人間関係

言い訳がましい人が嫌われる理由

Pocket

素直に謝るべき場面でも、謝らないで言い訳を並べる人。

こんな人は、どうも好かれません。

今回は、言い訳がましい人が嫌われる理由。

ここに関してご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

言い訳ばかりする人が、だんだん孤立していく理由

 

仕事でミスをする。

あるいは人との関係で、「これはまずいことをした」と思う。

誰にも経験があるだろうが、そんなときに人間というのは言い訳したい気持ちが湧いてきます。

 

「それはキミがこういったから」

「あのとき、たまたま状況がこうだったから」

 

不思議なもので、必死になれば言い訳の種というのは結構見つかるもです。

ただ、この種を見つけるのが容易なときと、苦しいときはある。

無理な言い訳をしようと思えば思うほど、心のエネルギーは消耗するようです。

 

普通の人は、他人へも自分へも、あまりごまかせないものです。

言い訳をしながらも、「本当は自分の責任」と心のどこかで思っているのではないでしょうか。

こうなると、いつまでもごまかし続けるのは苦しいし、疲れる。

たいていの人にはできないものです。

スポンサードリンク

結局、自分の悪いことを認めて素直に謝るのは、辛いようでいて、実はその方がずっと楽である。

また、自分が悪かったことを素直に認めて謝れる人には、周囲の人もやさしい。

それ以上は責めないものである。

 

あるときテレビで、電車の乗車を摘発している場面を見ました。

駅員が「どちらから来られましたか?」と声をかけて、違法な切符を見つける。

だいたいの人は、すぐにバレたと分かって、「すいません」と謝る。

そして別室で書類を書き、罰金を払う。

 

ところが一人だけ、シラを切り通す男性がいた。

「えっ、なにを言ってるのか全く分かりません」

駅員が冷静に説明して追いつめていくと、その男性は開き直ったのです。

 

「で、いくら払えばいいわけ?払えばいいんだろ」

このような場面を見て不愉快になるのは私だけでは無いでしょう。

たかが200円程度のごまかしだが、ほとんどの人は許せないと思ったのではないでしょうか。

 

人と人の関係において、その場で素直に謝れば、「まあそれくらい、誰にもありますよ」で、すまされることが「オレは悪くない」といい張る。

こうなれば周囲から孤立し、ますます厳しい目で見られるのは当然のことなのです。

 

 

責任のとりすぎは無駄、泣き寝入りも無駄と心得る

 

人は必ずミスをする。

トラブルを起こす。

細心の注意を払っていてもです。

それはどうしようもない。

そう思えばいいのだ。

 

やはりそんな時でも、「オレは悪くない」といい張る人がいます。

誰から見てもその人の責任なのだが、あくまでいい張るのです。

こういう人は、いずれにしても、自意識過剰です。

 

人という種は、それほどに完壁な能力は与えられていません。

これを自覚していない人は、その場しのぎが出来ているだけであって、あちこち無理が出ているケースが多いのです。

 

ですがこれとは反対に、自分が悪くないことにまで責任をとる人がいます。

こういった人は、謝ることが潔くてかっこいいと思っているのでしょうか?

また、言い訳がみっともないからと、まず謝り「これで一件落着」と内心、得意になっているのでしょうか?

こういった人のように、きちんとした説明もせずに、黙って謝ってしまうのも、やはり自意識過剰といえる。

 

誰かのミスで相手先に損失を与えたとする。

さて、どうするか?

まずは相手先に対して謝るのは当然である。

しかし、それで一件落着とはいえません。

 

それまでの経緯を上司にきちんと報告しておくことも当然必要なのです。

事実を明らかにさせることも責任である。

これは、 誰かを責めたり、人のせいにして自分が責任逃れをすることとは違うのです。

要は、ミスをした人をかばって連帯責任として処理するのは、ある意味では無責任にも通じるということです。

 

後は、過剰に謝るのも、やはり自分をごまかしています。

そんなことが続けば、 だんだん無理が出て、そのうちに怒りが爆発する。

あるいは、人と付き合うのがきっぱり嫌になる。

いつも謝ってばかりでは辛い。

 

これでは、「あなたが悪い」とはっきりいったほうがずっと楽である。

そればかりでなく、ひとりの犠牲の上に成り立っている人間関係なんて大した値打ちはないのではないかと思う。

自分の責任は自分でとり、その人の責任はその人がとる。

当然の話である。

これが適正にできれば、人と人との関係はスムーズに運ぶのです。

 

また、当サイトでは過去に言い訳する人の心理に関して、詳しくご紹介してきました。

次のページでは、そんな言い訳する人の心理についてご紹介していきたいと思います。

→仕事をミスして言い訳する人の心理とは?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP