恋愛

職場恋愛で別れた後に復縁する方法は?同僚で気まずい…

Pocket

別れた彼とよりを戻すために…

職場恋愛の彼とは、何度も付き合ったりよりを戻したりして、結局3年付き合った。

その間、お互いに恋人がいたりもしたけど、やっぱり戻っちゃって。

最初は彼から追われる感じだったのに、いつの間にか立場が逆転していて、ついに、彼は冷めてしまった。

あたしが、追いすぎたから…

会社でも冷たくなり、すれ違つでも話すことはない。

あたしはまだ、彼のことがあきらめられない。ついメールしてしまつたら、「もう終わりだと言っただろ?俺のことは忘れろや」

 

今になって思う。

追いかけられていたときに、もっといい子でいられたらよかった。

どうしたらもう一度、あたしのことを見てくれるんだろう。

それとも、もうそんなときは二度と来ないのかな。

別れた彼をもう一度意識させる方法

 

恋愛においてよくあることです。

別れって本当に一番つらいですよね。

これまで彼が追ってくれていたなら、なおさら後悔しちゃいます。

 

会社で毎日会うこともあり、恋が過去になっていくのに時間もかかるかもしれません。

終わった恋に思い残すことはない、と思えるのは離れて何年もたってからです。

私は、一つの恋が終わり、心の痛みが癒えるには、その恋をしていた時間と同じ時間と、それを失って悲しい気持ちが薄らぐくらいのうれしい気持ちが必要だと思います。

 

ではここで、彼の心理をチェックしてみましょう。

「もう、勘弁してよ」

まず、今はあなたから追うことを我慢しましょう。

 

終わりにしようと決めることは、彼にとっても大きな決断だったと思います。

心を鬼にもしたに、違いありません。

振った方が、振った後、相手にやさしくできないのは、振った方にとって、かなりの思いでの決断だからです。

 

そこをなお、追っていくことは、彼にとって責められているように感じられ、なおさら逃げたくなるだけです。

なのでここは、引きましょう。

私なら、友だちのような中途半端なマイナーチェンジはしないで、単なる知り合いという位置に彼を置きます。

 

これはかつて、振られた人と翌日から友だちになろうとしたり、どうしても縁を切りたくなくて、すがりついた経験からいきついた結論です。

恋愛は、どちらかがダメと言えば終わりです。

振られる方にとって、それが納得がいかないことでも、人を無視して恋はできません。

 

恋は人とするものです。

こちらを向いてない人と恋はできないのです。

もう離れようと思うくらい、彼はこのお付き合いを極めた、ということでしょう。

 

そういうことが実感として分かるのは、心の傷が癒えてからだと思います。

割り切れない、彼を見てしまう。

それが当然だと思います。

 

だけど、彼に対しては毅然としている。

今は、またよりを戻すためでもかまいません。

離れましょう。

 

すれ違って、あいさつはするけど、他人でいましよう。

毅然として離れていく相手を、振った方はつい追ってしまうでしょう。

昨日まであった情は、もちろん彼の中にもあります。

 

最初はつらいけど、乗り越えたときよかった、あのときわたしはがんばった!

そんなふうに思う日が必ず来ます。

ここを乗り越えたら、あなたの愛し方は変わると思います。

 

そのとき、あなたは、新たなしあわせをつかむかもしれません。

愛した人だからこそ、今は、離れてみよう。

男性というのは引きずる人が多くいます。

彼にまだあなたに対して気持ちがあるのならば、またあなたの元へ戻ってくることでしょう。

 

関連記事

→ストーカー気質の別れ方の特徴!!心理はどんな感じ?

→元カノに彼氏できた?と聞く男性心理

関連記事

  1. 恋愛

    彼氏の嫉妬で喧嘩する人に3つの条件とは?

    危険な嫉妬妄想の根底にある三つの条件もし、第三者が二人の関係を妨害…

  2. 恋愛

    気になる男性から声をかけられたい女性に

    あなたは「声をかけるのは男性のほうから」と思い込んでいませんか?…

  3. 恋愛

    彼女と自然消滅したい方にこの別れ方には注意を!

    別れ際のマナーは大人として必要なこと男性が、女性と別れようとす…

  4. 恋愛

    B型女性とO型男性の恋愛相性と付き合い方

    B型の人のつきあい相性特性●基本的相性B型とO型の…

  5. 恋愛

    男性は好きな人に対してどんな視線を送るのか?

    すべては、この「自の輝き」からはじまる!視掠と視線がぶつかる場面は…

  6. 恋愛

    AB型の欠点と結婚できないのはなぜ?芸能人で例えてみる

    女を愛することと結婚は別…男が「複数の女性を同時に愛せる」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP