心理

腕の位置や組み方で分かる相手の心理

Pocket

腕で診る、気持ちを相手に伝えるための「最終手段」

腕の動きには表現力がある。

大きく広げたり、前に差し出したり、ちぎれんばかりに振り続けたりすることで、言葉以上に思いを伝えることができる。

これらは無論、意識的に行なう自発的な行動である。

では 、無意識のうちに行なってしまう腕の動きにはどんなものがあるかというと、これが意外に少ない。

単なるクセならさまざまあるが、心理を読みとることができるのは、「腰に手を当てるポーズ」である。

警戒が厳重な建物の前にガードマンが立っているのを見かけることがあるが、彼らは一様に両手を腰に当てている。

スポンサードリンク

これは、無言のうちに、「こちらへ近寄ってはならない」というメッセージを発しているのである。

腰に両手をしっかり当てると、両ひじは鋭角に曲がり、横に張り出す。

見ようによっては武器にも見える両ひじは、相手を威嚇し、遠ざける意味を持っているのである。

 

近づこうとしても、その両ひじが拒否を示しているために、距離をおくしかない。

いかにも難しい顔をしてこのポーズをとっている人であれば、そのメッセージを汲みとるのはたやすい。

しかし、どんなに柔和な表情をしていようとも、無意識のうちにこのポーズをとってしまう人は、一線を越てはならないという深層心理があると思って間違いない。

 

このポーズは、両手を広げるポーズの対極にある。

両手を広げるのは、抱擁を誘い、人を受け入れるというメッセージである。

相手に向けるその手を自分の腰に固定すれば、それは受け入れる意思がないことを示している。

 

たとえば、全身をブランドファッションで包み、一分のスキもないほどにさっそうと装っている人は、よく腰に手を当てるこのポーズをとる。

胸を張ったこのポーズには多くの人に見てほしいという願望が込められているが、その一方では、「簡単に近づいてはならないよ、だって、僕は特別なんだから」というホンネが潜んでいる。

これも、自尊と拒絶の印象操作のひとつである。

スポンサードリンク

このポーズが表れたら危険信号!

 

約束の時刻に遅れて、急いで待ち合わせの場所に駆けつけたときに、待たせてしまった相手が腰に手を当てていたとしたら、怒りのレベルはかなり上がっていると思っていいだろう。

これは、「謝っても絶対に許してやらない」という決意の表れである。

その日のデートは、おそらく険悪なムードでスタートしてしまうだろうし、修復にもかなり時聞がかかることを覚悟しなくてはならない。

 

ころあいを見計らって早々に切り上げるか、そうでなければ、相手の許しを得るまでひたすら低姿勢を保ち続けなければならない。

会話の最中に相手がこのポーズをとるようならば、そのときの会話の内容に興味を持っていないということ。

退屈しているか、できればほかの話題に移りたいと思っているはずである。

 

たとえ相手が表面上はあいづちを打ったり話を合わせたりしてくれてはいても、その内心はイラついている。

できれば、その場から離れたいと思っているかもしれないのである。

無意識にではあるが、せっかく相手が発してくれているメッセージなのだから、見逃さないようにしたいものである。

 

また、スポーツの試合のあとに、負けたチームのメンバーが、よくこのポーズをとることがある。

これは失意の表れでもあるが、「しばらく話しかけないでほしい。いまは誰にもそばに近寄ってほしくない」というメッセージも込められていることを見逃してはならない。

いずれにしても、腰に手を当てている人のそばには、なれなれしく無防備に近づかないほうが無難である。

 

ある程度の距離を保って観察し、近づくとしても、一歩後ろに控えておくくらいがいい。

 

関連記事

→本当の恋愛とは遺伝子を残すためにある!?

→さりげないボディタッチを使い、落とすべし!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP