悩み

転職に失敗しすぐ辞める「無職」になる人の共通点

Pocket

転職という勇気ある決断をしたのはいいものを、それが失敗してしまい余計に人生うまくいかない…

最悪の場合、転職先の職場をすぐに辞めてしまうということも珍しくはありません。

そんな最悪の事態に備えるためには、一体どのような考え方が必要なのでしょうか?

転職に失敗してしまう人の典型的な考え方と、失敗しないようにするための心意気について見ていきましょう。

スポンサードリンク

転職において絶対に知っておくべきこと

転職する際に、絶対にあなたが知っておかなければならないこと。

それは、転職する年齢の限界値を知ることです。

その限界値を知るためには、総務省が発表したあるデータを参考にすると分かりやすいです。

・24歳未満 :増加46%、変わらず26%、減少28%
・25~34歳 :増加33%、変わらず31%、減少36%
・35~44歳:増加30%、変わらず31%、減少39%
・45~54歳:増加28%、変わらず28%、減少44%
・55歳以上 :増加11%、変わらず20%、減少69%

参照元:総務省ホームページより

データを見る限りでは、24歳未満は増加傾向にあるのに対し、25歳~34歳のデータはほぼ均等、そして35歳~44歳は減少の割合が上回っていることが分かります。

つまり、30代中盤に差し差し掛かってから転職を希望しても、給料が増加することはあまり期待できないということが分かります。

転職を希望しているのであれば、まずは自分の年齢を再確認すること。

そして、給料が下がる割合もしっかりと頭に入れておき、給料は下がるかもしれないという最悪のケースも想定しておくことです。

スポンサードリンク

そもそも実力が無い人

そもそも実力が無い人というのは、転職に失敗する人の特徴の1つです。

あなたが転職したい理由、それは人間関係でしょうか?それとも自分の実力のなさに居ずらくなっているだけでしょうか?

もし、実力が無いから居ずらいという理由なのでしたら、それは一度転職するという思考を無くした方がいいでしょう。

実力が無いのに次の職場に行ったとしても、同じ失敗を繰り返してしまうだけですよ。

 

特別いい人間ばかりがいる職場など存在しない

職場において、人間関係で頭を悩ませるのは珍しいことではありません。

そもそも、人間関係に頭を悩ませる原因の1つに、世渡りが下手くそな原因が考えられます。

そうです。人間関係に悩む多くの人は、自分の世渡り能力が低いことが原因なのに対し、他人のせいにしてしまっている部分があるのです。

あなたはどうでしょうか?

もしかすると、転職先の職場は今の職場よりも人間関係が最悪の場合も考えられます。

性格が合わない上司に、毎日毎日媚びを売るような行動を起こさなければいけないのかもしれません。

自分は以前の職場では人間関係に苦しむことは無かった、という自信を持っている人こそ気を付けるべきです。

なぜなら、人間関係に頭を悩ませたことが無い人ほど、対処法や乗り越え方を知らないからです。

すぐに辞めてしまう、無職、という最悪のケースに陥ってしまう人は、こんなタイプの人なのです。

 

欲をいえばきりがないことを知る

人間の欲望はきりがないものです。

身近な例でいうと、テレビだってもっと画面が大きいほうがいいし、冷蔵庫も大きい方がいい、などという小さな欲望もあれば、子どもにしてみれば、中学生になったら自分の部屋が欲しいとか、お父さんとしても、小さくてもいいから自分の書斎が欲しいなどという欲望があるものです。

その欲望を実現できるだけの努力を本人がするのであれば、多少の欲があることもいいことなのでしょうが、基本的に欲望にはきりがないのですから、どこかで折り合いをつけなければなりません。

とりあえず、家庭の責任者としては家族みんなが健康で、とりあえず生活上の問題がなければよしとしなければならないでしょう。

日々の細かい生活上の問題はあるでしょうが、それは厳しい政治・経済状況の今の日本の社会全体から眺めれば、本当に大したことではないはずです。

 

絶対に忘れてはいけないこと

そういう、いわば保守的な気持ちの反面、人間はどこまでも発展していきたいものでもありますから、新しい取り組みを考えたりもします。

それも欲です。

もっとお金が儲かるような別の仕事をしたらとか、今のうちに仕事につながる資格を取って、思い切って転職したらとか、いろいろな欲がからんだ「もしかしたら」の事例を考えることができます。

とにかく最低限、忘れてはならないことは、今の自分の生活を保証しているのは、まさに今やっている仕事であるということです。

中には、それを社会的な評価の低いものとして認めたがらない人もいますが、もし評価が低くても、それなりにそれまで自分の生活のバックボーンとなっていた仕事なのですから、そう頭から否定するようなことはしないほうがいいでしょう。

自分の過去を否定したところで、そこからは何も生まれません。

それより、これからどんな自分になりたいのか、具体的な目標、ゴールとなるものがあれば、それをふくらませたほうがいいでしょう。

欲は人の常、それがなければだれも成長しないし、社会も発展しません。

欲に段階を付けて、「第一段階の欲」「第二段階…」とレベルを設定するのもひとつの方法です。

どんなレベルの欲をどういうふうに抱き、どう実現していくかがポイントでしょう。

また、「安定した職業=資格や公務員は間違い?」もセットで読んでみましょう

転職する際に、安定した職業を人々は求めますが、そもそも安定した職業を勘違いしていては話になりません。

そんな凡ミスを防ぐためにも、安定した職業について、もう一度確認しておく必要があるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP