恋愛

運命の人の見分け方とは直感にある?

Pocket

あなたにも必ず「運命の人がいる」

わたしたちがドラマチックな出会いを期待してしまう背後には、「運命の人」という考えが影響しているのかもしれません。

自分には、きっと運命の赤い糸で結ぼれた人がいる。

こうした考えは、わたしたちを魅了してやみません。

まず、はっきりと断言しておきましょう。

あなたには、必ず「運命の人」がいます。

誰にだって、素晴らしい恋をすることはできますし、生涯をともにするような運命の人はいるのです。

スポンサードリンク

ただし、ここで忘れてはならないポイントがあります。

それは、あなたにとって「被」が運命の人であるように、彼にとっても「あなた」が運命の人である、という視点です。

恋愛は、相手を求めるだけのものではありません。

 

「求められる」自分があってこそ、運命の人から愛されるのです。

そして本物の恋が成就するのです。

ですから、「いい男がいない」「出会いがない」と嘆く前に、まずは自分がとびっきりの「いい女」になりましょう。

 

あなたがこれから出会う男性のための、「運命の人」になりましょう。

「いい女」だけが「運命の恋」を手にすることができます。

ここでいう「いい女」とは外見の美しい人ではなく、自分をまるごと受け入れ、人生を楽しむことができる女性のことです。

 

よく、お付き合いする男性の色に染まってしまう女性がいます。

ある男性の前では控えめで家庭的な女性となり、次にお付き合いした男性の前では仕事熱心なキャリアウーマンになり、また別の男性の前では遊び好きの、明るくて活発な女性になる。

これでは、とても「運命の人」にはなれません。便利で都合のいい、しかし深みのないコンビニエンスストアのような女性になってしまい、実際に「使い捨てされる恋」に終わってしまいます。

運命の人を探すには、まずあなた自身がしっかりと自分を確立した、「運命の人」になることが必要なのです。

スポンサードリンク

『理想の人生』が『運命の人』をつくる

あなたが自分だけの「なりたい自分」をはっきりさせて、そこに近づいていくこと。

これがどれほど大切なことかについて、別の角度から考えてみましょう。

もしかすると、「なりたい自分」という言葉に、仕事や資格などのキャリア全般をイメージする方もいるかもしれません。

「年収1000万円のキャリアウーマンになる」とか、「TOEICで790点以上を取る」とか、「フラワーアレンジメントの資格を取る」といったものです。

しかし、わたしのいう「なりたい自分」は、そんな目先のお話ではありません。

あなたが「なりたい自分」を見つけるということは、そのまま「理想の人生」を見つけるということなのです。

 

どんな家庭を築き、子どもは何人くらいつくるのか。

仕事をするなら、どんな仕事をしていたいか。

どういうロケーションの、どんな家に住むのか。

部屋のインテリアは、どんなイメージで統一するのか。

10年後、20年後、自分はどういう服を着て、どんなアクセサリーを身につけていたいか。

そのために、どういう体型でありたいか。

そして、人生で大切にしたい価値観は何か。

 

さて、こうして理想の人生をイメージしていくと、おもしろいことに気がつきます。

そうです。

理想の人生には、当然それにふさわしいパートナーの存在が欠かせないのです。

あなたがイメージした「理想の人生」にふさわしいパートナーこそ、あなたにとっての「運命の人」なのです。

 

相手の人生が先にあるのではありません。

相手の理想に合わせて、自分を変えるのではありません。

そうではなく、自分の理想をしっかりイメージして、それにふさわしい男性を選ぶのです。

相手ではなく、あくまでも自分の理想が先にあります。

 

もしもあなたが「なりたい自分」や「理想の人生」を見つけられずにいたら、ベストパートナーを見つけることはできません。

どんな恋愛も、その場その場の恋に終わるでしょう。

自分のゴールが見えてこそ、人生の伴走者も見つけられるのです。

 

関連記事

→今の彼氏と別れるべきか続けるべきか迷った時に

→【注意!】心配してくれる女性は当てはまってない?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP