悩み

飽きた人生に刺激を与えるたった1つの方法

Pocket

人生に飽きたという若者が増加しており、明るい将来を描くことができない人が増えているようです。

確かに同じような毎日を過ごしていれば、人生とはつまらないものと感じることもあるでしょう。

人生を飽きたと嘆くのであれば、それなりの刺激のある毎日をおくる必要があります。

その1つの例がギャンブルであり、多くの人がギャンブル依存症に陥ってしまうというわけです。

今回の記事では、飽きた人生に刺激を与える最も効率的で簡単な、たった1つの方法についてご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

乾いた心の治療法

最近何をやってもちっとも楽しくない、好奇心がわかなくなってきた。

そんな人は周りにいる子供を見習ってみましょう。

子供にとっては、目に入るもの手にふれるもの、たいていのものが未知のものです。

これから生きていくために、あらゆるものを学習していかなければなりません。

毎日が新鮮な感動の連続だと言っても過言ではないでしょう。

それが歳をとるごとに、感動が薄れていきます。

世間の荒波にもまれていくうちに、「新鮮な感動」はだんだん遠い世界のものになっていくのです。

まずは子供に戻ったように、刺激的な毎日をおくる工夫をしてみましょう。

子供を見習えといっても、子供のように純粋な心が無いから無理だ!と思う人も多くいると思いますが、以下のような方法を取り入れてみれば、案外簡単に子供の頃のような純粋な心で、感動の連続である毎日を過ごすことが可能になります。

スポンサードリンク

・楽しそうなこと、楽しい場所には積極的に参加する

楽しそうなことに遭遇した時には、迷わず参加してみましょう。

参加することで、これから何が起こるのかというわくわく感と、普段感じることができない楽しさに、充実した一日をおくることができるでしょう。

充実した一日をおくることができれば、あとはその繰り返しです。

週に一度でも充実した一日をおくることができる人は、日本にどれくらいいるでしょうか。

きっとそれは驚くほど少なくて、人生を本当に楽しめている人というのは、ごくわずかなのです。

一度きりの人生ですから、楽しそうなことや楽しい場所には積極的に参加していきましょう。

 

・こんな自己暗示をかけてみよう

私はグラスに口をつけるとき、必ず「うまい!」と叫んでしまっています。

なぜこんなことをするのかといえば、自ら「うまい!」と叫ぶことによって、感動を新たにしようとしているのです。

自分で暗示をかけているといえば分かりやすいでしょうか。

普段どおりの平凡なことをしているのであっても、そこに自ら新鮮な感動を求めようという気持ちを持つことは大切なことです。

もし、あなたが感動のない日々を過ごしているというのならば、「そぶり」だけでもいいから何かに感動してみましょう。

人間は本来、気持ちの持ち方一つで、何ごとに対でも感動することができます。

感動するふりでも、それを続けていくうちに最初は単なる暗示によってかもしれませんが、やがてはほんとうに感動でき、みずみずしい心が戻ってくるはずです。

人生は楽しく生きたほうがいい。

なるべく憂うつな気分を吹き飛ばして、前向きな姿勢で日々を過ごしたほうが、身体的な健康にも繋がります。

そのために欠かせないことの一つが、感動するということです。

そしてこの感動を得られるか得られないかは、自分の心の持ち方次第なのです。

 

飽きが引き起こす、悪循環を絶とう!

たった1つの方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

普段のあくせくした生活に押し流されていると、日常生活の中での新鮮な感動を失いがちです。

というより、自ら感動することを拒否してしまっているのだ、と言ったほうがいいかもしれません。

そして感動のない毎日が続くと、当然気持ちも暗いものになっていきますし、そういうときは、人間なかなかプラス思考にはなれないものです。

だからますます落ち込んでいき、さらに疲れやすくなったり、決断力が低下してきたり…

とにかく悪循環に物事が進みがちです。

さらに、人と会いたくなくなったといった症状が重なってきた場合は、うつ病にかかっている可能性を疑う必要があります。

そんなデメリットだらけの心の飽きだけに、出来るだけ早めに対処しておき、楽しいと思える人生を謳歌してやりましょう。

また、「人生を楽しむ為に必要なコツの5つ」もセットで読んでみましょう。

人生を楽しむ為のコツというのはたくさん存在します。

コツという豆知識を知っておき、人生を謳歌するための材料にしましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP