恋愛

男心をわしづかみにして離さない方法

Pocket

男に自信を持たせる『上手な甘え方』

いい男を育てるには、言葉がいちばん。

けれど、それだけでは足りません。

ときには言葉ではなく態度で「あなたは頼りになるいい男なのよ」というメッセージを送ってあげる必要があります。

態度で示すとはつまり、上手に甘える、ということです。

スポンサードリンク

たとえば、彼と食事に行ったとき。

おいしい食事を終えて会計をするときに、彼が2人分の料金を払ってくれようとしたとしましょう。

そこであなたが、レジのあたりで財布を出して「大丈夫。自分の分は出すわ」などと言ったら、彼の面目は丸つぶれです。

お店の庖員さん、そしてほかのお客さんの前で「甲斐性のない男」というレッテルを貼られたも同然となってしまいます。

 

こういうときには素直に「ありがとう」とお礼を言って、彼の厚意に甘えましょう。

そしてお店を出たあとにでも、「じゃあ、今度お礼に、とびっきりのご馳走をつくらせてね」とでも言い添えればいいのです。

 

彼は大いに満足してくれることでしょう。

女性が甘えてくれなかったら、男性は「自分は頼りにされていない」と思ってしまいます。

そして、自分の「能力」を発揮する場面を失い、気づかないうちにセルフイメージがレベルダウンしていきます。

スポンサードリンク

その反対に、普段しっかりとした女性が「自分の前だけで」ちょっとした弱さを見せてくれると、「ああ、彼女はあんなに強がっているけど、僕の前では素直になって、ありのままの自分を見せてくれる。僕が守ってあげなくちゃ」と感じ、自信をつけて「いい男」に成長していくのです。

悩みごとを相談したときに「あなたに聞いてほしかったの」と言い添える。

あるいは、彼が「男」を発揮できるような力仕事をお願いする。

自動車の車庫入れをお願いする。

そして、必ず「ありがとう!」と心から感謝の言葉を捧げる。

ほんのちょっとしたことで構いません。

上手に甘えることは、いいお付き合いの基本中の基本だと思ってください。

 

 

男は女性のこんなところを見ている!

 

男とは、意外と女性の細かい行動を気にするものです。

例えばこんな行動。

コンビニで買い物をした時に、店員さんに向けて、「ニコニコ笑顔で対応するのか?」こんな一つの行動だけでも、男性は『この子はなんていい子なんだ…』

そんな風に思ってしまう単純な生き物なのです。

 

つまり、本命の男の前では、細かな行動を気にする必要があります。

例えば、デートの時には少しだけ香水をつけていく。

売り物を手にとったのであれば、しっかりと元の形に戻す。

食事の時に、やしゃがむ時などは、大胆な行動をしない。

 

このような少しのことを意識するだけでいいのです。

男性が思う「女の子らしい女の子」というのは、こういう行動をする女性の事を言います。

ですから、あなたもこういった小さな行動に気をつけて下さい。

小さなことに気をつけることで、男性はあなたに対するイメージが「可愛らしい女の子に変わる」

そうなると、男性の脳は「守ってあげたい女性」に変わるのです。

そうやって、男心をわしずかみにしちゃいましょう。

 

 

最後に

 

男心というのは、知っておいて損することはありません。

なぜなら、男性は鈍感な生き物でして、女性が男心をわしずかみにしようと思っている!!

なんてことは、ほぼ9割型の人間は考えないからです。

ですから、一度覚えると、それはもうあなたの武器になるでしょう。

武器を持っている女性は、結婚にも有利。

そして恋愛にも有利なのです。

あなたもそうやって、男性から守られる、尽くされる女性になりましょう。

 

関連記事

→私は幸せになれない理由は恋愛にある?

→顔の表情心理学で見極めろ!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP