悩み

自分が情けないと思うことが悪いことではない理由5つ

Pocket

自分が情けないと思い、自分自身を責めてしまう人や、自分の価値を過小評価してしまうのは、日本人の多くに見られる性格傾向です。

自分が情けないと思うからこそ自分に自信を失っていき、やがてそれは行動面に出てしまうのです。

しかしながら、本当に自分が情けないと思うことは悪いことでしょうか。

実は自分が情けないと思うことは、考え方次第では素晴らしいことだと言うこともできるのです。

そんな理由について、これから本文でしっかりと述べていきましょう。

スポンサードリンク

「情けない人」は元気、「強がっている人」はクヨクヨ

人から「立派な人と思われる」のではなく、人から「なんて情けない人なんだ」と思われると、あなたの人生はシメタものです。

少し話はそれますが、「正直にいうと、いけ好かない人だなあって思っていたんだけど、話してみたら結構可愛げのある人だったのよ」

あなたには、そんな経験はないでしょうか。

仕事場の同僚で、普段から仲のよろしくない相手が、何かの集まりのときに、「最近、仕事がうまくいかなくて困っているのよ」という。

その一言で「へえ、この人って、こんな弱音をいう人なんだ」と、何だか急に親近感がわいてくる。

「いけ好かないと思っていたけど、何だかうまくやっていけそうだわ」という気がしてくる。

これが、人から「情けない人」と思われることの効用で、そういう人ほど、たくさんの人から愛され、たくさんの人から親切にされるのです。

皆さんの身近なところにいる、「情けない人」の様子を今度、じっくりと観察してみてください。

決して情けない顔などしていないし、クヨクヨもしていない。

 

一方で強がっている人はどうでしょうか?

どちらかといえば元気そうで、いつもはつらつとしていて、人から「情けない」と思われていることを喜んでいるようにさえ見えます。

「情けない顔」というのであれば、むしろ人に負けたくない、人からバカにされたくないと突っ張っている人のほうなのではないでしょうか。

そういう人は、威勢のいいことを言うわりには、顔の肌にハリがない。

夜もよく眠れぬ様子で、目も充血している。

「情けない人」ほどスッキリとした顔をして、「強がっている人」ほど疲れた顔を隠し持っています。

「ああ、情けない…」という経験をして、弱音を言いたくなったときは、誰かに気軽に相談に乗ってもらおう。

特に普段人間関係がうまくいっていない相手に、いがみ合ってばかりいる相手に、喧嘩をしていま冷戦状態にある相手に、「ちょっと弱ったことがあって」と相談を持ちかけてみよう。

自分が「情けない人」と思ったときこそ、仲直りするチャンスであり、友だちを増やすチャンスでもあるということです。

スポンサードリンク

情けないと思えるからこそ成長できる

情けないと思える人というのは、どういう人でしょうか。

答えは、現実逃避をせずに、ダメな部分にしっかりと向き合っている人です。

しっかりと向き合えているからこそ情けないと思えるのであり、弱い人間は自分と向き合うことができません。

つまり、情けないと思えることは、まだまだ自分が成長していける証とも言い換えることができるのです。

何に対して情けないのか?その答えが分かっているのであれば、そこを改善することによって、あなたはまだまだ成長していけます。

さらに情けない思いをしたからこそ、次は失敗しないようにと心が成長していき、さらに心が大人になっていくのです。

自分が情けないと自分を責めるのではなく、ダメな部分にしっかりと向き合えた自分を褒めてみてください。

そして同じ過ちを繰り返さないために、しっかりと原因を追究できれば、現実逃避や強がっている人よりも、よっぽど悪いことではないと思いませんか?

 

刺激のない人生なんてつまらない

自分が情けないと思えたことは、自分に大きな刺激を与えていることに繋がります。

悔しいという思いを抱かせたり、次こそはという希望をもたらしたり、やってやるというチャレンジ精神をくれるのも、この情けないという思いからです。

考えてもみてください。

全く刺激も無く、悔しい思いをしない人生なんて楽しいと思いますか。

情けない自分を乗り越えるからこそ人生は楽しいのであり、全てが上手くいき、全てが自分の思い通りになる人生なんて、楽ではありますが楽しいはずがありません。

人生を充実させるためには、必ず情けないという思い込みが必要です。

そしてその情けない自分を乗り越えることによって、達成感や幸福感といった幸せが舞い込むのです。

 

情けない悔しさが、あなたを変える

自分が情けないと思うことは、考え方次第で悪いことではないと最初に伝えましたが、その最大の理由は、情けないから行動に出るという考え方をすれば、それは自分の人生を大きく変えることが可能なのです。

自分を変えれない人というのは情けないと思うだけで、行動を変えない人。

しかしながら、情けないから行動を変えようと思うことができれば、それは自分にとっても素晴らしいことです。

そうして美しい自分を手に入れた人もいれば、経営者として大きな成功を収めた人も大勢います。

今あなたが感じたそのエネルギーを、心でしまっておくのか、それとも行動で外に出してしまうのか、考え方次第では、成功者には必要な刺激だともいえるのです。

 

心にしまっておくのはもったいない

いかがだったでしょうか。

まず、自分が情けないと思うことは、考え方次第では素晴らしいことだということが分かってもらえたかと思います。

そして先ほども伝えた通り、この心に感じたエネルギーの使い方によっても、あなたの人生を大きく変えることが可能です。

自分が情けないと思えた今だからこそ、自分を変えることのできる唯一のチャンスだと思い、情けない自分を乗り越えてみましょう。

また、「何処か遠くに行きたい心理と対処法3つ」もセットで読んでみましょう。

精神的に辛い時期などは、なぜかどこか遠くに行きたいと人間は思ってしまいます。

そんな人間の心理を知り、自分の今の心理状況に当てはまっていないのか、一度チェックしてみましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP