心理

男性と女性のピアスを開ける心理は違うのか?

Pocket

耳で診るピアスの数は、何の数とイコール?

イヤリングの歴史は4000年にもおよぶという。

もともとは災いから身を守るためにつけられたものだが、その後は富と社会的身分を表す装飾品として用いられるようになった。

また、耳は知恵を取り入れるための部位であるという考え方もある。

スポンサードリンク

大きな耳を持つということは、それだけ多くの知恵を得ることができ、さらに知力を伸ばすことができるという理由から、耳の大きい人はお金持ちで頭もいいという俗説が生まれた。

そのため、かつての賢者たちは、競って耳に重い飾りをつけるようになったという。

いずれにしても、いつの時代も、耳は単なる集音器ではなく、そこに装飾を施すことによって、自分の願いや主張が込められていたのである。

 

そして、現在の日本では耳にピアスをする若者が激増しているが、これを単なるファッションの一現象としてとらえるのは、あまりにも浅薄である。

とくに男のピアスは、年配の人々からひんしゅくを買いながらも、さらにその数を増やしている。

そして、そこには、彼らのあるメッセージが込められているのである。

スポンサードリンク

アスをつけたがる人は、何を表現したがっているのか?

ピアスの穴は、彼らにとっては「風穴」である。

現状に不満を持っているものの、その不満を解消する術が見つからない。

だからといって、妥協するつもりも流されるつもりもなく、何とかして違う風を吹かせたいという意思を持っている。

 

ピアスはその表現手段であり、いわば反乱分子たちのバッジなのである。

目立たないようにひっそりとつけている場合はその限りではないかもしれない。

しかし、まるでまわりにアピールするかのように、あえて目立つピアスをつけている人は、まわりに対して明らかに何かを働きかけている。

 

そして、自分では気づかないうちに、自分と同じ志を持つパートナーを探しているのである。

そのために、彼らは恋愛相手も反乱分子のバッジをつけていることを望む。

また、つけているピアスの数は、そのまま不満の度合いを示している。

 

その度合いが近けれ ば近いほど結びつきは深く、無意識のうちにそういった相手を求める。

また、彼らの不満は、社会や年配の人々といった外敵に向けられるだけとは限らなぃ。

多くの場合、自分自身の内側に不満を抱いていることがある。

 

自分がそれに気づいている場合もあるし、自分ではそのことに気づかないまま欲求不満だけを募らせている場合もある。

それでも、やはり彼らは同じ思いを持った相手をすばやくキャッチする。

互いに引かれ合うといってもいいだろう。

 

好きになった相手の耳にピアスが光っていたら、その人が持っている不満を理解することからはじめるべきである。

自分も相手と同じ数のピアスをするという思いきった方法に出てしまうのが、その相手に近づく一番の近道ではある。

人は同じにおいを持つ人に引かれる。

 

近づくことはたやすい。

しかし、恋愛関係を紘いでいくためには、二人の関わり合い方を慎重に考えていかなければならない。

不満を語り合うだけでは、さらに不満の量を増幅させるだけである。

 

前進することもなければ、答えも見つからない。

「同病相憐れむ」という状態を延々と引き延ばすだけである。

彼らが本当に求めているのは、傷を祇め合う相手ではなく、反骨精神を理解した上で、一緒に答えを探してくれる相手である。

そこを見誤ってはならない。

 

関連記事

→好きな男性を振り向かせるにはこのマジックを使う!

→仲良しカップルの秘訣と法則はここにあり!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP