恋愛

男友達が多い女性の特徴

Pocket

気楽で楽しいお友だち関係から抜け出すには

恋愛ができにくいタイプの女性の特徴のひとつに、無類のお友だち好きがある。

彼女はお友だちが大好き。

誰でも彼でも、すぐにお友だちにしてしまう。

一見明るい性格のようだけど、自分の都合のいい時だけ適当なお友だちをピックアップするのが彼女だ。

スポンサードリンク

こういう女のコは、恋人をつくるのが難しいだろうな、と私は思う。

お友だちは気楽な存在だ。

みんなでワッと騒いでそれでおしまいなんだから。

でも、恋愛はそうはいかない。

 

恋愛関係にはある程度持続力が必要。

お友だち関係にはそういうものはほとんどといっていいほどいらない。

お友だちなら得意なんだけど、恋人は苦手というヒトは、お友だち関係の気楽さにどっぷりつかっているのかもしれない。

 

お友だちなら、自分の好きな時に連絡して、その気がない時は一か月でも二か月でも連絡しなくたってかまわない。

自己中心でスケジュ ールが組めるわけだ。

ところが恋人相手ではそういうわけにはいかない。

どんなにいやでも、必ずそこには一種の束縛が生じる。

スポンサードリンク

とっても自由に見える恋人同士でも、全然束縛がないということはありえない。

私がかつて知っていたある女性は、彼が東北にいて、彼女は東京という状況だった。

これがお友だち関係ならまったく問題はない。

ところが、彼女は東京にいてもそばに彼がいないものだから、さびしくてしかたない。

 

そこで、彼以外の男性とデートして体まで許してしまった。

よく聞いてみると、彼が彼女をほとんど束縛していないようだった。

これはやっぱりまずい。

あまりにきつい束縛は逆効果だとしても、適度な束縛はないと困るのだ。

 

お互いに束縛しないお友だち関係の気楽さに慣れてしまうと、いちいち今日は何していたのかなんて聞いてくる。

そういうふうに女性に聞く男性もいる。

この男性の気持ちは、私にはわかるけど恋人は面倒になる。

それにお友だち関係は、楽しい場面だけをつなぎあわせるのも可能だ。

けんかをしたりするほどお互いの深いところまで知る必要もないし、相手がいやがっているようなことはあえていわなければいいし、ほどほどの楽しいつきあいでやっていける。

 

恋人同士は、そううまくはいかない。

相手にしてもらいたくないことは、はっきりいわなければならない。

その結果、けんかになる場合だってある。

とかく面倒でやっかいな関係が生じる。

 

そうなのだ。

恋愛は面倒なものなのだ。

男にとっても、女にとっても。

楽しいけど無責任なお友だち関係のほうが、ずっとずっと楽に決まっている。

恋人はいないけど男友だちの多い女のコは、恋愛の面倒な部分をパスしたがっている。

その面倒な部分に、同時に面白さもあるのに、ボーイフレンド (お友だち)がいっこうに恋人に昇格しない理由は、面倒な関係になるのを女のコのほうが恐れている場合がほとんど。

 

エネルギーをそこまで使いたくないと彼女は思っている。

でも、ボーイフレンドのほうは、もしかしたら彼女の恋人になれるかもしれないと思っている。

それなのに彼女に全然その気がないのは、恋愛法則に反しているのだ。

私たち男は期待している。

もしかしたら、今は単なるボーイフレンドだけどそのうち恋人に昇格するのでは…と。

 

こう思うのはむしろ自然だ。

こう思わないで女のコとお友だち関係をずっと続けている男がもしいたとすれば、彼はホモかもしれない。

ホモの男性は女のコとごく自然にお友だちになれる。

オカマと呼ばれるヒトたちがそれだ。

彼らにとっては、女性は恋愛の対象ではなく単なるお友だちだからだ。

 

一番困るのは、ホントの恋愛関係になりたいのに、それを素直に表現できず、ずるずると男性とお友だち関係を続ける女のコ。

しかも彼女が誰が見てもチャーミングな女性だったら、もっと罪な話になる。

男のお友だちと恋人とを、もっとはっきり区別したほうがいい。

変に八方美人になろうとするのはよくない。

恋愛するのがこわいので男性とお友だち関係を続けようとするのは、決していいとはいえないのだから。

 

関連記事

→男運がない女100人の特徴

→付き合わない方がいい男の特徴

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP