悩み

社交性がない人が社交性を高める絶対条件3つ

Pocket

社交性がないと自分を責めてしまう人や、社交性がないから友達ができないと思い込んでいる人も多いでしょうが、そもそも社交性なんて元々誰もが無いに等しいのです。

社交性があると言われる人達が、なぜ社交性を高めることができたかといえば、それは勇気と行動の関係性が強いと言われています。

勇気と行動の関係性については後々触れていくとして、今回の記事では、そんな社交性を高める絶対条件3つについてチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

コンサルタント(プロ)が教える、人付き合いの極意とは?

誰か人と会うと思っただけで不安に襲われ、相手を目の前にすると、どきどきしてうまく喋れない。

話そうと思っていたことを忘れてしまう。

これではいけないと思うと、いよいよしどろもどろになってしまう。

誰にでもこうした傾向はありますが、そんなことが続くと人付き合いが億劫になってしまいます。

そしてもっと社交的にならなければと思う気持ちのはざまで苦しむことになる。

人がたくさんいるところに行くのが辛い、人と話すのが苦手、積極的にならなければならないと分かっていながらそれができない。

もしあなたが、そのような傾向にあり悩んでいるのならいい方法をご紹介しましょう。

【人間関係のコンサルタントをしている人が教える実践法】

その社交上手な女性は、話の手がかりが持てない相手に対しては、他の人と話しているのを五分ほどじっと聞いているのだという。

もしくは、ひたすら話の聞き役にまわるそうです。

そして相手のことをおおよそ理解して、それから話に参加していけば話がかみ合わないこともないし、気まずさも少なくてすむという。

そしてなんとか共通の話題を持てたら、その話題をうまく利用して、相手との関係をリラックスしたものにさせるのだそうです。

もっとも、これは上級者向けのものだと言えるでしょう。

一般に人付き合いが苦手だという人は、どちらかといえば神経質で内向的な性格の持ち主で、劣等感を抱えているようです。

特に若ければ若いほど世の中のことは知らないし、自分の能力も分からずに人生経験も少ないから、人と対したときに不安や恐れを感じてしまうのです。

スポンサードリンク

普段の表情や言動を振り返ってみる

アメリカの大学教授が調べた調査結果によれば、社交性が低い人ほど普段の表情が暗く、人を引き付けるような言動が少ないということが分かっています。

ここで、あなた自身を一度振り返ってみてください。

そもそも社交性の高い人というのは、笑顔の回数が多かったり、ポジティブな考え方をしている人が多いというイメージがあるのではないでしょうか。

これはその通りであり、人は一緒にいて笑顔になれる場所や楽しい話しを共通できる場所に集まります。

つまり自分が相手に求められるような人間になることができれば、人は寄ってくるのです。

自分から積極的に話しかけることはできない、または友達に誘われない…という悩みを持っている人でも、自分が魅力的な人間になることを意識すれば、おのずと人は集まるはずなのです。

そして何より、人間というのは普段の表情や言動が行動へと変わり、ニコニコしていれば会話や付き合いにも積極的になったりするものなのです。

 

相手を恐れていては始まらない

厳しいことを言うようですが、人と接することに恐れをなして心を閉じてしまうようでは、相手だっていつまでたっても心を聞いてくれはしません。

逆にしどろもどろでも、何とかコミュニケーションをとりたいと頑張っていれば、ときには恥をかいたり、嫌な思いをすることもあるかもしれませんが、受け入れてくれる相手も少なからず存在するのです。

仮に失敗したって、たかが人間関係と開き直りたいものです。

人生に失敗はつきものです。

ましてや会話がうまくいかなかったからといって、それで人生が終わってしまうものでもない。

人と会って顔が赤くなったり、しどろもどろになったりする自分を嫌いにならず、そのうちよくなると諦めてしまわないことが肝要です。

実は社交上手になるのは、何も難しいことではないのです。

ちょっと勇気と根気を持って、焦らずに気楽に努力を続けること、これしかないのです。

また、「嫌われ者から人気者になる方法」もセットで読んでみましょう。

社交性が高い人は人気者になる傾向が高く、人気者になる方法を知れば、それは社交性が自然と高くなるということに繋がるのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP