悩み

自分は何もできないと思う人に

Pocket

自分は何もできない。

無力でみっともない人間なんだ。

そんな悲観的な考えをしているあなたへ。

何もできない人間なんて本当に存在すると思いますか?

あなたが何もできないと思い込んでいるのは、おそらくこんな事が原因のはずです。

スポンサードリンク

何もできないと思うことは無い。

 

自分に自信のない人は、なかなか新しい出会いが無いというデータがあります。

これはなぜかというと、新しい人間関係に入っていこうという勇気が持てない人は多いのでないでしょうか?

今まで慣れ親しんだ関係から離れて、新しい関係を持つと、今まで自分に抱いていたイメージが保てないことが多々あるのです。

 

例えば、家の中ではお殿さまで、「おまえはすごい、おまえは偉い」と大切にされていた子供も、学校に行ったら強いガキ大将がいて、かなわなかったりする。

学校では「天才だ、秀才だ」とちやほやされていても、社会に出てみたら、ちっとも役に立たないこともある。

誰しも自分の能力のなさという現実に直面するのはいやなものだ。

 

新しいことに挑戦するのは、いつでも勇気のいることである。

しかし、自分の能力の限界を知っている人ほど、安定感がある。

「これはできて、あれはできない」

「これは得意だが、あれは苦手だ」

という認識のある人は、自分のできることには自信があるので、できないことがあっても、すべて自己否定されたようには感じないものです。

スポンサードリンク

反対に、「自分は何でもできる」というようなカン違いをしている人は、自信満々のように見えて、実はもろい。

ちょっとでもできないことがあると、もう完壁な自分の姿がくずれ去ってしまうから、ビクビクするはめになる。

「私は、こういうことが得意で、こういう分野には弱い」

「私は、こんな場合に怒ったり、こういう反応をする」

 

ひとりの人間には限界があり、万能ではない。

自分の限界はどこで、これから伸ばしていける可能性はどこなのか。

自分とは、どんな特徴を持った人間なのか。

 

弱い点は、強い人に補ってもらいながら伸ばしていけばいい。

そのかわり、得意な面で、人に貢献することもできる。

どうしてもいやなことは断ればいいし、なんでもかんでも完壁にできなくても、人に嫌われることはない。

新しい人間関係でも、恐るるに足りずというやつです。

 

「自身」をよく知ることは、「自信」につながる。

何ができないのか、その限界を知っていくこともまた、自信を育てることにつながる、ということなのです。

 

 

何もできないと思う人のダメな点

 

自分は何もできないと思う人のダメな点。

それは、自分が貢献したことさえも忘れてしまうことです。

自分がダメだダメだと思い込んでいるだけで、意外とダメな人間ではないという実例が多く見られます。

 

実は、本当にダメな人間とは、自分でダメ人間と思わない傾向にあるのです。

実際に、あなたもこんな人を見たことがありませんか?

おそらく、テレビや周りの知人で、こんな人を見たことがあるはずです。

 

ギャンブルにハマってしまって、数百万円の借金をしてしまった。

こんなダメ人間ほど、実は自分がダメ人間とは思っていないのです。

実際に、テレビで紹介されるダメ人間ほど、前向きでプラス思考に考えていたりしませんか?

本当にダメな人間とは、現実逃避する傾向にあり、逃避するからこそ、こんなプラス思考の考えができるのです。

 

自分が何もできないと思う人は、マイナス思考な考えをしがちなだけなのです。

ですが、現実は本当に何もできない人ほど、無駄にプラス思考で、現実逃避をするものなのです。

ここまで来るともうお分かりですよね?

あなたが他の人よりもダメな点。

それは、マイナス思考の考え方にあるのです。

 

また、次のページで「本当に自信がある人は魅力的に見える!」を参考にしてみてはどうでしょうか?

あなたのマイナス思考な考え方が、180度変わるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP