営業

飛び込み訪問の挨拶と基本のコツ

Pocket

飛び込み訪問のセールストークのつくり方

まず、訪問の第一声がもたつくようでは失敗である。

最初の一分間ですべてが決まってしまう。

力強く、信頼を得られるように、100回ぐらいは繰り返してマスターしよう。

スポンサードリンク

甲子園の高校野球の選手宣誓みたいなものである。

「ごめんください。私、 A社のBと申します。お忙しいところ、突然おじゃまして申し訳ありません。本日は、私どもの会社の特別企画のご案内にまいりました。」

「恐れ入りますが、五分間だけお時間ちょうだいできませんか」

 

私が31歳の頃、手帳やビジネスメモリーの販売で1日に13~14四軒の飛び込み訪問 をしたときは、

「ごめんください(おはようございます)。私、◯◯経営の△△と申します。恐れ入りますが、総務部長さんにお取り次ぎをお願いいたします。 」

「ブルーダイアリについて五分間だけお時間をいただきたいとお伝えください」

 

青インクを使った、変わった名刺をつくり、赤のボールペンで用件を書き込んで、取り次いでもらった。

これで面談を断わられたことは一度もなかった。

つぎのセールストークも参考にして、自分なりの話法を完成させよう!

 

・お時聞はとらせません、ほんの五分間だけで結構でございます

・御社のお役に立つお話を持ってまいりました。きっと喜んでいただけると思います。

・御社の売上アップ(経費の節減・コストダウン・省力化・在庫削減・競争力アップ)について、ご提案させていただきたいことがあります

・A社やB社でもご使用いただいております、製品のご紹介でございます(訪問先よりも大きい会社をあげる)

・お買いいただかなくても結構でございます。営業の仕事は商品を知っていただくことも必要と思っておりますので

・この地域では、御社にいちばん先にお伺いさせていただくことが大切だと思いまして

スポンサードリンク

・私どもの会社では、必ず最初に御社にお伺いしてお話を聞いてくるように言われておりまして

・本日は、新商品の情報をお届けにまいりました。ご熱心な御社ですと、お聞きいただけ ると思います

・御社のコストタウンについて 、ご一緒に解決させていただけると思いまして

・まだ市販されていない商品のご紹介でございまずから、お近づきのご挨拶にと思ってまいりました

・いま、業界で注目されている製品をご存じでしょうか。近くまでまいりましたので、ご紹介にあがりました。できれば、ご挨拶だけでもいかがでしょうか?

・新商品は、まず、御社からと聞いておりまして、お伺いさせていただきました。御社か らこの地域に広がればと思いまして

・上層部から、御社を訪問させていただいてはじめて一人前と言われておりまして、本日、名刺交換だけで失礼させていただきますので

・御社のA部長さんにご意見をいただけば売れるかどうかわかると思いまして

 

関連記事

→営業マンの新規開拓方法のコツを暴露!

→セールスの説得力や成功のコツはこれ!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP