心理

責任感のない人と強い人の違い2つ

Pocket

責任感の無い人ほど人のせいにしたり、とにかく責任転換をするといった特徴がみられますが、あなたはこのような特徴に当てはまっているでしょうか。

もしも当てはまっているようでしたら、あなたは責任感が強いとは言えない人なのかもしれません。

一方で責任感が強い人はこれとは全く逆と考えてください。

責任感が強い人は人のせいにもしませんし、言い訳もしません。

今回はそんな責任感のない人と強い人の違い2つについて、ご紹介していこうと思います。

心が「子供」のままだから「人のせい」にしたくなる

まずは一つ、実際にあったこんなエピソードを紹介することにしましょう。

あるご婦人がピアノの稽古を始め、自分が成長した姿をだれかに披露したくなり、さっそく知り合いに「せっかくですから一曲、 お聞かせするわ」とピアノを見せつけたそうです。

さて弾き終えてから、ご自身はそうとう自信があったのだろうが、まあ自画自賛というもので、得意げに「いかがでした?私、だれか先生につくこともなく、独学でここまで弾けるようになりましたのよ」と、のたまう。

知り合いは少々うんざりした面持ちで、「それはよろしいですな。責任を人に押しつけるのはみっともないことですからね」と言ったそうです。

もちろんこれはジョークであり、この話から分かることは、人の面白い心理面での一面をついている。

先生がいるから、先生のせいにしたくなる。

自分が生徒だという意識があるから、教えてくれる人のせいにしたくなる…という心理です。

つまり「自分ひとりでやっている」という意識があれば、誰かのせいにすることなんてしないというわけである。

これをいいかえてみれば、こうなります。

自分ひとりで生き、しっかりと自立して、自分ひとりの力量で世間を渡り歩いているという自覚や自信がある人は、何かうまくいかないことがあっても、その責任を安易に「人のせい」にすることなどしないものなのだ、と。

責任転換をする人ほど自立心が足りない

仕事がうまくいかないことを上司のせいにする、経営者のせいにする。

人間関係のうまくいかないことを相手のせいにする、妻のせいにする、夫のせいにする…

そういう癖のある人は、精神的に、あるいは物質的にも自立できていない。

いい大人になっても、今だにだれかに甘えて生きている。

だれかに頼って生きいる。

そういう依存心が抜けていないから、何かあるたびに「人のせい」にしてしまうというわけです。

いってみれば、責任感がなくて人のせいにばかりする人は子供なのです。

果たして自分に、こういう子供染みた甘えた心理が残っているかどうか?

これは鏡に自分の顔を映し出してもわからない。

ご自身の心の中を覗き込んでみるしか、確かめてみる方法はないのです。

 

心が満たされている人は「人のせい」にしない

不満足や満たされない気持ち。

そんな気持ちが心の中にあると、とにかく「人のせい」にしたくなってくるものです。

「オレの給料が上がらないのは、社長のせいだ!」「私が幸福になれないのは、あなたのせいよ」など。

しかし、ほんとうに「社長のせい」なのかといえば、そうではない。

単にご自身の努力不足であることがほとんどです。

「あなたのせい」なのでもないく、本当はご自身がわがままを言っているだけのケースも多いのではないでしょうか。

要は、欲張りになり過ぎているのです。

欲を張り、高望みをし、不可能なことばかり考えているから、心のどこかに不満足や満たされない気持ちが生まれてきてしまうのです。

そして結果的に、「人のせい」にしてしまうのです。

 

欲というものは、小さいほどいい

今自分の手元にあるものでたんたんと生きてゆくこと。

人の幸せにとって、何よりも大切なことは「満足する」ということである。

控え目につつましく生きていくのが、結局は心の平和につながるのではないでしょうか。

欲をかいて、ろくなことはない。

例えば、「金儲けをしようとして全財産を失う」「自分だけ得をしようと思って、あとで手痛い自にあう」「おいしい話をひとり占めにしようとして、皆からつまはじきにされる」など。

これらは現実の世界ではよくあることです。

それに欲をかくと、性格的にもいやらしい分部が出てくる。

ものほしそうな目つきになってきたり、人のことをいつもじろじろ眺めているような人になっていく。

だから、周りの人からも疎んじられやすくなるといった傾向がみられるようになる。

人から嫌われれば、いつもキリキリ、カリカリしながら生きていかなければならなくなるから、「心の健康」にも悪そうです。

一つ言えることは、とても心安らかでいられない。

こう考えてみれば、いいことなど何1つもないのではないでしょうか。

心を「満足」で満たすこと。

今ここにある幸福に満足して生きること。

これが「人のせい」にすることなく生きていく方法でもある。

また、「人のせいにする人の心理3つ」もセットで読んでみましょう。

人のせいにする人の心理はここで挙げた以外にも存在し、あなたもこれらの心理状況に見覚えは無いのか?一度チェックしてみましょう。

もしも見覚えがあるようでしたら、自分で思っているよりもあなたは無責任な人なのかもしれません。

関連記事

  1. 心理

    女性の幸せとは?愛されるや結婚にあるのか?

    「あこがれの女性になりたい」願望シンデレラの物語がこれほどまでに人…

  2. 心理

    男性が背中を叩く心理は本命のサイン!

    「背中」が物語っていること背中は「寡黙な努力家」と表現されることが…

  3. 心理

    相手の顔色で分かる無関心の意思表示とは?

    頬づえ、それは無関心の意思表示?一人の魅力的な異性がテーブルに頬づ…

  4. 心理

    注目されたい人の心理!好きな人にはより当てはまる!

    すねて相手を困らせる心の奥にあるものわざと言葉の端をとらえて、相手…

  5. 心理

    距離が近い女性の心理はこれだった!

    あなたは、この「四つのゾーン」のどこに入っているたとえば、学生時代…

  6. 心理

    既婚者男性の心理を知り本気の恋にするには?

    自由な女性を演出することで二人の関係は快適になる不倫や浮気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP