ディズニーランド

雨の日にTDRで楽しく過ごす方法とグリーティング攻略法!

Pocket

楽しみにしていたTDRが雨だったとしたら…。

必ずテンションがガタ落ちすることでしょう。

「雨の日にTDRになんて行っても全く楽しみなんかない」

 

こんなことを思う人も少なくはないでしょう。

確かに、アトラクションも雨天で休止する。

晴れに比べれば楽しくはないだろう。

 

そこで、雨の日でも楽しくTDRを過ごせる方法をご紹介しよう!

また、キャラクターのグリーティングの攻略方法も一緒にご紹介します!

スポンサードリンク

雨の日もTDRで楽しく過ごす方法

当然だが、雨の日より晴れた日にパークで遊ぶほうが楽しいに決まっている。

しかし、雨の日はすいている。

台風が接近するなんて日は、ゲストの来園も大幅にダウンする。

 

いつも長蛇の列ができる人気アトラクションは、すいているかもしれないが…。

現実的には状況しだいでは止めてしまうことがあるので、雨が降ったからといってお得感はない。

現実的な雨の日問題は、雨の日を狙って行くのではなく、インバータしたら雨が降りだしたらどうしようかということだ。

 

傘をさしてパーク内を移動するのは大変だ。

それに気持ちもめげる。

もし、インバータしない前に雨が降ってきたら、TDLよりもTDSに行くことだ。

スポンサードリンク

TDLには雨を避ける屋根付きのエリアといえばワールドバザールぐらいだが、TDSには雨が降っても楽しめるところはTDL以上にある。

まず、一番のエリアはマーメイドラグーンだろう。

海底の中で遊ぶというコンセプトで造られているからドーム状のエリアにはたくさんのアトラクションとショップがある。

 

まったく雨を気にすることなく遊べるのだ。

そしてミステリアスアイランド。

雨がしのげるトンネルがある、ここの人気アトラクション「センター・オブージーアース」の長蛇の列に並ぶのもいいかも。

 

それから、メディテレーニアンハーバーでショッピンをするのもいい。

「フォートレスーエクスプロレーション」でゆっくり遊んでから食事をするのもいいかもしれない。

 

雨だからと言って諦めるのは早いということです。

TDRは雨の日でも楽しめるようになっているのです。

たとえ雨でも、来たことには後悔を残さないようにしよう。

 

☑知ってる?

■突然の雨に対応できるようにパーク内にはポンチョを売っている。

傘をささすにパーク内を移動できるのは便利だ。

しかし、問題なのは足が濡れること。

 

パーク内では販売されていないが、長靴があれば雨の日の完全防備スタイルになる。

前もって雨が降るとわかっていれば、長靴を履いて行くことをオススメする。

 

 

キャラクターグリーティングの攻略法とは?

 

キャラクター好きのためのグリーティング攻略法のポイントは決まっている。

基本パターンは以下の3つである。

 

①TDLもTDSもエンドランスは必見。

②ブレックファストグリーティングのレストラン狙い。

③出演するアトラクションやショー狙い。

 

そのほかに、時間は不定期だが、各エリアにそのエリアのホストと東京ディズニーリゾートいうべきキャラクターが出没する。

基本パターンの3つは必見だが、各エリアで遭遇するケースは偶然性を楽しむことだ。

そのほうが感激が倍増すると思う。

 

関連記事

→ディズニーランドおみやげランキング2014

→子供が喜ぶディズニーランドのお土産キャラは?人形orカバン?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP