辰年生まれの性格や相性の特徴10


辰年は、干支で唯一の架空の動物であり、我々の架空のイメージから、とってもかっこいいイメージを持たれがちです。

そんないいイメージを持たれている辰年だけに、辰年という理由で子供を授かろうとする親もいるほど、スター性が強い干支であるといえるでしょう。

今回の記事では、そんな辰年生まれの性格や相性の特徴をお伝えしていき、事細かな部分までしっかりとまとめていきます。

スポンサードリンク

負けず嫌い

辰年生まれの性格面での特徴の1つは、負けず嫌いな面であり、とにかく負けることが嫌いな辰年生まれは、周りと比べてしまう癖があります。

ですから、それが酷い方向へ向かえば、見栄っ張りになってしまうこともしばしば見られます。

負けず嫌いな性格は何かを極める時には、必要な要素でありますが、くだらないことでも競争心を持ってしまう一面がありますので、くだらないことにこだわらないことも重要となります。

 

自己顕示欲が強い

自己顕示

辰年生まれは、自己顕示欲が強いために、とにかく自分の存在を認めてくれない人とは気が合わず、変にライバル意識を持ってしまう一面が見られます。

また、自己顕示欲が強いが為に、出る杭は打たれる経験をすることも多く、何もしないで批判ばかりする人には、グチのターゲットともなりやすいです。

この自己顕示欲が強い人というのは、プライドが高いなどの特徴が見られますので、辰年生まれの性格の特徴であるとも言えるでしょう。

 

自分メインで話がちである

自己顕示欲が強い辰年生まれは、自分という人間をもっと知って欲しいという願望から、知らぬ間に自分メインの話しになってしまうことがよくあります。

ですから、話の始めは過去の話などをしていても、次第に「私、俺」が主語となっていき、自分メインの話しに切り替わってしまいます。

こういった分部や、愛想を振りまくことも苦手な辰年生まれだけに、人間関係を苦手としていることも多いです。

スポンサードリンク

身だしみに気を使う

さらに自己顕示欲が強い辰年生まれの人は、人から好かれることを強く意識するのですが、人から好かれるためには、清潔感が必要となりますので、身だしみに気を使うという特徴が見られ、これをすることによって周りからの注意を引こうと試みます。

また、髪型をよく変えるのも自己顕示欲が強い人の特徴であり、髪型を変えて自分の存在をアピールすることも多いです。

こういった特徴をまとめてみますと、辰年生まれの人は、お洒落な人が多いということも言えるかもしれません。

 

リーダーシップがある

リーダー1

辰年生まれの人は、出る杭は打たれることがあるといいましたが、その理由の1つは、辰年生まれのリーダーシップの強さにあります。

ピンチになるとリーダーシップを発揮し、周りを仕切ることができる辰年生まれは、時には周りから頼もしい存在であると見られることもあります。

一方で、リーダーシップを発揮したのはいいものの、自分の思い通りにならない時には、感情的になってしまう一面も見られますので、そういった部分を注意しておけば、立派なリーダーとして、周りに認められる日も近くなるでしょう。

 

あえて空気を読まない

辰年生まれは、自分が目立ちたいという場面では、あえて空気を読まないような行動を見せることがあります。

そうすることによって、自分が目立ち、注目を集めようとするわけですが、たとえそれで敵ができてしまったとしても、自己満足を得れるので、辰年生まれの人は満足感を得ます。

そういった少し難のある性格が、好かれない原因となってしまうこともありますので、場の空気を読まなければいけないときには、その空気に従うことを心がけてみましょう。

 

さっぱりとした性格

辰年生まれの性格は、基本的にさっぱりとした性格であり、表では笑顔であっても、裏では愚痴を言うような性格ではありません。

故に辰年生まれは、裏表がない性格であるといえるでしょう。

また、そういった性格が周りに認められ、頼られやすい性格でもあります。

根に持たない辰年生まれの性格だけに、相手にとって頼みやすい人であることも多いでしょう。

 

向上心が強い

向上心

辰年生まれの最大の長所と言われる部分は、他人よりも一歩でも前に進みたいという向上心であり、他人よりも一歩も二歩も進むことによって、自己顕示欲を満たすこともできます。

また、向上心が強いということは、常に上を目指して努力することができるということに繋がりますので、この向上心の強さが、会社の出世などに繋がることも多々見られます。

一方で、自己顕示欲が強すぎれば、実力差が出ない職種についてしまうと、長所が発揮されにくく、出世しにくいと言われていますので、自分大好きだと思う辰年生まれの人は、実力差がはっきりと分かれる職業についた方がいいのかもしれません。

 

理想主義

一方で、辰年生まれの最大の短所と言われる部分は、理想主義である部分であり、自分の理想通りに物事が進まなければ、自暴自棄になってしまうことも珍しくありません。

ですから辰年生まれの人は、できるだけいろんな可能性を考えて、計画を立てた方がいいでしょう。

また、理想通りに物事が進んだ時というのは、驚くほどの実力を発揮するときもあります。

 

辰年生まれの相性一覧

子年(鼠):基本的には相性が良いと言われる子年と辰年は、辰年の理想話に付き合ってくれる、とっても良い友人となることができます。恋愛でも相性が良いとされており、お互いに気を遣える関係を築くことができます。

丑年(牛):丑年と辰年はライバル関係な存在が多い為、友達同士になれば、プライドがぶつかり合うことも多いです。恋愛面に関しては、丑年がリードできる恋愛が理想的です。

寅年(虎):均等な関係を保つことができる相手です。友達同士になれば、性格が違うだけに、お互いに尊敬し合える仲となります。恋愛に関しては、現実主義と理想主義の二人は、お互いにいい部分を引き出せる仲であります。

 

卯年(兎):お互いに頑固であるために、言い合いが絶えない相性です。友達同士になれば、年が離れていると相性は良くなります。恋愛面に関しては、基本的に上手くいきにくい相性です。

辰年(龍):お互いに協力し合えれば、相性はそれほど悪くありません。友達同士となれば、相手を思いやる気持ちが大事となります。恋愛面に関しては、欠点をフォローし合える部分が良い部分です。

巳年(蛇):全体的な相性は普通です。友達同士では、巳年が辰年を理解してくれるいい友達となれます。恋愛面でも、信頼できる関係を築きやすい二人です。

 

午年(馬):協力し合える関係であれば、相性は良いです。友達同士では、似た者同士分かち合えます。恋愛面では、お互いに無理しない関係を維持できるかがポイントです。

未年(羊):基本的に気が合いません。友達同士では、お互いに自分と違う面を認め合うことができれば、いい友達として長続きします。恋愛面では、相手を思いやる気持ちを忘れないことが、大事となりそうです。

申年(猿):ビジネス仲間としては、相性は非常に良いです。友達同士では、行動の申と注意深い辰との融合で、バランスが良いです。恋愛面では、気が合う心地良い関係となることができます。

 

酉年(鳥):相性は抜群に良いです。友達同士では、気が合う友達として打ち明けることができます。恋愛面では、お互いに成長し合い、助け合えるパートナーとなることができます。

戌年(犬):初対面では気が合いません。友達同士では、仲良くなるまで時間がかかりますが、共通点を気に仲良しになることが多いです。恋愛面では、価値観の違いで続きにくい相性となっています。

亥年(猪):基本的にバランスは良いです。友達同士では、辰年が理解をしようとすれば、良き友達になることができます。恋愛面では、真面目な亥年の欠点が見えてくると、徐々に気持ちが薄れていく傾向にあります。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る