悩み

自分を持っている人の特徴とは?

Pocket

自分を持っている人というのは、どこか人が惹かれる魅力があり、自分の意志を貫き通します。

今回は、そんな自分を持っている人に関して。

3つの特徴をご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

自分を持っている人の特徴の1つに『こんな言い訳はしない』

 

人は、お互いの人柄や考えに影響し合うものです。

例えば、「車は絶対に国産車がいい」と思っていても、「外国車がいい」という人の意見を聞いているうちに、「外国車には外国車のよさがあるのだな」と思ったりするものです。

とくに、自分の好きな人や信頼している人の意見なら、耳を傾ける気になるし、影響される部分も大きい。

 

けれども、最終的に判断して決めるのは、やはり自分である。

他の考えも聞いてみて、検討はしたけれど、やっぱり自分は最初の考えどおりに国産車でいこうと決める場合もあるでしょう。

自分の考えが変わってきて、「どうも外国車の方がよさそうだ」と外国車に決定する場合もあるでしょう。

 

ところが、そうして考えを変えて外国車を買った場合に、デメリットが出てくると人のせいにして文句をいう人がいます。

気持ちはわかるが、これはルール違反というものです。

こんな人はたいてい、国産車を買ったら買ったで不満を持つものです。

スポンサードリンク

ふたつのものからひとつを選択するときは、どっちにしてもメリットとデメリットがあります。

きわだった長所は短所にもつながる。

自分は何を取って何を捨てるのか。

取ると決めたものの長所を生かすことを考えて、捨てたものについてはあきらめるしかないのです。

 

にもかかわらず、自分だけの判断で決めたら、人のせいにはできないので、いろいろ人の意見を聞く。

かといってその結果はいつも不満なので、だんだん「人のいうことはアテにならない」というふうになってくる場合もあります。

 

人と交流して影響し合っても、「自分」がしっかりあれば何もこわくない。

しかし、人に流されていると、変な人と出会ったら自分の人生が悪いほうへ左右されるのではないかと臆病になる。

人との出会いが恐ろしくなってくる。

 

では、いつも自分の意見を変えずに押し通せることが「自分を持つ」ことか?

そうではありません。

意見を変えようが影響を受けようが、最終的に自分で判断して決定した。

そういう責任を持つことが、「自分」のある人なのです。

 

 

自分を持っている人の特徴の2つ目はこれ

 

自分を持っている人の2つ目の特徴に、プライドが高いという特徴があります。

これにもしっかりと理由があります。

その理由とは、己の意思を貫いて生きてきた自分に対して、誇りがあるのです。

他人がどう思おうが、自分の意志を貫き通したという誇りが、プライドとして現れるのです。

 

例えば、私は周りの遊んでいる友達と違って、体を大事にしている。

そんな人は、今まで体を大事にしてきたプライドがあり、それが自信へと繋がるのです。

「私はそんな軽い女じゃない」というタイプの女性はがまさにこの特徴に当てはまるでしょう。

 

 

最後の3つ目とはどんな特徴なのか?

 

最後の特徴としては、頑固者ということです。

これは長所でもあり、短所でもあります。

実は自分を持っている人は、他人に影響されることが少ないですが、一度自分がこうと決めると、なかなか折れません。

素直さが足りないということですね。

 

こういった自分を持っている人に、素直さが加わると、ビジネスの成功する確率がグンと上がると言われています。

頑固者で一度決めたことはやりぬき通しますが、素直さが無いため、他人の意見を聞けずに遠回りしてしまう。

まさにこれが短所と長所というやつです。

 

自分を持っている人というのは、得することも損することもあります。

次のページでは、そんな得する性格と損する性格に関して、詳しくご紹介していこうと思います。

→得する性格と損する性格の違い

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP