悩み

結婚に焦る前に知るべき大事なことの5つ

Pocket

結婚は焦らずにじっくりと準備をすることが大事と言われていますが、特に女性の場合は若さが武器でもありますから、年を取るごとに結婚への焦りが出てきてしまうのは仕方ありません。

特に首都圏では結婚する平均年齢は遅く、30代で結婚する人が多いと言う結果が出ています。

つまり女性も男性も30代前後で結婚について真剣に向き合う年齢ということになりますね。

さて、そんな結婚に焦る方々へ一つお願いがあります。

それは結婚する前に知っておくべき大事なことの5つを知っておいてほしいということです。

なぜ知っておくべきなのか?この1ページを読めばわかるでしょう。

スポンサードリンク

結婚相手の選び方で人生は半分決まる

人生の伴侶というように、結婚する相手が自分の人生にとって極めて重要であることは異論のないところでしょう。

ただ、その重要さはかつてとは少し変わっています。

現代の日本社会のように、女性も社会で働こうと思えばさまざまなチャンスがある場合、昔のように女性が家庭や子育てだけに縛られるということはないのです。

かつて、女性が男性の支配下におかれていたのは、女性がその家庭から自立する道もチャンスもなかったことが大きかったためです。

今は嫌いになった男性と、それ以上一緒に暮らす必要が無いというわけです。

それでももし結婚で失敗を犯すと、その調整には大変な労力をともない、いわばとてつもない無駄な時聞を費やすことになりますから、まずもって結婚相手の選択を誤らないようにすることが第一でしょう。

スポンサードリンク

離婚経験者の多くが口をそろえて言うこと

離婚経験者が口をそろえていうのは、「結婚するのは簡単だけど、離婚するのには大変なエネルギーが必要になる」ということです。

これは当然のことで、二人の気持ちがひとつになるベクトルの矢印は明確ですが、それを無理に二つに引き剥がす作業は大変に決まっています。

とくにその間に子どもがいると、エネルギーは三倍から五倍は必要になります。

子どもにとってはもちろん、親にとってもとてもつらく苦しく、そして得る物のない経験となります。

人間社会が成立している基本は相互の信頼ですから、離婚はそれが破たんしたということを、場合によっては裁判で争うわけです。

ここにはまったく人として自分に得る物はありません。

あるのは相互の不信と懐疑、経済的な要求と相手を責める気持ちだけでしょう。

ここまで否定的な関係性になって、場合によっては裁判までするようになるのは、夫婦の関係くらいでしょう。

つまり結婚相手を誤ると、そういうとんでもなく無駄な時間を費やすことになりかねないということです。

結婚相手で人生は半分決まるとしたら、結婚前にどういう相手を選ぶかという基準をどう考えるかということが最重要課題となります。

 

結婚して10年後に多い妻の愚痴

結婚して10年後に一体妻はどのような愚痴をこぼすのか?

または夫にどのような悩みがあるのか?

調査してみた結果は以下のようになりました。

★女性100人を対象に夫の愚痴や悩みを教えてもらった結果

第1位 夫が家で何もしない、威張り散らす

第2位 子育てに協力してくれない

第3位 週末は家族よりも自分優先

第4位 稼ぎが少ない

第5位 会話をしてくれない

上位5位ではこのような結果となりました。

 

ここから分かる結婚相手にすべき男性

さて、先ほどの上位5位から分かる結婚すべき男性とは、以下のような男性ということです。

1.亭主関白でない、家事を手伝ってくれる男性

同棲をすれば一番分かるかとは思いますが、基本的に結婚前から家事に全く参加しない男性は、結婚後にも変わることはありません。

手料理の際に積極的に手伝ってくれる男性がいいでしょう。

嫌々手伝ってくれる男性の場合は、結婚後に手伝ってくれない可能性が高まります。

2.子供が好きで、子供に手を出さない

育児に協力してくれる男性の多くが、子供好きだということが分かっています。

子供好きで、なおかつ大事なことは子供に手を出さない男性です。

ゲームに夢中になり、話しかけたりちょっかいをかけたりして、怒鳴り散らしたり怒ったりする男性は危険です。

子供に手を出す可能性が考えられます。

3.収入が多い男性

収入が多い男性の方が、やはり将来的には安泰で楽な生活をおくれるでしょう。

最低でも貯金をしっかりとしている男性が良いですね。

貯金がたくさんある男性の場合、ある程度はしっかりとした男性という確信がもてます。

4.無口で無く、口数が多い男性

結婚後に夫婦のコミュニケーション力が不足している家庭は、離婚率が高いということが分かっています。

しっかりと毎日コミュニケーションをとってくれる、明るくて前向きな男性がいいでしょう。

 

最後に1つ知っておいてください

ここまで4つのポイントをご紹介し、ついに最後の1つとなりました。

最後に1つ知るべき大事なポイントとは、尊敬できる相手かどうかということです。

ただ単に一緒にいたいや、顔がいいからという理由で結婚すると、将来その夫婦はどうなるでしょうか?

きっと一緒にいすぎて飽きがきますし、顔も老けてしまい魅力は半減します。

やはりずっといい夫婦でい続けるためには、尊敬できる相手を選ばなければいけません。

婚活パーティーや合コンに行くのであれば、まずは尊敬ポイントを探してみるのもいいでしょう。

お互いに尊敬し合えないと、相手を批判ばかりしてしまい、結果的には会話の無い夫婦へと陥ってしまいますよ。

また、「結婚相手の選び方|女性が知りたい6つ」もセットで読んでみましょう。

結婚相手の選び方にもコツがあり、特に女性の方々が知りたい6つのポイントを詳しくご説明しています。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP