恋愛

本当の好きって何?分からない人へ。

Pocket

「あんなに素敵な人がどうして私を」と思う恋は本物

恋に条件はありません。

恋に理由はありません。

もし相手が頭がいいから、学歴がよくて出世しそうだから、容姿がスマートだから、お金をもっているから、という理由で好きだというのなら、それはその人を愛していることにはなりません。

「好き」「愛している」という感情には《だから好き》という理由などなく、《ただ好き》なのです。

好きになってから、あらためて相手をよく知ると頭がよかったりお金をもっていたり、スポーツが得意だったということはあるでしょう。

しかしそれはあくまであとのこと。

スポンサードリンク

恋のスタートはなぜかわからないなど、その人が好きというのが本物なのです。

逆に言えば「自分なんてとくに綺麗でもないし、カッコよくもないのに、どうしてあんなに素敵な人が私を好きなのだろう」というように理由がわからないとき、あなたは本物の愛を手に入れたといえるでしょう。

自分が自分らしくあることに自信をもってください。

 

あなたはとびぬけて綺麗ではなくても、スタイルがよくなくても、あなたであるというだけで愛されたのですから。

「なぜその人が好きなの?」という質問は愚かであるといえるでしょう。

もしそう問われたら「彼(彼女)が彼(彼女)だから」という答えしかないのです。

 

さてこのように、愛はその人がその人であるだけで十分なのです。

ですから、真の愛を知るとコンプレックスはなくなってしまうものなのです。

なぜなら愛されることに条件は必要なく、だれかと美しきや学歴や経済力の比較や勝負をする必要がなくなるからです。

スポンサードリンク

だれかと比較してあなたがスマートでなくても、だれかと比較してあなたが背が高くなくても、だれかと比較してあなたが若くなくても、あなたは愛されるのです。

あなたがあなたであるだけで、愛されるためにとダイエットしたり整形したりする人がいますが、それは本物の愛を獲得することにはなりません。

その人の属性(条件)が気に入られることはあるでしょう。

 

しかし、それは条件がなくなればもう愛されないということになるのです。

ほんとうの愛を知るために必要なことは条件をととのえたり、追求することではなく、自分のもっているよさを見つけ、それに磨きをかけ、自分らしい生き方をすることです。

だれかと比較して勝ったり負けたりすることではなく、自分らしさが輝いている人は、必ず本物の愛に出会うことができるのです。

 

ですから、愛されたいと思っている人は、自分の特性を見つけ、自分がもっとも生き生きとしていられる生き方を見つけることです。

努力をすることがイヤではないことが、その人の才能なのですから、あなたにとって努力が苦痛でないことを見つけ、それを続けることが、あなたがとっても素敵になる方法です。

 

関連記事

→すぐ不安になる彼氏に。解消方法は?

→彼氏がすぐ怒る。キレたら怖い。対処法って?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP