人間関係

職場の苦手な人や嫌な女性との付き合い方

Pocket

快適な職場と感じる人ほど、苦手な人が少ないという傾向にあり、良い環境で人間関係もどろどろしていません。

今回はそんな職場の人間関係をテーマにした内容となっています。

この記事のタイトル通り、「職場の苦手な人や嫌な女性との付き合い方」この一点を重点的にご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

苦手な相手ほど直球勝負!

 

会社の中には、気の合う人もいれば、合わない人もいます。

好きな人もいれば、苦手な人もいるでしょう。

苦手な人はできるだけいいところを探して、ほどほどにおつき合いをするのが上手な「さじ加減」のコツですが、職場における「苦手な人」はあなたの仕事力を高めてくれる「よきパートナー」として見ることもできます。

 

苦手な人がよきパートナーというと、不思議に思われるでしょうが、会議の席上ではお互いを高め合うベストパートナーになりうるのです。

というのも、苦手な人ほど、反対意見を直球でぶつけやすいからです。

会議は自分の意見や能力をアピールする絶好のチャンスですが、ここでも「さじ加減」が求められます。

 

例えば、自分の考えが直属の上司の意見と対立していた場合、和を乱さないようにオブラートにくるんで発言しなければならないときもあります。

特に、自分が好意を持っている相手ほど対立しづらくなるでしょう。

しかし、苦手な相手ならば、好意的な感情が邪魔しない分、ストレートに自分の意見をぶつけることができます。

 

「対立意見を言って、嫌われたらどうしようか?」

「ここまでは発言していいが、これ以上は控えよう」

といった、どっちつかずにならなくてすむわけです。

 

「相手に悪い印象を与えようと、自分も苦手なのだからかまわない」となれば、かなり雑把な「さじ加減」でも大丈夫。

ありのままに近い意見を主張することもできるでしょう。

スポンサードリンク

直球勝負をしよう!

 

そんなあなたに対して相手も直球勝負を仕掛けてくれば、会議は白熱し、自分の主張したいことを出席者に大々的にアピールできるかもしれません。

「そうか、自分は本当はこう思っていたんだ」「こんな企画を実現させたかったのだ」と気づくきっかけになるかもしれません。

好意を持っているメンバーだけだとできないことが、苦手な人が会議に加わることでできるようになるのだから、苦手な人材も捨てたものではありません。

 

大ゲンカしたあとに大親友になるということは珍しくないですが、会議で戦ったふたりが、その後互いを認め合い、快適な関係になるという喜ばしい展開だって期待できそうです。

職場では、敵対する人間が「ほどほど」含まれていたほうが、現場が活性化する場合もあるのです。

こうした活性化を狙って、チーム作りを考えるのも一案です。

 

とはいえ、苦手な相手であるのをよいことに、大風呂敷を広げすぎると、後で「しまった!言いすぎた!」ということにもなりかねません。

一歩手前で言いすぎをコントロールする程度の「さじ加減」は、やはり必要でしょう。

 

 

苦手な人や嫌な女性でも逃げないで

 

結論になりますが、苦手な人から逃げない、嫌な女性から逃げない、ことを心がけることが大事になります。

直球勝負で苦手な人も嫌いな女性もぶつかってやる。

そんな根性も人生には時より必要なのです。

→職場の人間関係を気にしないようにするには?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP