恋愛

A型男性の性格の特徴と女性に求めること

Pocket

″らしさ″を求めるA型男性

A型が完璧主義であるということは、A型の最も基本的な気質である。

完全主義者は自分が完全でありたいと願うと同時に、他人にも完全であることを望む。

とくに社会的にある程度成功を納めたA型男性に、その傾向が強く見られるようだ。

スポンサードリンク

「自分は完全であることを目指して、これだけの努力をしてきたのだ」という自信があるから、相手の人間にも同じだけの努力を要求することになるのだ。

こうしたA型男性を恋人に持つと、女性は女として、恋人としてあるべき姿をまっとうしてくれと求められることになる。

自分は、努力と根性の人で、たとえどんな単調な仕事でもグチひとつこぽさずやってしまうようなA型も、それを相手に求めるのは酷な場合が多い。

 

そんな恋人を持った女性は、さぞかし大変だろうと思う。

今はまだ、「男は外、女は家の中」が一般的な社会通念である。

A型男性の言う女らしさも、良妻賢母と同義語と考える人が多数派かもしれない。

 

ただ、時代とともに少しずつ男性の意識も変化しているな、と思うことがあった。

O型の二谷友里恵と結婚、ニューヨークーマンハッタンに居を構える郷ひろみ(A型)が、妻に求めるものはなにかを語った記事を目にしたとき、「なるほど、現代のA型男性の理想の妻像はこれなんだなと考えさせられた。

彼は、「女性は家のなかでじっとしているべきだ」という意見には賛成していない。

スポンサードリンク

ひとそれぞれにタイプがあるから、外に出て働いたほうがイキイキとするような女性なら、どんどん外に出るべきだという。

ここらへんは、現代の若い男性にはすでに共通認識として受け入れられているのだろう。

しかし、彼はこう続けるのだ。

 

「どんなに疲れていても、掃除や洗濯、やるべきことさえきちんとやってくれれば…」と。

そのうえでなら、対外的なつきあいにしてもなんでもどんどんやって欲しい!

こうなると、A型的感覚である。

 

A型は、どうも「……すべき」とか、「……べき」という言葉を多様したがる。

やはり、A型・郷ひろみも無意識のうちに「……らしさ」を求めてしまっている。

無論、あるべき姿、理想像にいたらないからといって、すぐに相手の女性を嫌いになるわけではない。

 

ただ、A型は自分が抱いている理想像を理解し、それに近づくよう相手に努力を求めるのだ。

まったく理解してくれない相手には決して心を開かないだろうし、見せかけの努力で騙そうという相手には烈火のごとく怒るか、それが自分の愛する人であったなら、裏切られたショックで深い、深い心の傷を受けることになる。

 

 

早合点もまたA型の専売特許

 

しっかりもので、几帳面で、慎重派のA型ばかりを少し強調しすぎた。

自己抑制のカラを身につけた”大人”のA型には、確かにそうした静かで落ち着いた、折り目正しいイメージの人が多いのだが、

「冗談じゃない。私の知っているA型には、あわてんぼうでどうしようもないやつも結構いますよ」

 

とおっしゃる方も相当いるはずだ。

その通り。

慎重派のA型は一面で、早合点のA型でもある。

 

一件、矛盾しているように思われるかもしれないが、実はそうではない。

先程から何度か申し上げてきたように、A型は形を重視する。

万事遺漏なきを求めて慎重にもなる一方、頭の中にあるべき形がいく通りもできていて、それをはみ出すような考えはしにくいようにもなっているのだ。

 

「カレーといえば福神漬け、スパゲッティといえばタバスコ、さんまといえば大根おろし」とセットが出来上がってしまっているわけだ。

この性質は、しばしば自由な発想をさまたげるもとにもなるが、逆に非常に頭の回転の早い人という印象を与えることにもなる。

人がなにか言うと全部おしまいまで聞かないうちに、なにをいわんとしているか想像がついてしまうのだ。

 

ただし、これでよく早呑み込みの大トチリをすることにもなる。

タバコといえば、ライターと灰皿をパッとだすようなA型女性は「よく気のきく人」だが、「あのひと、衿のところに洗濯屋のタッグをつけたままだわ」と女子社員が内心笑って見ているだけなのに、‘「あの子、オレに気があるのかな……」と喜んでいるようなA型男性は「幸せなヤヅ」と言われてしまう。

そうした誤解がかえって幸福の母となった例があったので紹介しよう。

 

24歳のOL・S子さんはバレンタインデーに十四人の営業課男子社員全員に、義理チョコを配ることにした。

ところが、数をまちがえたのか、最後まで外回りの営業に出ていたAさん(A型)が帰ってきたときには、一個足りなくなっているのに気がついた。

とてもガックリしているAさんの姿を見て気の毒に思ったS子さんは、お詫びの意味をこめて次の日にみんなのよりちょっと立派なチョコをソッと手渡した。

 

すると、Aさん、「エッ、僕だけ特別?そうか……キミって積極的なひとなんだね」

S子さんがいうには、「それは誤解よ。と言おうかとも思ったけど、やめておきました。いつも仕事熱心で、カタブツなんじやないかと思ってたAさんがそんな勘違いをするので笑っちやったけど、かえって人間味を感じて。それで、デートのお誘いも受けることにしたんです」

 

トチッて「失敗したな」と思うとA型はクヨクヨ悩んだりするものだが、世間の女性はそんなトチリぶりにこそ人間味を感じたり、母性愛をくすぐられたりするものらしい。

その点、A型はもうちょっと呑気に構えていてもよさそうである。

 

関連記事

→A型男性と復縁方法!元彼と結婚したい方に。

→A型が細かすぎるのは愛のムチ?うざいと思うのはNG!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP