心理

男性が背中を叩く心理は本命のサイン!

Pocket

「背中」が物語っていること

背中は「寡黙な努力家」と表現されることがある。

人聞が二足歩行になったときから、背中の筋肉は常に過酷な労働を強いられてきた。

「男の背中には哀愁がある」などのように、中年男性を椀曲的に称えるようなフレー ズがあるが、これも毎日の労働に耐えている男性本人と、その背中に対するねぎらいの気持ちが込められているのであろう。

スポンサードリンク

背中は、手や足のように目立った動きをするわけではなく、しかも自分の手で直接触れることも、癒すこともできない位置にある。

日々の緊張や労働にただただ耐えるだけの、けなげな部位であるといえる。

自分の背中には触れることはできないが、他人の背中ならそれができる。

 

たとえば、自分の背中がかゆくても、自分の手で掻くことはできない。

そのもどかしきを解消するためには、「あなたの背中を掻いてあげるから、私の背中を掻いてください」というしかない。

ここでは、自分の思い通りにはならないことを相手にゆだねるという条件づけをすれば、少しでも可能にできるという心理が働くわけである。

 

人の背中に触れることは、自分に触れてほしいという願いを込めていると同時に、 自分をいとおしいと思うくらいにその人をいとおしく思っているという証である。

過去を振り返ってみれば、誰しも思い当たることがあるだろう。

幼いころに母親の腕でしっかり抱きしめられたとき、その背中には、母親の温かな手を感じていたはずである。

 

お風呂で家族や友人と背中を流し合ったことを思い出す人もいるだろう。

安らぎと愛情が込められたその手に触れられることで感じた喜びは、大人になったいまでも、幸せな記憶として残っているのである。

背中に触れるという行為は、さりげないけれども、心の中にしまい込んでいた温かな記憶を呼び起こす力がある。

触れられる側はもちろんだが、触れる側も同様である。

スポンサードリンク

すぐに背中を叩く人に騙された願望とは?

背中に触れるといっても、日常的によく見られるのは、背中を軽く叩くという行為である。

がっくりと肩を落として落ち込んでいる人の背中を叩いて、なぐさめ、励ましてあげる。

成功を手に入れて喜んでいる人の背中を叩いて、祝意を伝える。

 

久しぶりに再会した友の背中を叩いて、友情を確かめ合う。

力を貸してくれた人の背中を叩いて、感謝の気持ちを伝えるなどなど。

こうしてあげてみると、すべてに抱擁の意味が込められているのがおわかりだろうか。

 

背中を叩くというのは気軽にできる動作だが、実は、愛情を込めて抱きしめているのと同じことなのである。

とくに、あまり体に触れ合うことを好まない日本人の場合には大きな意味を持っている。

おそらくこれまでにも、異性から背中をポンと叩かれたり、背中に触れられたりしたことがあるだろう。

 

それは、その人があなたに向けた「抱きしめたい」という意思表示なのである。

街中を歩いていて、突然、後ろから背中を叩かれて振り返ったとき、そこには愛情のこもったやさしい表情があったはずである。

合コンのあと二次会に場所を移すとき、「こっちだよ」と背中に手を当てて誘導してくれた人は、おそらくあなたにターゲットを絞っていたはずである。

 

関連記事

→恋する女を演じる心理は実はとても大事!

→目を見て話す男性心理はこれ!

スポンサードリンク

コメント

    • 美奈友 優良
    • 2015年 6月 11日

    好きな人の背中に触れたくて仕方ないのですが、抱擁の意味もあるというのは奥が深いなとしみじみ思いました。

      • dizuni
      • 2015年 6月 12日

      美奈友 優良さん、コメントありがとうございます。
      これからも共感してもらえるような情報をたくさん提供したいと思います。
      好きな人と結ばれるように頑張ってください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP