恋愛

結婚後に料理ができるや家事ができる女性の血液型って?

Pocket

AB型は洗濯、O型は料理の得意な奥さんに?

「男は外で働いて、女性は家の中」という図式はもはや成り立たないとしても、やはり家事といえばまだまだ女性が中心である。

また、男性諸君に「どんな女性と結婚したいか」などという質問をすれば、必ずといっていいほど「料理の得意な女性」という項目が含まれてくる。

家事が得意なことは、とりもなおさず”女のセールスポイント”といえそうだ。

スポンサードリンク

家事の得意な血液型は何型か?

といった質問も多くだされるところなので、ここはひとつ。

奥さま予備軍ともいえる二十歳前後のうら若き女性に直接聞いてみることにしょう。

 

質問は料理と洗濯の二項目について、得意かどうかをたずねたものである(表-21)。

(表-21)洗濯・料理は得意ですか?(得意と答えた人)

 

O型

洗濯 41.3%
料理 31.3%

 

A型
洗濯 35.5%
料理 28.6%

 

B型
洗濯 37.3%
料理 22.9%

 

AB型
洗濯 49.2%
料理 21.3%

 

数字は小数第2位を四捨五入、単位%

スポンサードリンク

おしゃれなAB型がこまめに洗濯をするのは納得のいくところだが、きれい好きで、几帳面に整理整頓を欠かさないはずのA型が「洗濯は苦手じゃないけど得意でもない」といっているかに見えるのはどうしたことだろう。

これは、A型の完全主義が原因のようだ。

大ざっぱなO型やB型ならば、全自動洗濯機に放りこんで「ハイ、でき上がり」で済むところを、洗い上がりの白さ、風合いまで完璧を望むA型の場合は、アイロンかけの面倒などを思い、気が重くなる。

 

その点、AB型は”事足りればよし”と考える。

たとえば、AB型に掃除をやらせてみると、実にテキパキとキレイに片付けてくれる。

ただ、目につかないところは手抜きする”要領のよさ”も持ち合わせている。

 

結婚後に、この手抜き癖が高じて2食昼寝付きのグータラ主婦になる危険性が最も高いのも、実はAB型なのだ。

料理の才能というのは、洗濯、掃除とはまた別のものである。

料理の上手、下手はその人の創造性やアレンジカ、美的感覚など総合的な能力にかかっているといってもいい。

 

そして、なによりも経験と技術に左右されるものでもある。

学習能力が人一倍優れているO型が、昨今のグルメーブームに助けられて、料理の知識を得、本物の味を舌に覚えさせたとしたら鬼に金棒だ。

下ごしらえから一切手抜きなしで、プロ顔負けの一品をものするはずである。

 

B型も創意工夫にかけては誰にもひけをとらないものを持っている。

おそらく、料理に熱中しているB型なら、O型に負けない料理上手がいることだろう。

ただ、興味がなければB型はまるっきりダメだ。

 

掃除、洗濯、料理のほかにも、家事には家計の管理や育児、その他、いろいろとこまごました雑用がたくさんある。

それらを総合して、最も家事能力に抜群の才能を見せてくれるのは何型だろうか?

家事というのは、必ずしも細かいところを丹念にやることが良いわけではなく、むしろ、大まか大づかみでも実用性、合理性が要求されるものだ。

 

家事が大好きというB型には主婦のプロとでも呼びたくなるような”名人”がいるが、全体的にいえば、やはりO型に軍配をあげたいと思う。

A型は一生懸命やるが、どうも本人は楽しんでやってるわけではないようだ。

自分の努力や貢献が認められなくなると、にわかに、無気力感、倦怠感に襲われそうな気がする。

 

これは、AB型にもいえることだ。

 

関連記事

→浮気の対処法を血液型で判断しよう!

→芯の強い女性は恋愛に不向きなのか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP