっきりと感謝の気持ちを態度に表わせばよいのだ。

なにも「ありがとう」と言うのばかりが感謝の表現ではない。

料理を作ってもらったときは、おいしいなら「おいしい」、まずいなら「この前の味付けのほうが好きだったな…」とでも言っておく。

 

要は、手間暇かけてくれた彼女の努力を評価してあげることなのだ。

さもないと、「犬だって、エサをあげたらちゃんと尻尾を振って喜んでくれるわ。犬を飼うほうがマシね」などと、イヤミ口調の手痛いしっぺ返しが飛んでくることになるだろう。

もういちど『サラダ記念日』を引用させていただくとしよう。

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のあたたかさ、リアクションはなんでもいいのである。

 

関連記事

→AB型男性の性格の特徴とあるある

→AB型の恋愛特徴。男性女性共に変わっているのか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP