未分類

30分ウォーキングの効果・消費カロリー10選

Pocket

30分ウォーキングが効果的だ!なんていう情報が、ネットやテレビ、雑誌で紹介されることも多いですが、実は30分ウォーキングというのは、人間に驚くべき効果や変化を与えるということが分かっています。

30分ウォーキングの消費カロリーが気になるという人もいるでしょうが、それ以外にも効果や変化がたくさんあるということを知れば、30分ウォーキングを続けることができる秘訣となるのではないでしょうか。

そんな30分ウォーキングの効果・消費カロリーの10選について、お伝えしていきます。

スポンサードリンク

消費カロリー

まず30分ウォーキングをすることにより、消費カロリーが多くなり、ダイエット効果に期待ができるということは言うまでもありませんが、そんな30分ウォーキングの消費カロリーは以下のような消費効果が期待できます。

普通に歩く時の速度
30分:80kcal~120kcl(体重によって変動あり)

早足でのウォーキング
30分:130kcal~200kcl(体重によって変動あり)

およその目安ですが、50kgで80kcal(普通の場合)が目安とされていますので、それよりも体重が軽いという人の場合は、もう少し消費カロリーが少ない可能性も考えられます。

また、ダイエットに効果的なウォーキングは、早足程度が効果的といえます。

 

血圧の低下

血液 定価

ウォーキングが血行を良くしたり、血圧の低下に効果的だということも有名ですね。

30分ウォーキングが、血管に与える大きな効果は3つと考えられており、以下のような効果が期待できます。

・血管の掃除をする(ゴミを押し流す)

・血管が開く(血圧が下がる)

・ミルキングアクションの活性化(流れが良くなる)

上記の3つの大きな効果を得ることにより、血圧の低下や血行が良くなるという効果が期待できるわけです。

 

認知症の予防

30分ウォーキングが認知症などのボケの予防にも効果的であり、これは激しい運動よりもウォーキングの方が効果的だということが分かっています。

運動は脳を活性化させ、さらに脳へと流れる血液をも活性化にさせますので、結果的に認知症などの予防に繋がるという発表がされています。

イギリスが調査した結果によると、毎日30分ウォーキングをする人と、全くしない人とでは、認知症の発症率が44%も違ったという発表がされています。

スポンサードリンク

緑内障の予防

目

緑内障とは、視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病気です。

緑内障になる原因の1つは眼圧の上昇とされており、30分ウォーキングはこの眼圧の上昇を抑えるどころか、低下させる効果まであるとされています。

適度な運動が血圧の低下につながるとお伝えしましたが、血液の低下は緑内障のリスクの低下にも繋がるのです。

 

糖尿病のリスクを軽減する

30分ウォーキングというのは多くの筋肉を動かすので、筋肉を動かすことにより、ブドウ糖(血糖)が多く使われ、血糖値の自然降下という結果に結びつきます。

最近では若者の糖分の取り過ぎが問題視されており、ウォーキングを全くしないという若者の多くが、おそらく将来的に糖尿病で頭を悩ませることでしょう。

 

肺機能が強くなる

肺

肺機能が強くなるということは、実は心臓を強くすることに大きく結びつきます。

なぜなら、しっかりとした呼吸ができないと、どれだけ頑丈な心臓でも人間は生き抜くことができないからです。

さらにウォーキングは肺を浄化させる効果があり、老廃物などが溜まりやすい状況を変えてくれ、酸欠などのリスクを大きく下げるとされています。

 

骨が強くなる

骨を強くするためにはとにかくカルシウム!なんていう人がいますが、骨を強化するにはカルシウムだけでは強くなりません。

骨に程よい刺激を与えてあげないと、骨は強くならないという結果が出ています。

さらに、太陽の光を浴びることでビタミンDを摂取できますから、ビタミンDはカルシウムの吸収の手助けをしてくれますので、骨を強くするには30分ウォーキングがおすすめです。

 

気分転換に最適

気分転換

当たり前のように思うかもしれませんが、30分ウォーキングは気分転換に最適です。

気分転換をするということは、リラックス効果も当然期待でき、リラックスをすることにより、質の高い睡眠やうつ病の改善などにも期待できます。

心臓がバクバクして寝れないという人は、30分ウォーキングをしてみることで、質の高い睡眠をとることができます。

 

消化器官の向上

30分ウォーキングは消化器官の向上が期待でき、胃もたれや二日酔いの予防にも効果的だとされています。

さらに夕食後の30分ウォーキングが最も効果的とされており、消化器官系の病気の改善にも効果的です。

 

筋肉の低下を阻止する

筋トレ

人は年をとればとるほど、筋肉が低下していきますが、30分ウォーキングは筋肉の低下を阻止します。

筋肉の低下を阻止するということは、老化の阻止にも繋がり、美容効果も期待できるということです。

周りよりも美しく、若々しく見られるためには、適度な運動は欠かせません。

 

毎日できればより効果的です

いかがだったでしょうか。

30分ウォーキングというのは、デメリットを探す方が難しいくらいであり、人間にとってメリットだらけだと断言することができます。

さらに、お金も全くかからないウォーキングという趣味だけに、現代人に最もフィットした趣味になるのではないでしょうか。

少しでも長生きをしたいと思うのであれば、30分ウォーキングは欠かせないことの1つとなるでしょう。

また、「脳細胞を活性化させる超簡単な方法10選」もセットで読んでみましょう。

脳を活性化させることにより、あなたに身体的な健康や精神的な健康をもたらし、幸せな人生へとあなたを導いてくれるはずです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP