人間関係

親と喧嘩した時の仲直り方法

Pocket

親と子供の喧嘩というのは、昔からよくあるものです。

喧嘩をするほど仲がいいという言葉がありますが、本当に不仲な親子は喧嘩なんてしませんからね。

本当に不仲な親子なら、無視する傾向にあり、喧嘩にはならないのです。

 

さて、豆知識を少しご紹介したところで、今回は、親と子供が喧嘩した時の上手な仲直りのしかた。

ここに関して、詳しくご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

親と子供が喧嘩した時の上手な仲直りのしかたとは?

 

親と子供が喧嘩した時というのは、どちらも意地を張ってしまい、後々ごめんねという気持ちになるケースが多くあります。

おそらく、今この記事を見てくれているあなたも、そんな展開でここに辿り着いたのではないでしょうか?

さて、そんな親が喧嘩した時の上手な仲直りのしかたとは、どんな方法があるのでしょうか?

 

1.さりげなく、親が好きな話題をもちかけて話してみる

喧嘩をした時というのは、親も実はあなたと同じことを思っています。

ごめんねと言いたいのですが、親もなかなか子供には素直になれません。

こんな時は、子供のあなたから話しかけてみてください。

きっと親も、気を使って話しかけてくれていることに気づいて、優しく接してくれるはずです。

 

2.親が好きな食べ物を買ってくる

お詫びの気持ちも兼ねて、親が好きな食べ物を買ってきましょう。

母親ならデザート類、父親ならお酒のつまみがいいでしょう。

実は、子供からのこういったプレゼントは、親としては最高に嬉しい気持ちになるのです。

このプレゼント効果で、モヤモヤした親の気持ちもスッキリとすることでしょう。

スポンサードリンク

3.どうしても素直に「ごめん」が言えないのなら、日を改める

どうしても素直な気持ちになれないというのは、恥ずかしいという心理が働いているからです。

そんな時は、一回寝てしまいましょう。

一度寝てしまうと、お互いもういいやとなっている事が多いはずです。

仲直りをしたいけれど、どうしても素直になれない時は、一度寝てしまえば、すんなり仲直りができている。

これが、親と子供の不思議な関係なのです。

 

 

親子関係も他人と同じ、「適度な距離」を取ればうまくいく

 

親子関係といいますが、母と子との関係も、考えてみればひとつの出会いです。

子供は母のお腹から生まれるが、そうはいっても母親とはまったく別人格のひとりの人間です。

赤ん坊のころから一人ひとり性格も違う。

兄弟が三人いれば、三人とも違うのです。

子供というのは、生まれたときから、すでに「個性」を持っているのです。

 

そう考えると、母親は子供を産んだ日、ひとつの個性を持った人間と出会ったわけである。

自分の「誕生日」は、自分が生まれた日だとばかり思っているが、実は母親の立場からいえば、「子供の出産記念日」でもある。

ふたりが出会った「運命の日」なのだ。

 

これはたいへんなことです。

一生のうちに、そう何度もあるわけではない。

試しに母親に聞いてみるといいでしょう。

おそらく、その日のことを明確に覚えているはずです。

 

「あの日は朝からどうも具合がおかしいので、そろそろかなと思って病院に行ったら、すぐ入院してくださいっていわれてね…」

という具合に始まって、それからあなたが生まれるまでの事を語ってくれるだろう。

母と子との関係では、ふたりが出会ったときの記憶が、子供のほうにはない。

 

機会があったら、あなたという人間と出会ったときの第一印象も聞いてみよう。

それからどんなふうに印象が変わっていったか。

自分という子供は、母親の目から見たらどんな特徴を持った人間に見えたのだろうか。

 

「とても強情な子だと思った」

「私の子とは思えないほどおしゃべりだと思った」

など、あなたのことをたくさん観察しているはずです。

 

母と子といえども、性格は違う。

お互いに違う人間と出会ったのだと思って付きあえばいいのですが、つい「私の子なのにどうして…」「母親なのに、なぜこのくらいわかってくれないんだ」と思いがちである。

これがトラブルの元になるのです。

 

他人とつきあうときと同じように、「あの子はどうもこういうところがあるから、こういうときは放っておこう」「お母さんと私とは考え方が違うのだから、しかたないな」と、お互いの適度な距離を見つける心構えが必要なのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP