悩み

穏やかな人になりたい時に実行すべき6ステップ

Pocket

私たちは穏やかな人柄に好感を持ちます。

穏やかな声のトーン、話しぶりにリラックスさせられ、自分の存在までもが、やわらかく包みこまれているような気分にさせられます。

私たちの暮らしている社会は競争社会とも言われ、日々ストレスと戦っているのです。

生きていることが、なんらかの競争や闘争なくしてはありえないのもまた事実なのですが、だからなおさらのこと、 穏和なものを求めているのかもしれません。

シャープな頭脳、鋭敏な感覚、鮮やかな弁舌、強烈なアピール…

これらは人と競い合うには有効な才能であり、それが魅力的な人間像を作り上げることも確かでしょう。

しかし一方では、人の気持ちを大切にして受け入れる能力、また人の心をゆったりと解きほぐす、気くばり上手を好ましいものと思わないわけにはいきません。

スポンサードリンク

人は、競争に勝つ人だけが強い人とは限りません

人に競争を感じさせない人、ストレスを感じさせない人の強さというものがあります。

穏やかな人と思われるコツは、実はここにあるのです。

人に穏やかな印象を与える人は、実は「強い人」です。

たっぷりとエネルギーのある人なのです。

浅瀬の流れは速い。

勢いを感じさせることもある。

しかし深い河、大きな河は表面はなにごともないかのようにゆったりと流れます。

確かに競争心は大事ですが、常に競争社会にもまれた心にゆとりのない人が、穏やかな人だと見られることは、まずあり得ません。

競争心で常にせかせかするのではなく、常に心にゆとりを持ちながら、生きていけば、必ずあなたは穏やかな人になることができるでしょう。

まずは競争社会で生きているあなたは、この基本的な部分を頭にしっかりと入れておく必要がります。

スポンサードリンク

相手に対抗心を抱かない、抱かせない

「いつも穏やかでいいなあ」と思わせる、穏やかな人と評価される人が世の中にはいます。

そんな穏やかな人の周りには、なんともゆったりとした春風が吹いている感じで、そばにいて話をしているだけで、こちらの気持ちものんびり和やかなものになります。

この穏やかな人と、穏やかではない人の違いは、犬で例えると非常に分かりやすいです。

みなさんご存知のように、臆病な犬は、キャンキヤンとよく吠える。

しかも、ちょっとしたことで眼を三角にし、ウーウーッと、うなり声を上げて相手を威嚇する。

逆に強い犬はめったに吠えない。

また、強い犬は弱い犬の挑発にものりません。

無視するか、少々うるさがる程度です。

外国には「底の浅いヤカンはよく煮立つ」ということわざがあるように、底の浅い人間はすぐに感情をむきだしにして、先ほど例に挙げた犬と同じように、人に不満や怒りをぶつけます。

逆に穏やかな人というのは、相手に対抗心を抱かせることもありませんし、自分が抱くこともめったにないのです。

 

笑顔1つで、穏やかな人になることは可能

万人の気持ちを幸せにする穏やかな人とは、はたして何が違うのでしょうか。

ここで1つ、「無邪気な赤ちゃんの笑顔」を例に挙げたい。

美しい女性の、花のような笑顔ももちろん嫌いなはずもないのですが、赤ちゃんの笑顔は格別です。

ニコッとした笑顔もいいですが、母親にあやされてキヤツキャと笑う笑顔もいい。

こういう笑顔を見てしまうと、こちらまでもがわけもなく嬉しくなって、気持ちがほどけてしまいます。

一瞬見惚れて、後でなんとなく元気になっている自分に気づく。

つまり無邪気な笑顔ができる人が人の心をリラックスさせ、元気づけることができるというわけです。

赤ちゃんの笑顔は、間違いなく裏の顔もない、完全純粋な笑顔です。

大人になると、どうしてもその純度は薄まるが、それでも笑顔は笑顔である。

この際、「腐っても笑顔」と言ってしまってもいいでしょう。

 

笑顔があなたに与える大きな評価

それほど笑顔は、人との関わりの中で大切なもので、 また笑顔は自分自身の気持ちのためにも大いに効果のあるものです。

だから笑顔は半分、意識的にでも作ったほうがいい。

「作り笑い」というと、なにか卑屈な印象を与えかねないですが、人に「作り笑い」と思わせるような中途半端な演技ではなく、自分が心から笑えたり、微笑みたくなるような気持ちの習慣づけができれば、なお素晴らしいといえます。

あなたが穏やかな人だと思われるには、必ず笑顔は必須です。

ですから、笑い話には恥ずかしがらずに、心の底から笑ってみましょう。

相手に対して少しでも皮肉な心を持っているままでは、心から笑うことはできません。

最初にもご紹介した通り、相手に対抗心を抱かないことによって、あなたの純粋な笑顔の回数は増え、やがてそれはあなたを穏やかな人へと変化させていくのです。

 

心にゆとりを持とう

穏やかな人になりたい時に実行すべき6ステップをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

穏やかな人になることは、簡単なことではありません。

お金持ちは心に余裕があり、穏やかになることができる、なんていう人がいますが、これは事実です。

お金持ちになることが穏やかな人になる条件ともいえますが、そう簡単にお金持ちなどにはなれません。

ですからせめて、心にゆとりを持ちましょう。

時間に縛られるのではなく、常にゆったりとしたライフスタイルを維持していくのです。

お風呂に入るときはゆっくりとつかり、友達との約束もせかせかせずに、ゆっくりと過ごせるスケジュールを組む。

こんな少しの工夫が、やがてあなたを穏やかな人へと変貌させることは、言うまでもありません。

また、「息が詰まる生活を改善する方法4つ」もセットで読んでみましょう。

息が詰まる生活を改善することができれば、それは穏やかな人への第一歩となることでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP