心理

相手の顔色で分かる無関心の意思表示とは?

Pocket

頬づえ、それは無関心の意思表示?

一人の魅力的な異性がテーブルに頬づえをついて、物思いにふけっている様子を思い浮かべてみてほしい。

そして、この人物の心理状態がいかなるものか、どんなふうに思いをめぐらせているのかを想像してみよう。

いったい、どんな答えを導き出せるだろうか。

スポンサードリンク

何か気に病むほどの悩みを抱えているのかもしれない。

何か楽しいことを考えながら、想像を膨らませているのかもしれない。

心が引き裂かれるような悲しみに浸っているのかもしれない…

 

などと、何かに気持ちを集中させているはずだと解釈する人が多いのではないだろうか。

頬づえは、たしかに気持ちを集中させているときに見られるポーズである。

しかし、それだけではない。

 

何かを考えているのではなく、ただ退屈しているだけというケースもある。

ちょうど、だだっ広い教室の中で魅力的でない教授が魅力のない講義を展開しているときの学生のように、時間が早く過ぎてくれればいいのにと思っているのかもしれないのである。

先ほど想像してもらった魅力的な異性が、ただ退屈していたわけではないのではないかと分析した人は少ないはずである。

 

その大きな理由は、はじめにその異性が魅力的だという前提を示したからだろう。

何しろ、私たちは魅力的な異性に対しては、評価が非常に甘くなり、自分の思い描く理想像に近づけて、都合のいい解釈をしてしまうクセがある。

魅力的な人が退屈などという、非生産的で面白みのない行為をするはずがないと思っているからである。

スポンサードリンク

集中している頬づえ、無関心の頬づえ

 

現実に、自分の目の前にいる意中の異性が会話の最中に頬づえをついたとしよう。

そのポーズからは何を読みとれるだろうか?

前述の例のように、気持ちを集中させている証拠であると判断する人が多いだろう。

 

もちろん、そのように判断してもいいケースもある。

話を聞いている最中に自然と頬づえをつくのは、話の内容や話し手に対して興味が探まり、できるだけ集中したいという心理を表す。

いうまでもなく、好意の意思表示である。

 

しかし、一方で話している人にもその内容にもまったく興味をそそられず、できれば話が早く終わってくれればいいのに、という思いがかすめたときにも、やはり同じように頬づえをつく。

こちらは無関心の意思表示といえる。

もっと極端な場合、実は自分は退屈しているのだということを示すために、意図的に頬づえをついてみせることもある。

 

これは、まさに拒絶の意味である。

実際に会話を交わしている意中の異性が頬づえをついたとき、その行為だけで判断することはできない。

ほかの部分の変化や、その場に流れる空気を冷静に読めば、正しく判断できるはずである。

 

しかし、自分にとって魅力的な異性を前にすると、気持ちが舞い上がってしまい、冷静になるどころか、自分の都合のいいように曲解してしまいがちだ。

頬づえには、たしかに深い意味がある。

そして、そこに込められた思いは、「好意」か「拒絶」か、まさに両極端。

 

しかし、いずれにしても、相手の真意を測るためには非常にわかりやすいポーズである。

これに注目しない手はない。

ただし、曇った目での身勝手な判断は苦悩の元である。

 

関連記事

→照れる男性心理の裏側に隠されたあるものとは?

→距離が近い女性の心理はこれだった!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP