恋愛

A型が細かすぎるのは愛のムチ?うざいと思うのはNG!

Pocket

血液型の中でも、綺麗好きというイメージが強すぎるA型。

そんなA型ですが、中には細かすぎて正直しんどい。

小言を言うのでうざくなってくる!

 

なんて思う人がいるようです。

ですが、実はA型の方が細かすぎるのは、愛情表現なのです。

なぜって?

A型の人は嫌いな人には、細かすぎないんですって。

スポンサードリンク

A型が小言をいうのは″愛のムチ″

四角四面な人ばかりとはいわないが、確かに几帳面の上に”バカ”がつきそうな人がたまにいるのがA型である。

「こうあらねばならない」「こうしなければならない」と思い込むところが、真面目なA型の良いところであるのだが、恋愛中の相手には扱いにくいところかもしれない。

「郷に入っては郷に従え」という諺があるが、「東京に出てきたらなんでも東京風に振る舞わないと、田舎者と思われる」と考えがちなのもA型に多い。

 

地方出身で東京の大学に入ってひとり暮らしを始めた学生が、よく、「東京で地図を広げて歩くのは田舎者と知らせて歩いているようなものだ」とひどく恥ずかしがる、アレである。

東京は神田生まれのチャキチャキの江戸っ子が、堂々と地図を見ながら歩くにもかかわらずである。

『見栄講座』という本が大ヒットしていた頃、「あれは、地方出身のA型のバイブルですね」という意見を聞いたことがあるが、なるほど、一理ある。

 

そうして、地方コンプレックスとA型性のミックスした男性を恋人に持った女性が、こんな風に嘆くのを聞いたこともある。

「とにかく、いちいち私のことをたしなめるんです。すぐ偽物とわかるルイヴィトンなど持つな、人に贈り物をするなら○○百貨店の包装紙はやめろ、とか」

彼と同郷の彼女は、たまにふと方言が出ることもあるようだが、これがまた、いたく彼の機嫌を損ねる。

スポンサードリンク

彼女は、窮屈というより、都会のハイセンスな女性たちを見るにつけ不安になるのだという。

「いつまでたっても田舎者と叱られてばかりの私は、いつか、嫌われてしまうのではないか」といった恐れが頭から離れないのだ。

私が思うに、彼女の不安はむしろ逆なのである。

 

彼がもし、彼女をたしなめなくなったとき、彼女の不安は現実のものとなるだろう。

A型はたしなめ好きである。

だが、関心の薄い人間にまでのべつ小言をいうわけではない。

 

そんなことをしたら、いたずらに人間関係を悪くするだけだ。

叱ってくれるのも愛情のうち、これである。

そこで誤解していただいては困るのだが、叱っても、叱っても、向上する気配がない人間は やはり嫌われるのだ。

 

たしなめられたら、それが納得いく内容のものであれば素直にあらためておくことだ。

納得のいかないものであっても、「それはおかしいじやないか」とくってかかるのはよくない。

たしなめ好きでも、たしなめられるのは大嫌いなA型なのだ。

 

A型は自分の間違いに気づいていても、ガンコでなかなか自分の非を認めることができない。

やんわりと、「別な考え方もあるかもね」と告げておくにとどめておきたい。

 

関連記事

→A型とB型の恋愛相性。カップルは合わないのか?

→A型とO型の恋愛相性。ストレスが溜まりやすいのはほんと?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP