悩み

習い事が続かない人の10個の特徴

Pocket

愛する子供の習い事がなぜか続かない…

私は習い事によく挑戦するんですが、なぜかいつも続かないのです…

そんな事に頭を抱えているあなたへ。

習い事を辞めたいと思う理由には、こんな続かない人の特徴が関係しているのです。

あなたはその特徴を知ることで、悩み解消へと繋がるでしょう。

スポンサードリンク

習い事が続かない

 

習い事が続かない理由といえば?

おそらくあなたは、いくつかの答えが出たでしょう。

習い事が続かない人の特徴とは、以下の様な特徴が見られるのです。

 

①やってみたら好きな分野ではなかった。

②難しくて、マスターできないうちに輿味がなくなった。

③簡単すぎて習うほどのこともなかった。

④お金が続かなくなった。

⑤学期の変わり目に授業料を払い忘れて、それきりになった。

⑥一緒に習いにいく友達がいない。

⑦友達が辞めたから。

⑧単に飽きやすい性格だから。

⑨ほかの面白そうなものを見つけて。

⑩デートが忙しくなった。

と、10つの特徴を挙げてみました。

スポンサードリンク

あなた、又はあなたの子供はどのタイプでしょうか?

あなたがどのタイプにしろ、習い事を続けるのには、ちょっとしたコツがあるのです。

誰でも最初から、意思が強いわけでもなく、その習い事に大変な興味をもっていたわけでもないのです。

 

最初の数ヵ月間のつまらない日々のハードルを越えれば、あとは案外楽に何年も続けていけるものなのです。

大事なことは、まず目標を定めること。

あなたは、その道でどれくらい上手になりたいのかのレベルをざっと考えておくこと。

 

テニスだったら友達とラリーが楽しめればいいとか。

柔道だったら、黒帯をもらうまでとか。

そして、目標に到達したらさっさとやめればいいのです。

 

次に大切なことは、友達をあてにしないこと。

流行だからと、すぐに飛びつかないこと。

それから年度変わりには、早めに次学期の申し込みを済ませてしまおう。

 

なんとなくグズグズ悩んでいるうちに、それっきりになったなんてことは、よく聞く話なのです。

とはいっても、結局のところ習い事などは難しく考えずに、気がむいたらやるくらいの気持ちでいいと思うのです。

 

私はジムの次年度の会費を年度末に払い込んでいます。

何故かというと、ケチなので、行かないとソンをすると思うから、無理をしてでも出かけるからなのです。

こういった事も、習い事を続かせる工夫ですよね。

 

 

嫌でも習い事を続けたいのならば

 

無理矢理にでも習い事を続けたい。

または、続けさせたいのであれば、次のような行動が必要です。

その行動とは、以下の様な行動です。

 

1.習い事を楽しいと脳に思わせる

習い事を楽しいと思わすには、まずは自分にご褒美や達成感を与えることです。

例えば、ここまでの目標を達成できたら、欲しかった物を買う。

ここまでの目標を達成できたら、弱い自分からおさらばできるなど。

まずは脳に楽しいと思わせる工夫をしましょう。

 

2.未来の自分が弱い自分にならないためと思う

社会にでると、弱い人ほど出世できなくて、弱音や悪口ばかりを言います。

これは、子供の頃に嫌なことに挑戦する大事さが分かっていないからです。

例えば、厳しい環境の野球チームにいたのであれば、その頃の経験は絶対に社会に役立ちます。

経験は宝です。

習い事が続かない子供なのであれば、子供の言いなりになっているようでは、社会人になった時に、弱い人間になってしまいますよ。

 

3.ライバルと思う人に負けてしまうと思い込む

人は誰でも、負けたくないと思う人がいます。

習い事が続かないのであれば、◯◯に負けていいの?

と自分の問いただしてみてください。

子供なのであれば、子供に質問してみてください。

ライバルに負ける事ほど、人間のプライドを傷つけるものはありませんから。

 

関連記事

→子供の前で夫婦喧嘩の原因を無くす方法

→将来成功する男の特徴と見分け方

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP