旦那の朝帰りを上手に止めさせる方法5選


旦那の朝帰りに頭を悩ませている女性は多く、特に何度も注意をしても朝帰りを止めない旦那に対しては、心底苛立ちを感じている女性も多いでしょう。

旦那の朝帰りという行動に対して、仕返しを考えた結果、小さな仕返しでストレスを発散している女性も案外多く、それだけ多くの女性が旦那の朝帰りへの対処法が分からない状態であることは確かでしょう。

今回の記事では、そんな旦那の朝帰りを上手に止めさせる方法について、ダメは注意の仕方と男心を掴む注意の仕方という分部を中心的に、話を進めていきます。

スポンサードリンク

朝帰りはこう注意する

特にストレスの多い時期には、男女ともにいつも以上に安心と精神的な支えを必要とします。

例えば、女性の場合は自分の言うことに旦那があまり注意を向けていないと感じると、女性は余裕をもって優しく対応するどころか、かえってどんどん話しかけてしまいます。

男性もまた同じであり、問題解決に努力したり、再び繋がり合う準備をしたりするために、一人の時間を過ごしたいだけなのに「悪いヤツ」呼ばわりされてしまうと、優しく接し続けるのは至難の業です。

朝帰りをする旦那に対して、注意する際に揉め事を最小限にするには、お互いに「あなたを理解していますよ」「あなたの考え方のいいところを評価していますよ」と伝える時間をもっととるととです。

たとえばこんな言い方がいいでしょう。

「それなら納得だわ。あなたが言ってるのは〇〇っていうこと?」など、旦那朝帰りの理由について、話の内容をもう一度くり返して確認する気遣いをすると、会話はうまくいきます。

 

考えが異なる場合のポイント

rikaidekinai

互いの考え方が異なるときは、次の三つの段階を経ればより高確率で解決の道にたどり着くことができます。

1.相手の考え方を「理解しているよ」と伝える気遣いをする。

2.この争いが二人にとってどれほどの重要性をもつか考える。双方にとってけして重要でないなら、とにかくケンカを収束させることに集中しよう。

3.両者の求めているものを同時に満たせないなら、妥協が必要です。

スポンサードリンク

旦那をイラつかせるこの一言

下記にお伝えする発言は、旦那をイラつかせてしまい、ストレスの原因を作ってしまいかねません。

そんなことをしてしまえば、旦那はストレス解消や家にいたくないという思いがさらに募り、朝帰りを止める努力をしなくなってしまうかもしれませんから、注意する時な下記のような発言は避けましょう。

「私の話なんか聞いてないんでしょ」

「理屈ばっかりね。どうしたらあなたとまともに話せるの?」

「どうしたら〇〇なんていえるの?」

「〇〇すればよかったじゃない!」

「あなたはそんなこという人じゃなかったのに!」

上記のような、決めつけとも思える一言を旦那に言ってしまえば、旦那は殻に閉じこもり、あなたに対して心を開かなくなる関係性を作ってしまいかねません。

このような、あからさまに揉め事に発展しそうな話し合いでは、特に決めつけるかのような一言を言うのは避けましょう。

注意するはずが旦那をイラつかせてしまっては、旦那があなたに対して無関心になっていくばかりです。

 

事態をよくするひと言

逆に、旦那をイラつかせないスムーズは話し合いの進め方ができる女性というのは、以下のような注意の仕方ができる女性であります。

「もう一度、最初から説明させてね」

「あなたが〇〇というなら、話はわかるわ。私がいいたいのは…」

「あなた今、意地を張っているみたい。あとでもう一度話さない?」(といってその場を離れる)

「あなたの言う通り、私は〇〇じゃなかったよね。今はあなたが〇〇だとわかるわよ」

「最初、私はあなたの話をわかっていなかったみたい。つまりあなたは〇〇といっているのよね」

上記のように、女性は不信感いっぱいの皮肉で旦那を挑発せず、旦那のいったことをポジティブな視点から振り返るべきでしょう。

「話を聞いてくれない」と責めるより、もっと理解してもらえるようにしてください。

間違っても、朝帰りにムカついたからといって、顔を見るなり怒鳴るなどの行動は避けましょう。

 

男心を掴むこの言い方

男心を

女性がケンカを回避するためにできる一番簡単なことは、「イヤなことがあったときには旦那ではなく、女友だちと話す」ことです。

そうすることで女性は自分の気持ちを整理でき、ネガティブな考え方を捨てて、オキシトシン濃度(幸せを感じる濃度)を回復できますし、より建設的な話し合いをする準備ができます。

女友だちとひと通り話すと、「ちょっと違った視点から考えてみてもいいかも」という気になれるのです。

女性はストレスを抱え込みすぎると、全面的に妥協してしまうか、あれこれ要求しすぎてイヤな女になってしまうかという「ゼロか100」のアプローチをとりがちですが、もっとバランスのよい解決法があります。

女性は男性から見ると、的外れなことを質問しがちな上、「自分がどう思うか」ばかりを話すので論点がどんどんずれていってしまいますが、男性は自分の論理が通っていること、正しいことを何よりも重要視するので、あれこれ質問するよりも、男性のいったことを少しいい換えてくり返してあげるといいでしょう。

いくら「上手く」ケンカしようと努力しても、ケンカをすっかりなくすことはできないと思いますが、女性が感情を露わにしたり、クドクドした質問をしたりすることが、一番男性のプライドを傷つけてしまいますから、「男心」に効果的な柔らかい言い方をマスターしてください。

 

ペナルティーをかそう

いかがだったでしょうか。

何度注意しても朝帰りを止めない旦那に対しては、ペナルティーをかしましょう。

ペナルティーをかすに当たっては、朝帰りをした時の話し合いの際に、お互いで「これでいいのか?」という確認をとりつつ、ペナルティーを決めるといいでしょう。

一方的に決めつけてしまうと、旦那からすれば俺は納得していなかったという言い訳ができますので、そのような言い訳をさせないためにも、話し合いの際に納得のいくペナルティーを決めるといいでしょう。

また、「旦那にムカつく理由やいらないと思う訳5選」もセットで読んでみましょう。

こちらを読み進めていくことによって、旦那にムカついてしまう原因が少なくなり、円満な関係を築いていけるコツが分かるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る