心理

目立ちたがり屋の心理

Pocket

世の中には、目立ちたがり屋もいれば、控えめで目立ちたくないという人もいます。

今回はそんな中でも、目立ちたがりやについて。

心理と扱い方をご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

目立ちたがり屋の心理と扱い方を詳しく見てみよう

 

目立ちたがり屋な人ほど、注目を浴びたいと思うわけですが、まずは心理の前に特徴をご紹介していきましょう。

目立ちたがり屋の人に多く見られる特徴とは、以下の様な共通の特徴があります。

 

・派手好きで流行を追う

・人からいわれるとすぐその気になる

・空想にふけりやすい

・自分の能力とつり合わないことを望む傾向がある

・人をねたみやすく、すぐ悔しがる

・プライドが高く、自己中心的で、そのときの気分で動くタイプ

・どこにいても中心的な存在で目立つ

・サービス精神は旺盛で話し上手

スポンサードリンク

目立ちたがり屋の人というのは、とにかくファッションも派手で、会話に関しても、聞くより話すことを好む傾向にあります。

しかし、話題の中心はいつも自分でなければならず、他の人の話題になると興味が無いのか、自分の話題に戻そうとします。

まさに、「あんたが大将」という人です。

 

こんな、目立ちたがり屋の人との付き合い方ですが、わりと簡単です。

とにかくおだてられて、ヨイショされれば上機嫌。

自分の話をし始めたら、おもしろそうに耳を傾け、「さすがOOさん」「すごい」などと、おおげさに褒める。

ちょっとやりすぎかなと思うくらいでもちょうどいいかもしれません。

 

この目立ちたがりの人は、絶賛されればされるほどテンションが高くなり、その場はますます盛り上がるはずです。

「わからない」「知らない」は、この人の辞書にはない言葉である。

自分の知らないことや、分からないことを皆が話していると不機嫌になり、話題を変えようとする。

この時、目立ちたがり屋の人に対して、「えっ、知らなかったの?」は禁句です。

 

また、ゲームでも負けると異常に悔しがり、「こんなものくだらない」などと怒り出すこともあります。

人への対応が、どちらかといえば子供っぽい、といえば分かりやすいでしょうか。

ささいなことが原因で攻撃対象にされる場合もあります。

もちろん、一緒に行動していると、振り回される場合もあります。

 

しかし、本人は周囲の人に迷惑をかけているなどとは、少しも思ってもいません。

こういった、なかなか付き合いづらい一面があるのです。

 

目立ちたがり屋の人に対しては、あまり刺激せずに、利害関係のない立場にいるのが無難です。

皆の中心にいると、とても楽しいし、座を盛り上げる才能はバッグンです。

ただの友だちである分には楽しくつきあえる。

この人の得意な話題に話を向ければ、いろいろなおもしろい話を聞かせてもらえる事は間違いないでしょう。

 

 

目立ちがり屋の人ほど、時に見栄っ張りになってしまうことも…

 

目立ちたがり屋の人が、しまいがちな行動のといえば、圧倒的に多いのが、見栄を張ってしまうことです。

見栄を張り、大きな嘘をつく。

そして、周りからの注目を集めようとするのです。

 

これが原因で、嘘つきと周りから言われるようになった、目立ちたがり屋の人はたくさんいるはずです。

また、見栄を張り続けたところで、いつかはバレてしまうんですよね。

そして、本人には分からないように影で、悪口を言われたり、話のネタにされたりするのです。

目立ちたがり屋の人も、そうでない人も、見栄の張り過ぎには気をつけましょうね。

→見栄を張る心理

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP