恋愛

美女は得か損か?性格が悪いなんて嘘だ!!


ネットでよく検索され、よく耳にする言葉。

それは美女・美人は「得」ということです。

これって本当でしょうか?

 

一方で、美女の言い分というと…

「美女は損」とか「本当にモテないんです」

など、皆さん大体想像はつくであろう。

 

今回は、「美女は得なのか?損なのか?」

ここについて、過去にあるデータがありましたので、そちらをご紹介するとしましょう。

スポンサードリンク

「義人」=「いい人」という固定観念がある

第一印象が大切なのは、もう皆さんご存知でしょう。

その第一印象を決めるのは、まずは見かけであることは間違いない。

いくら性格がよくても、外側からではわからない。

 

「お近づきになりたい」という印象を抱かれる女性は、やはりキレイな人、かわいい人なのだ。

テレビの世界でも、かわいいというだけでチヤホヤされる女優、ルックスだけで人気のあるスポーツ選手など「見かけ第一」この風潮の例は枚挙にいとまがない。

見た目とその人の魅力の関係について、あるテレビで過去にこんな大がかりな実験を行なっていた。

 

大学の新入生歓迎イベントとしてダンスパーティが企画された。

パーティでは、コンピュータがふさわしいパートナーを選んでくれるというふれこみで、参加者は、身長、年齢、自己評価などの個人情報を質問用紙に記入して提出する。

これとは別に、参加者の学業成績や性格のデータが収集され、参加者たちのルックスも (秘かに)評価されていた。

 

376組の新入生が「コンピューターが選んだ」パートナーとパーティを楽しんだが、実はコンピュータが選んだわけではなく、男性が女性より身長が高くなるように設定した以外は、デタラメの組み合わせを発表しただけだった。

パーティの後に、パートナーに対する好感度などの調査が行なわれ、数ヶ月後にも追跡調査が行なわれた。

その結果、さまざまな要因を統計的に分析して明らかになったのは、「見た目が魅力的な女性ほど、パートナーから好意を抱かれていた」ということだ。

スポンサードリンク

魅力的な女性ほど「パーティの後にもデートをしたい」と思われることが多く、実際にデートを申し込まれた女性も多かった。

2時間ほどのパーティでは、性格などについてあまり知ることはできないだろう。

パートナーを判断する唯一の材料は、やはり見た目ということになる。

 

実は、男性に対しても同じ結果が得られた。

「美人・美男子はやっぱり得」という、いわば当たり前のことが実証されたのだ。

次に、違う番組でも紹介していた事を、今から説明しましょう!

 

見た目の魅力的な美男美女、普通の男女、見かげの劣った男女の写真を人に見せて

「どんな性格だと思う?」「よい結婚ができそう?」

などという評価をさせた。

 

すると、見た目が美しい人ほど「やさしい」「社交的」「感受性が高い」「落ち着きがある」など、一般に好ましいイメージの性格をもち「社会的に成功して幸せな結婚生活を送るだろう」と評価をされる傾向が強かった。

逆に、ルックスが劣っていると、性格も社会的成功も結婚も、すべてにおいてネガティブな印象しか与えられなかった。

なんとも残酷な話ですね…

 

「キレイだから、いい人だろう」という固定観念は、テレビや映画あるいはお伽話などによって幼い頃から私たちに植えつげられるのであろう。

物語の中では、幸せになるのはたいてい美男・美女と決まっている。

また、美女の価値が社会的に高いというステレオタイプがあるがゆえに、美女を隣りに侍らすことのできる男は、名誉欲を満たすことができる。

いくら「人は見かけによらぬもの」といっても、こういったステレオタイプがあるかぎり、人と人との出会いにおいて、見かけは大切なのだ。

 

関連記事

→女性は本音を言わない!NOの言葉の意味とは?

→女性にボディタッチ心理効果は?好意のサインを見逃すな!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP