悩み

貧乏な家庭が子供に与えかねない影響4つ

Pocket

日本の貧困層はどんどんと増え続け、特にシングルマザーでの貧困層は酷く、貧乏な家庭で育った子供はこれからも増加すると予想されています。

もちろん貧乏な家庭に生まれたからといって、幸せ・不幸せがきまるというわけではありませんが、子供に与えかねない影響というのは、やはり違ってきます。

今回の記事では、貧乏な家庭に育った子供にどのような変化がみられるのか、アメリカで実験された実験結果や、以前から確認されている影響などをご紹介し、子育てをするについて注意すべき点などもまとめていきます。

あまり裕福な家庭ではないと思う人にも、必須の1ページとなります。

スポンサードリンク

脳の構造を変える

貧困は、子どもの記憶力を落とし、ストレスに弱い上に、脳の構造を変えるという衝撃の研究結果がアメリカにて報告されました。

米国ワシントン州立大学の教授などで構成された研究者は、7〜15歳の子供105人の家庭環境や行動の発達などを長期間追跡しながら、機能性が共鳴映像装置(MRI)で撮影した脳画像などを比較分析しました。

その結果、貧しい家庭の子供たちの脳の神経回路の接続状態が、比較的裕福な家の子供たちの脳とは違っていた。

特に脳の海馬と小脳扁桃体が、他の脳部位と関連付けられている程度に違いがみられたのです。

海馬は、学習・記憶・ストレス調節と、扁桃体は、ストレスおよび感情に関連する部位です。

脳の特定の部位内および他の部位との接続が弱いのは、それだけ機能が低下するというものである。

貧困がよりひどいほど、このような接続がより弱かったという報告書を提示しました。

 

うつ病になりやすい

また、就学年齢前に、より貧しかった子供ほど就学以降(9〜10歳)にうつ病の症状がはるかに多くなった。

同じ研究者が以前にした研究では、貧富の格差に応じて子供の脳の灰白質、蛋白質、海馬、扁桃体などのサイズと容量に差があることが発見されています。

そしてバーチ教授は、今回の研究した脳の部位接続の場合悪化した構造的状態が、再び改善されなかったとしながら 「貧困は子供の発達の経過が良くないことを、最も強力に予告する指標」と主張した。

これは簡単に言えば、不完全に育った子供たちは、認知機能と学習成果が落ち、うつ病や反社会的行動などの心理的な疾患を経験する危険性が、より大きいことを脳科学的に裏付けるものです。

研究者は、ストレス、喫煙、不十分な栄養など否定的な環境の露出と、教育の機会の制限などが成長期とそれ以降の生活に問題を引き起こす要因として作用すると推定しました。

スポンサードリンク

いい子症候群

いい子症候群というのは、子供が親を悲しませたり苦しませたりしたくない、という一心から、親の顔色を窺って成長していくことを言います。

このいい子症候群は、親の精神状態が安定していなかったり、「うちは貧乏な家庭だから」という言葉を聞いて大人になった子供ほど、なりやすいとも言われています。

いい子症候群に陥ってしまった場合は、様々な症状が大人になってから発症するといわれており、典型的な症状の1つに、異常に人目を気にして生きていくという特徴がみられます。

ですから社会に出ると、顔色を窺って生きていくことになり、思い込みなどからうつ病などにかかってしまうケースも報告されています。

また、親が喜ぶことを生きがいに成長してきたため、大人になってから自分の目標や生きがいを見つけるのが難しくなってしまいます。

こちらは貧乏な家庭に限ったことではありませんが、貧乏な家庭ほど子供が親に気を使うことはよくあることなので、子供がいい子症候群になってしまわないように、気をつけて子育てしていきたいものです。

 

夢を諦める

貧乏な家庭で育ってきた子供にとって、自分の夢を叶えることは難しく、お金のために夢を自ら諦めてしまう子供は多いです。

特に多いのは、「学校の先生を目指していたけど、大学進学を諦めた」、「高校進学より、家にお金を入れることを優先する」といった選択をする子供が多いです。

もちろん大人になり、新たな夢を見つけ、その夢を追いかける子供もいますが、親としてはやはりお金で夢を諦めさせてしまうのは、少し可哀想な気もします。

さらに貧乏な家庭に育って子供ほど、愛よりお金が大事と答える割合も高くなり、結婚に対してはシビアになりがちです。

逆を言えば、将来性や年収などをしっかりと考えて結婚相手を決める傾向があるので、シビアになることが一概に悪いこととは言えません。

 

貧乏なりの幸せも存在します

いかがだったでしょうか。

貧乏な家庭が子供に与えかねない影響は、確かに存在しますが、一方でメリットも必ず存在します。

お金の大事さを分かっていたり、我慢することを覚えていたり、志が高かったりするのも、貧乏な家庭に育った子供の特徴でもあります。

将来の仕事を金銭面で決めることも多くなるので、案外しっかり者となることも多いのが、貧乏な家庭で育った子供であったりもするのです。

ですから、貧乏な家庭に育った子供が可哀想かどうかという問題となれば、それは全くの別であり、家庭にはその家庭なりの幸せがあり、その幸せとは人それぞれなのです。

だからこそ、自分を責めたりする必要もないですし、子供をたっぷりと愛してあげることが、あなたがすべき最も大事なことです。

関連記事

いじめや悩みを隠す子供に潜む危険性2つ

子供のしつけ方や怒り方

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP