悩み

負けず嫌いな人の短所~勝ち負けにこだわる落とし穴とは?

Pocket

負けず嫌いな人の長所といえば、諦めないや勝つまで努力できる、などの長所を思いつく人も多いでしょう。

しかしながら、負けず嫌いの短所という質問をされれば、どうでしょうか。

意外と負けず嫌いの短所はそれほど多く思いつかずに、つい負けず嫌いは長所が多い性格だと思われがちです。

しかしながら、必ずいい部分もあれば悪い部分も存在するのが人間です。

今回の記事では、そんな負けず嫌いの短所~勝ち負けにこだわらない大事さについて、ご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

「勝ち負け」がそんなに大事?

人と人との関係がこじれる原因の多くに、過剰な競争心が存在します。

これは負けず嫌いな人の短所の1つと言えるでしょう。

相手に「勝った」「負けた」という気持ちが大きすぎでは、やはりうまくいきません。

ここで一つ、負けず嫌いな人によく見られる、性格面での特徴を挙げておきましょう。

・自分の子供が、誰かに「勝っている」「負けている」で一喜一憂する母親

・会社では誰より成績が上だということだけが、自分の支えになっているサラリーマン

・人より、いいブランド品で身を固めていないと安心できないという若い女性

自分を高めるためには「競いあう」ということも必要ですが、その気持ちがあまりに強い人は、自分を見失ってしまう場合も多い。

そして、相手に対する気配りを忘れてしまう場合も多くなります。

 

勝ち負けにこだわりすぎると、気配りを忘れる理由

例えば、同僚のある人を勝手に「ライバル」と見なし、仕事でも、ファッションでも、「自分が上だ」と思えないと気がすまない…という人がいる。

その「ライバル」が突然、結婚退職をし、しばらくしてから別の会社で仕事を得たとすると、どうなるでしょうか。

今まではライバルに勝つことが日々の張りあいだったのに、そのライバルは、こちらのことなど見向きもしないで、自分のペースで着々と人生を歩んでいたのです。

ヘンな言い方になりますが、「一人相撲で負けた」と落ち込み、何もやる気がなくなる…ということは、負けず嫌いで勝ち負けにこだわる人に、よく見られる症状の1つです。

負けず嫌いな人は、勝ち負けにこだわりながら、勝つことを生きがいとしている人が多いので、上記のような症状に陥ってしまい、やる気が起きない日々が続く人が本当に多いです。

このように負けず嫌いな人には、突如やる気を失ってしまうという短所が存在するわけですが、逆を言えばライバルを手放さない環境で居続けることができれば、常に自分を成長させることができ、大きな実績を上げることができるとも言い換えることができるのです。

スポンサードリンク

見栄っ張りが最大の敵

負けず嫌いで勝ち負けにこだわる人ほど、負けた時の悔しさをバネに成長し続けることができることもありますが、その方向性を間違えてしまえば、かなり厄介な性格へとあなたを変貌させてしまうのも、負けず嫌いな人の短所の1つです。

その厄介な性格とは、見栄っ張りな性格のことを言います。

負けず嫌いな人は相手に勝つことを生きがいにしていることが多い、ということを先ほど述べましたが、その生きがいを奪われてしまうことに恐れをなし、見栄を張って相手に対抗しようとする傾向が強いです。

そして見栄を張って勝ち負けを自分なりに判断するわけですが、もちろん見栄っ張りというのはいつか化けの皮が剥がれてしまいます。

化けの皮が剥がれると、たちまち噂になり、嘘つきというレッテルを張られることになってしまうのです。

これは負けず嫌いで勝ち負けにこだわる人の、最大の短所と言ってもいいでしょう。

 

執念深さがあり、ストーカーチック

執念深さがあり、ストーカーチックになりやすいのも、この負けず嫌いな人に多いタイプです。

自分がライバルだと認めた人に対しては、執念深く行動や言動をチェックし、その行動や言動に対して対抗心を抱きます。

そしてライバル以上に目立つか、陰口を言いふらすのが、負けず嫌いで勝ち負けにこだわる性格に多く見られる短所です。

このような行動は負け惜しみと言い換えることもできますが、このような負け惜しみを繰り返すうちに、見栄を張るという楽で簡単な行動に出てしまう人も多くいるのです。

 

負けず嫌いもほどほどに

このように、負けず嫌いで勝ち負けにこだわる人には、短所もしっかりと存在します。

ここに挙げた負けず嫌いな人の短所を少しでも克服したいのであれば、子供のときから学生、社会人を通して人に「勝つ」こと、人に注目されることに喜びを持って生きてきた…負けず嫌いな人は、自分が本当は何をしたいのか…と考えてみよう。

そして人の目ばかり気にしていたのではないのか…と自分の胸に問い直してみましょう。

他の人はもっと違う部分、自分に必要なものを探して生きているのである。

せっかく「負けた」のだから、それをきっかけに、自分の生き方を振り返ってみよう。

競争するのは人とではなく、自分の中にいる自分自身となのだ!ということが分かってくると、生きてゆくのがより一層楽しくなるものです。

また、「執念深い人が性格を改善すれば幸せになれる理由」もセットで読んでみましょう。

負けず嫌いな人には執念深いということを先ほどお伝えしまいしたが、執念深い性格を改善すればなぜ幸せになれるのか?

少しでも気になったのであれば、セットで読んでみてください。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP