心理

視線で会話。そらす方向は何を語るのか?

Pocket

視線で診る視線の方向は、何を物語る?

恋愛シーンにおいて、視線は重要な役割を持つ。

好ましい人物からの熱い視線は恋愛のはじまりを予感させるし、逆に、熱い視線を送っても相手に無視されたときには、この恋愛は進展しないのだと納得せざるをえない。

そもそも、視線は目の動きによってもたらされるものだ。

スポンサードリンク

相手の目が自分に向けられているのか、それとも自分以外の人に向けられているのか…

それを判断できるのは、人聞の目に白目があるからである。

何をあたりまえのことを、と思われるかもしれないが、白目は人間だけが持つ特異な特徴で、目と目で会話をするという高度なコミュニケーションが図れるのも、このおかげである。

 

白目の部分は視力とはまったく関係ない。

ほとんどの動物は白目のない丸いボタン状の目をしているが、ものを見るためにはそれで十分なのである。

にもかかわらず、 人間にだけ白目があるのは、視線の方向を読みとるためである。

 

「心の窓」と比輸されるように、目の動きは心の動きを映し出してくれることがある。

そして私たちは、しばしば相手の目の動きを観察しては、いろいろな感情や、そこに込められた意味を読みとろうとする。

スポンサードリンク

視線で読める相手の立場、自分の立場

 

「相手の心を読みとりたい」

「相手の真意を知りたい」

と願うときに、視線は自然にその人物に向けられることになる。

 

つまり、視線を向ける者と視線を向けられる者との間には、優劣関係が存在するのである。

特別な例外を除いて、視隷は下位の人聞から上位の人間に向けられる。

その逆はほとんどない。


スポンサードリンク

 

これをよく「眼中にない」という言い方をする。

恋愛においても上位・下位は存在する。

いうまでもなく、好意を持たれた側が上位であり、好意を持った側が下位になる。

 

「恋愛に上位も下位もない。そんな考え方は不遜だ」と異論を唱える人もいるかもしれないが、ここでは「愛」そのものを論じるのではなく、恋愛の際に起こりうる心理の上下を分析することが目的なので、ご了承いただきたい。

下位にいる人の目は、上位にいる人の反応を探ろうとして、常にその人に向けられる。

人を好きになってしまうと、その思いを気づかれまいとしてさりげなきを、補おうとするのだが、その視線は好きになった人を無意識のうちに追ってしまうのである。

 

「ハッと気づいたら、その人を見つめていた」という経験は誰にもあることだろう。

これは、好きになったときに起こる当然の反応である。

しかし、中には自分が下位に位置することを極端に嫌う人がいる。

 

「好きになったほうが負けだ」と思っているのか、頑なに自分の気持ちを隠したがるのである。

この傾向は、とくに男性に多く見られる。

 

 

サングラスをかける男の人見知りの裏に隠された本当の性格とは!?

 

好きな女性と会っているときにも常に濃い色のサングラスをかけている男がいるが、これはファッションのひとつである前に、「恋愛で下位に甘んじるのはイヤだ。相手よりも優位な立場でいたい」という気持ちの表れである。

自分の視線が相手に向いてしまうことを、何よりも相手に悟られたくないのである。

「恋愛の勝負は、より愛したほうの負け」と思っているために、いつでも自分がより愛される側の位置に立っていたいと望むのだろう。

 

サングラスをかけるのは照れ屋だからだと言い訳する人がいるが、照れ屋であるどころか「自分は見つめられる側の人間だ。愛するよりも愛される側の人間だ」という、かなり傲慢な恋愛観を持っていると考えられる。

たとえ自分から好きになることがあったとしても、おそらく、自分の気持ちをひた隠しにするだろう。

自分の気持ちを相手に気づかれて下位の 立場に立つよりも、 気づかれないままやり過ごしてしまうほうがまだましだと、あく までも突っ張って見せるはずである。

 

関連記事

→鼻を触る心理。いじるのはどんなタイプ?

→男性がひげを生やす心理と隠しておきたいこと

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP