悩み

考えすぎる性格に疲れを感じる時の対処法5選


考えすぎる性格というのは、考えすぎた挙句に疲れてしまうというのがあるあるの1つです。

そしてついには、無駄に考えすぎる自分が惨めに思えたり、バカバカしく思えて、自分が嫌になってしまうのです。

こういった一連のパターンは、考えすぎる性格の人でなくても、誰もが経験します。

失恋をして、諦めきれないときなどは、特にこの思考パターンに陥りやすいです。

今回の記事では、そんな考えすぎる性格への対処法についてご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

心の「立ち直り」にも、その人なりのサイクルがある

考えすぎてとても落ち込むようなことがあっても、あまり心配しないでもらいたい。

まず考えすぎる性格の人は、そのうち直るから…という希望を常に、心の片隅に残しておくこと。

ある人は二月になると、つまり一年のうちでもっとも寒い季節になると、なぜか気持ちが落ち込んでくるそうです。

ちょっと辛いことがあると、たちまち暗い気分になり、考えすぎて疲れてしまい、「ああ、うっとうしいなあ」が口癖のようになる。

しかし春になって気候が暖かくなると、どこからともなく元気がよみがってきて、「落ち込んでなんていられないわ」と気持ちが前向きになるそうです。

その理由を、その人は「きっと私が四月生まれだから」と解釈しているのだが、この解釈が正しいのかどうかは別にして、暗い気分になったときも、「まあ、四月になれば直るから」と自分にいい聞かせながら日々を過ごすという。

だから、考えすぎて疲れてしまう前に、「それまで待とう」と思えるわけです。

 

このように、誰にでもサイクルは存在する

誰にでも、その人なりのサイクルがあって、「〇〇になったら…」というものが存在します。

どんなに暗い気分になった心も、「〇〇になったら」立ち直るというときがやってくる。

そのときがやってくるのを慌てず騒がず、安心して待っているのがいい。

そのときが来るのを「待つ」ということも、考えすぎる自分を立ち直らせてゆく「戦略」のひとつなのです。

私の場合は、ひと晩ぐっすり寝て「次の日になったら」、たいがいの悩み事などきれいさっぱりなくなっています。

だから私としては睡眠不足になることだけ注意していればいいのです。

それが私なりのサイクルなのかもしれません。

つまり、あなたにとっての「〇〇になったら」を探してもらいたいものです。

自分ならではの 「〇〇になったら」を見つけ出すのが、考えすぎる自分を疲れさすことなく、「心の立ち直り」をうまくするコツの1つなのです。

満腹になると悲しいことなどすっかり忘れてしまう人、好きなCDを聞いていれば元気がよみがえってくる人、波の音を聞いていると気分が晴れる人、子供の寝顔を見ていると穏やかになる人。

そういう人は幸福です。

「春になったら」では、そのときがくるのを「待つ」しかないのでしょうが、満腹やCDならば、今すぐにでもできます。

元気が戻ったら「もう、大丈夫」とまた、新しい朝を迎えましょう。

スポンサードリンク

落ち込んだ時こそ体を動かそう

考えすぎる性格の人は、心配事があるから考えすぎて疲れてしまうわけですが、そんな時は思いきって体を動かすことをおすすめします。

だいたいが「考えてしまう」ところがいけないのであって、考えてしまうから、ますます心配はふくらみ、居ても立ってもいられなくなってくる。

いっそ何も考えないで、頭の中を空白にしてしまうこと。

そしてそのためには、体を動かすのが一番というわけです。

ウォーキング、水泳、自転車、テニス、山登りなど…

汗をかいて、心配事を汗と一緒に洗い流してしまうのがよい。

その心地よさが、心配事を追い出してくれるでしょう。

 

こんな体の動かし方ができればベストです

ある若い女性の心配事は、恋人が浮気しないかということ。

頭の中がいっぱいになって イライラしてきたときは、野球ボールで恋人とキャッチボールをするのだそうです。

ボールを投げ合っているうちに心が通じ合ってきたような気がして、気持ちも安定するという。

「子供のことが心配」というお母さんは今度、お子さんと一緒に買い物でもいいので、一緒に運動をしてみるのはどうでしょうか。

「職場の上司に見捨てられてしまうのではないか」と心配なサラリーマンは、昼休みにでも上司をつかまえて仕事終わりの食事を誘ってみるのもいい。

心配事、とくに人との関係から発生する心配事は、たいがいはコミュニケーション不足が原因である。

よく話し合って、お互いの気持ちが通じ合うことができれば、「何だ、こんなことで心配していて損をした」ということになる。

特に一緒に歩くなどの運動をすることで、より心が通じやすくなるということが分かっています。

相手の気持ちが分からないから、何かと疑心暗鬼になって、ロクでもないことが頭に浮かび、心配になるのです。

 

会話が怖い時はどうすれば?

しかし心配で頭がいっぱいになっている時は、「ねえ、あなた、まさかこんなことを考えているんじゃないでしょうね」と言葉をかけることもできない。

もし相手から、「うん、そうだよ」と肯定されてしまうのが怖いからですが、こうなると余計な想像力が働いて、心配はふくらんでゆくばかりです。

語りかけてみれば簡単に解決することも多いのに、それができなくて、一人で無駄に考えすぎて疲れ果ててしまう人もよく見かけます。

一緒にキャッチボールをすることは最も効果的な方法の1つですが、そうではなくとも、とにかく自分の体を動かしてみるのがよい。

心の病気というと、心にばかり目がいきがちですが、案外体を動かすことによって回復するものです。

考えすぎて心が苦しいときは、体を動かすのがよい。

 

とにかく行動に移してみましょう

いかがだったでしょうか。

考えすぎる性格のあなたは、次は考えることなく対処法を実行してみましょう。

とにかく実行してみるのです。

そして効果が分からなくても、とにかく続けてみてください。

そのうち自分が変わっていることに気づき、考えすぎる性格も悪くないと思えるはずです。

また、「気疲れしない方法や考え方4ステップ」もセットで読んでみましょう。

考えすぎる性格の人は気疲れしてしまうという共通点が見られ、無駄に悩んでしまいます。

そんな気疲れしない方法を知り、こちらも実行してみましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP