人間関係

馬が合わない人との付き合い方3選


馬が合わない人というのは、たくさんの出会いを通じて必ず数人は出会い、そしてそんな馬が合わない人を、私たちはどこか馬鹿にしてしまう傾向があります。

基本的に馬が合わない人との上手な付き合い方というのは、上司であっても部下であっても友達であっても変わりません。

ですからこれからお伝えする、馬が合わない人との付き合い方を知れば、あなたの悩み事は1つ減るはずです。

なぜなら、心理テクニックを駆使していますので、自分も相手も意のままに操ることができるからです。

スポンサードリンク

「嫌われている」という思い込みを捨てる

まず、問題があなたにないことを確認する必要があります。

というのも、研究結果によると、自己イメージがいい人は、人から当然親切にしてもらえるものと思っているが、自己イメージが貧弱な人は、人から嫌われていると思い込む傾向がある。

これは自分で自分のことを嫌っているため、他人からも同じ理由で嫌われると思ってしまうのです。

もしあなたが、否定的な自己イメージをもっているなら、その自己イメージのせいで、自分は嫌われている、と思い込んでいないだろうか。

だとしたら、自尊心を高めるためのすばらしい本が何冊も出ているので読むといい。

相手から嫌われている「はず」だと自分のことを思っているなら、相手はあなたの予想通りになるという傾向が非常に強いです。

たとえ健全な自己イメージをもっていても、「あの人は私のことを嫌っている」と思い込んでいると、その人の振る舞いがあなたの思い込みと一致するように「見えて」しまうのである。

それに、相手がそんな振る舞いをするのは、あなたがそのように期待しているからかもしれません。

人間関係がどう発展していくか、これには期待の果たす役割が大きい。

というのも、これまで説明したように、あなたが期待したとおりの扱いを人から受けることになるからです。

だから、相手と馬が合わない原因が、あなたの姿勢や誤まった思い込みのせいではないことをまず確認しておきましょう。

スポンサードリンク

その人への好意は「第三者」経由のほうが効き目がある

数多くの研究結果が示すとおり、人は誰かに好かれていることが分かると、とたんにその人のことを好きになる傾向がある。

以前にもお伝えしましたが、これを「好意の互恵(返報)性」という。

自分に対して誰かがあこがれや尊敬の念、好意を抱いていることを知ると、その人に対しても同じ感情を抱くようになるのである。

では、問題馬が合わない相手にあなたが好意をもっていることを伝えるにはどうするのが一番でしょうか。

その人のことを本当は好きで尊敬していることを、共通の友人など、「第三者」に話すといい。

この話が馬が合わない相手の耳まで届けば、驚くなかれ、あっという間に相手は機嫌を直してくれる。

同僚、上司、部下、近所の人など、相手が誰であろうと、みんな自分のことを認めてもらいたいと思っているものです。

だから、馬が合わない相手に対するあなたの純粋な気持ちを第三者に伝えておけば、あとは奇跡が起こるのを待つだけです。

 

なぜ本人に直接話してはいけないの?

Q&A

それに、どうして第三者まで使って陰謀めいたことをしなければいけないのだろうか?と思っている人もいるでしょう。

実は、これには理由が二つある。

第一に、直接話すと、ウソだと勘違いされる恐れがあるからです。

でも第三者から聞かされれば、疑ってかかる人はまずいない。

なぜなら、第三者がわざわざウソをついたところで、何の得にもならない、と考えるからです。

第二に、なぜ第三者を通したほうがいいかというと、人間には気まぐれなところがあるからです。

カーティスとミラーの研究によると、肯定的あるいは適度な自己イメージをもっている場合は、人から好かれると、お返しにその人のことを好きになるが、否定的な自己イメージをもっている場合は、まったく違う反応を示すという。

自分は他者からこう見られている、という思い込みのイメージが、自分の自己イメージによってゆがめられてしまうのと同じように、相手があなたを見たときのイメージも、相手の自己イメージによってゆがめられてしまうのである。

 

分かりやすく例を挙げてみる

例

たとえば、相手が自分自身のことをつまらない好ましくない人間だと思っている場合に、あなたが「直接」馬が合わない相手に対して親しみを込めた振る舞いをしてしまうと、そんなことをされるいわれがないと受け取られ、おそらく色よい反応は返ってこないでしょう。

単純な理屈からいえば、「劣等感」を抱いている人は誰かから好かれると喜ぶ、といって差し支えないですが、その手前で「なぜ、この人は私にこんなに親切なのか?」「この人、どうかしたのかしら?」といった相手の心の壁を突破する必要があります。

しかし、直接相手に好意を示さなければ、こうした壁をつくられて拒否されることがないわけです。

もし相手があなたのことを脅威に感じているなら、嫌われる理由は嫉妬や妬みに根ざしたものが多い。

この場合、相手の拒否的な態度を和らげるには、これまでの作戦に若干手を加えるだけでいい。

ここでは、相手の人柄や行動をどうやってほめるかがポイントとなる。

どんな人でも、自分を尊敬してくれる相手を嫌ったり、邪険に扱ったりは、そうそうできるものではないのです。

そこで、尊敬していることを第三者経由で相手に伝えれば、繋がりができ、馬が合わない相手はあなたのことを敵ではなく味方と思ってくれるようになるでしょう。

 

最高に居心地のいい関係を築くための会話術

相手を振り向かせるには第三者を使えばいいわけですが、馬が合わない相手とばったり顔を合わせてしまったときは、ちょっとしたおしゃべりぐらいはしておきましょう。

天気の話でも悪くはないが、本気で自分のことを印象づけたいなら、人間理解の第一人者デール・カーネギーの、人から好かれるための例の手法を使わせてもらおう。

問題の相手と話をするにあたっては、次のことをまず念頭に置いておきましょう。

「人に関心をもて。そうすれば、人の関心を引こうと日夜努力するよりも早く人から好かれる」

 

馬が合わない相手に身の上話をさせたら、こちらが手間をかけずとも、延々しゃべりまくるはずです。

相手に関する質問をするだけで、堰を切ったように語り始めるでしょう。

しかし、会話が一方通行では、対話というより独自になってしまう。

そこで、あなた自身について話すときは、この「人間性の法則」を思い出そう。

「人は、自分のことを好きになってくれる人を好きになるが、自分と似ている人も好きになる」

 

あることについて、お互いに同じような考えをもっていることが分かれば、心理的な懸け橋ができるのです。

そうすれば、親近感がわき、より好意的な反応が返ってくるでしょう。

そして、特に忘れてはいけないのは、人があなたを好きになるときは、相手があなたについてどう思っているかだけではなく、あなたが相手にどんな思いをさせているかが鍵となる。

人から好かれよう、よく思われようと四六時中頑張るのはかまいませんが、あなたといることで、相手がどう感じているかが重要なのです。

どんな人間関係であれ、「歓迎されている、居心地がいい、ほっとする」と相手に思わせることができれば、誠実で長続きする好ましい友情関係が築けるに違いありません。

また、「人間関係がうまくいかない時に見直すポイント6つ」もセットで読んでみましょう。

この6つのポイントを知ることで、あなたがさらに人付き合いが上手な人になることは、言うまでもないないでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP