心理

聞き上手な人がモテる理由!ここも意識すればプロ?

Pocket

うなずきに込められた「無意識のサイン」とは?

聞き上手は人に好かれる。

なぜなら、人は話し好きだからである。

自分の話を聞いてほしいと聞き手を求めている人のほうが多く、真剣に耳を傾けて気持ちよく話させてくれる。

「聞き上手」の絶対数が不足しているのが現状だからかもしれない 。

聞き上手の条件は、話に集中してくれること、効果的にあいづちを打ってくれること、話し手の気持ちに共感してくれることなどであろう。

なかでも、話し手の問いかけに対してそのたびにうなずいてくれる人はポイントが高い。

スポンサードリンク

「うなずく」ということは、承諾や同意の「イエス」を表す最も明確な動作である。

聞き手がうなずいてくれれば、話し手は自分の意見に共感してくれたと喜び、安心する。

そして、自尊心を満足させるわけである。

 

うなずくという動作は、頭を縦に下げたあと、 元の位置まで戻すことであるが、そのやり方はひとつではなく、また、やり方が違えば、そこに込められる意味も違ってくる。

頭を小刻みに振るときは、話し手に共感するというよりも、話し手の気持ちを盛り上げる役割を果たす。

「うん、うん」「わかる、わかる」「そう、そう」といったあいづちを打つのと同じ効果がある。

 

このアップテンポのリズムが話のスピードに拍車をかけ、話し手は、本来ならいわなくてもいいことまで、つい口を滑らせてしまうこともある。

この場合は、相手を尊重するというよりも、相手の話の内容の続きが聞きたくてウズウズしているのである。

相手のことを知りたくてたまらない、恋愛初期の二人の間によく見られる光景である。

スポンサードリンク

また、話し手が息をつくタイミングに合わせて頭をコクンと下げるうなずきは、話し手にとっては非常に心地いい。

話をさえぎることもなく、急かされることもなく、自分のリズムで話を進めていけるからである。

聞き手の側は、「あなたの話をしっかり聞いているよ」というサインを送ってくれているわけである。

 

これは、恋愛関係にある二人の聞でよく見られるうなずき方である。

話そのものよ りも、相手の存在を尊重していることがうかがえて、とても微笑ましい光景である。

 

 

「はい」と「はあい」はここまで違う!

 

そして、もうひとつ、まるでお辞儀をしているかのようにゆっくりとうなずくケースがある。

話の内容をじっくりとかみしめているかのように見えるが、実は、不満を抱えて不本意ながらうなずいていることが多い。

こういう場合、喜んで話を聞いているわけではなく、言葉にすれば「ハイハイ、 わかりましたよ」というところだろうか。

 

どちらかが一方的に話し手に徹してしまうと、聞き手に回った側は、その立場にずっと甘んじていなければならない。

友人同士、あるいは恋人同士は、本来なら対等な立場である。

にもかかわらず、一方的に聞き手を押しつけられたら、屈辱感を抱かずにはいられない。

 

もともとお辞儀というのは、服従する側が身をかがめる動作のことをいい、いわば相手に忠誠を誓う挨拶なのである。

それを、あえてゆっくりと時聞をかけて行なうということは、話し手に対する抗議のパフォーマンスであるといえる。

この真意を汲みとらないまま、ほうっておけば、ほどなく本物の反応を翻されることになる。

 

うなずくという動作には「イエス」の意味があるとお話ししたが、日本語で「ハイ」というときに微妙なニュアンスがあるように、うなずき方もそれぞれニュアンスがあるのである。

元気のいい「ハイ」という返事なのか、怠惰な「はあlい」なのか、突き放すような「ハイハイ」なのか…

これは、相手のうなずき方にどんなニュアンスの「ハイ」が込められているかを実際に当てはめてみればわかりやすい。

 

関連記事

→フェードアウトされた恋愛・されそうな方に!

→男女の視線で分かる好意のサインと心理

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP