心理

気になる人が好きか確かめる・確認する方法!

Pocket

脈のあるなしの答えは「舌」で出す?

私たちの舌は、食べる、味わう、話すという、生きていくために必要な役割を担っている一方、人にメッセージを伝えるという役目も持っている。

ひとつは拒絶を表す メッセージで、もうひとつは欲望を表すメッセージである。

生まれて間もない乳児を身近で見たことがある人であればご存じかと思うが、母乳やミルクで満腹になったときに、乳首を拒むかのように舌を固くして突き出す。

スポンサードリンク

このときの気持ちを言葉にすれば、「もう十分だから、近づけないで」というところだろう。

なかには、「見るのもイヤだ、あっちに行け」という意思表示をしている過激な乳児もいるかもしれない。

乳児に限らず、口の中に嫌いなものが入ったときにそれを出すのは舌の役目である。

 

これが、心理的に嫌いなものを出す、つまり、拒否するときにも使われるのだ。

よく、子供たちが対立した相手に対して、下まぶたを指で引き下げて赤い部分を見せて「あかんべえ」をするときに舌を出すのも同様である。

「こっちにくるな、おまえなんか嫌いだ」と言葉に出したいけれど、出す勇気もきっかけもないときに使う技である。

 

しかし、この動作は、何も子供だけに見られるというわけではない。

招かれざる客を撃退したいときに思わずとってしまう動作でもある。

ひとり静かに音楽を聴いているときに、来訪者を知らせるべルが鳴ったとする。

 

おそらく、反射的に舌打ちをしてしまうか、舌を突き出してしまうだろう。

締め切り間近の仕事に集中し、このままのテンションを保って進めばもうすぐ完成するというときに、「これも追加です」と新たな書類を差し出されたとする。

できればその書類を投げ捨てたい。

スポンサードリンク

しかし、そうもいかないので、その代わりに「まいったなあ」と心の中で思う。

そのとき、無意識に舌を出しているのだ。

苦手な人、話も相性も合わない人、そばにいてほしくない人に対しては、満腹にな った乳児が乳房を拒むように、舌が拒絶の反応を見せることがある。

 

この場合、舌に力が入り、固くなっているのが特徴である。

一方、欲望を表すメッセージの場合には、舌には力が入っておらず、ゆっくりとした動きを見せる。

それは、お腹をすかせた乳児が乳房を求めるがごとくである。

 

最も特徴的なのが、舌なめずりのような、 狙いを定めた獲物に食いつこうとするかのように、直情的で動物的な印象を与える動きである。

舌なめずりほどあからさまではないが、ゲットしたい異性を見つけたときに、思わずぺろりと舌を出すことがある。

これは、舌を使って口の中に好きなものを入れる動作の表れで、性的に相性がいいと判断したサインである。

 

相手の目的がはっきりしているので、サインを送られた側は、是か非か、どちらにしても答えが出しやすい。

固く突き出された舌は拒絶のサイン。

滑らかな動きのある舌は欲望のサイン。

見た目にも非常にわかりやすい。

 

関連記事

→心理学を使い体の動きで嘘を見抜く方法

→いい男や彼氏に愛される条件は?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP