恋愛

男が複数の女を愛せる理由。デートは当たり前?

Pocket

男性が複数の女性を求める理由

この男たちの心理をもう少しくわしく考えてみれば、なぜ男たちは恋人や 妻がいても、ほかの女に手を出すのか、それも、成功した男ほどすぐに手を出すのか?

これがよくわかってきます。 男たちが浮気をしたり愛人をつくったりするとき、頭のどこかでこのテリトリーゲームを行なっているのです。

スポンサードリンク

ちょっと浮気して確かめてみて、そのうち信用がおけそうな女性を愛人にするのは、自分のテリトリーを広げているのであって、愛人はテリトリーの中の砦か城のようなものなのです。

このようなテリトリーゲームを行なっている男は、しばらくの聞は新しい砦のほうがものめずらしいし、心配でもあるので、そっちにばかり目がいくかもしれませんが、実際は奥さんや、前からの愛人を嫌いになったわけではないし、以前から確保していた砦や城を放棄しようと思っているわけではないのです。

 

男性ってよく「出来心で…」

なんてイメージありますよね?

まさにこの事なのです。

次に、浮気相手に関して、男性はどう思っているのかについてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

愛人をつくるのは支店を増やすこと!?

 

正直なところ男の心の中では、愛人をつくるのは、悪いことでも、やましいことでも、不道徳でも、みっともないことでもありません。

また、そんなマイナスのことではまったくなくて、スーパーマーケットを経営している人が支店を一つひとつ増やしていくときに感じるように、まったく自然で、嬉しいことで、すばらしいことで、誇りにすべきことなのです。

 

愛人をつくることは、支店を増やすのと同じように、自分の勤勉さと能力と勇気と才覚の証明であって、人に自慢して歩きたいくらいのことなのです。

世の中を見れば、実業家にしろ、芸術家にしろ、スポーツ選手にしろ、優秀で努力家な男性ほど愛人を多くつくっているようです。

これは当然のことなのです。

 

愛人など一人もつくらないで、奥さんのもとに毎日せっせと帰って来るという男は、古代社会でいえば、テリトリーゲーム(強い男を証明するゲーム)に参加しないで、 いつも村の片隅で女性といっしょに畑を耕している男のようなものです。

こんなことを書くと、わたしは世の中の女性みんなから嫌われてしまうような気がしますが、これこそが男の本音です。

今はこういう愛人をつくる男のことを「無責任だ」とか、「成熟していない」とか、「幼稚だ」とか、「自分から逃げている」とかいいます。

 

そのようなことをき守つ人はこんな当然の事実をなにもわかっていないか、わかっていながらわかっていないふりをしているなのだと思います。

でも、わたしたちふつうの男にはたいてい愛人などいないし、いたらいたで大変な事態 になってしまうのも事実です。

 

関連記事

→強がりな男性心理。気が弱いと認めない!

→強い男が好きな女性心理は古代にあった!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP